【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

公開日: : 最終更新日:2016/01/12 ゲームレビュー , , ,

fe1

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

当初は「真・女神転生×ファイアーエムブレム」という企画だったはずが、蓋を開けると「ペルソナ×ファイアーエムブレム」だったというちょっぴり引っかかる作品。しかし、両シリーズのファンである管理人的には見過ごすことはできませんでした。

年末発売のソフトだった為に年をまたいでのレビューになってしまっただけでなく、想像以上のボリュームにより年をまたいで10日も経ってしまっていたという…。(正月休み終わっちゃったよ…。)

SPONSORED LINK

好みの分かれるとにかく明るいRPG

fe4

PVなどの情報から読みとる事ができる星いっぱいでとにかく明るいRPG。世界に危機が迫っているはずなのに、全く緊張感を感じないストーリーは作り手側の意図なのか否か…?

コラボの情報が発表された時に、荒廃した東京で戦うFEキャラクター達の姿を想像した私にとって、このダークさを差し引いたペルソナのような雰囲気は非常に物足りないものでした。気軽に楽しめるという側面は確かにありますが、それでもやっぱり心をつき動かす様な核が欲しかった…。

パーティーメンバー全員が芸能人という設定にも最初は違和感を感じましたが、これには一応(結構なご都合主義)理由が用意されていたのでセーフでした。

キャラクターを掘り下げる丁寧なサブストーリーは○

fe5

物足りないメインストーリーに比べて、キャラクターを掘り下げる為のサブストーリーは魅力的で非常に丁寧です。お使いになりがちなサブストーリーへとプレイヤーを違和感なく導入する配慮もグッド!!

特に、斗馬・弥代・バリィなど男性キャラクターのサブストーリーは秀逸でしたね。
弥代の食レポエピソードは必見です(汁舌爆撃・味のバトルロイヤルw)

ただキャラクターが魅力的かつ掘り下げも丁寧だったからこそ、仲間になるまでのサクセスには説得力を持たせて欲しかった…。ここもメインストーリーの至らなさを感じてしまうポイントです。

楽しくなるまでに時間がかかりすぎる戦闘システム

fe2

エリア移動時・エンカウント時など地味に長くて頻度の多いロード地獄が軽いジャブを繰りだしつつ、拡張するまで退屈で単調な戦闘システムで序盤は正直なところ辛かった…。

このゲームの戦闘システムが面白くなるのは、「セッション」「スペシャルパフォーマンス」「デュオアーツ」「アドリブスキル」など徐々にアンロックされていく拡張要素が揃ってからです。
少しずつできる事が増えていき、尻上がりに楽しくなっていくのは悪くないですが、ちょっと危険な作りだなとも感じましたね…。(途中で飽きてしまう可能性大)

中でも仲間の行動に対応して連撃がつながっていく「セッション」は非常に重要で、これを如何に継続させるかがバトル常勝の鍵となっています。また、3連撃以上のセッションは”ぶんどり”(アイテム奪取)効果があるので、積極的に狙う事で金銭(アイテム)的な面でも有利になるのもポイントですね。継続のモーションがキャンセルできないのでバトルが間延びしてしまうというジレンマはありますが、これは許容範囲だと思いたい…。

豊富なようでバラエティーの乏しい成長システム

fe6

戦闘や宝箱から入手した素材を消費してカルネージ(武器)を生成し、その武器によって耐性やスキルなどを拡張して行くのが、このゲームの主な成長システムです。ある種、全てのパーティーメンバーがペルソナで言う所のワイルド(主人公)のような位置づけではあるのですが、武器の付け替えだけではビジュアル的変化が乏しく、やっぱり物足りない。

せめて主人公だけでもFEキャラクターを付け替えれる正にワイルドの性質を持っていても良かったかもしれません。武器の種類自体は多いのですが、ストーリーの進行上で入手できる素材は限られているので、選択している感覚が薄いのも勿体無い感じがしました。

二つの人気タイトル…コラボした価値は果たしてあったのか!?

大人気タイトルのコラボ作品という事もあり、それ相応のハードルの高さはあったと思います。そんなハードルがあったにも関わらず、両シリーズからのプレッシャーに怯むことなくマイウェイを直走った姿勢はただただ凄い…(ほめ言葉かどうかは微妙なところ…)

RPGとしては安定して楽しめるが、ペルソナやファイアーエムブレムの息吹を求めての購入は正直厳しく、特に古参ファイアーエムブレムファンは憤慨する可能性すらあるので、十分に注意して欲しい。

ラストのあるイベントを見た時にあぁ、やっぱりこのゲームはバカゲーだったのだなぁ~と納得&安心できた私はそれ相応に訓練されていたということだろう…。

WiiUで明るいRPGがプレイしたい…
細けぇ事はいいんだよ…難しい話とかいらない

そういった願望がある人なら楽しめるので安心して突撃してくれてOKです。

きゃすとのオススメ: Amazon:幻影異聞録♯FE
SPONSORED LINK

関連記事

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【PS4:グラビティデイズ2評価・レビュー】 和製オープンワールドアクションの傑作!

2012年の日本ゲーム大賞を受賞した『グラビティデイズ』の続編、『グラビティデイズ2重力的眩

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【PS4・バットマンアーカムナイト】評価・レビュー 内なる恐怖との最終決戦 モービルやリドルはストレスフルだが傑作です!

バットマンアーカムシリーズの最新作『バットマン:アーカムナイト』をクリアしました。 プ

記事を読む

【FF15体験版・評価/レビュー】ノクト王子と愉快な仲間!シドニーに車を直してもらうの巻

「ファイナルファンタジー零式HD」に初回生産限定特典として収録された「ファイナルファンタジー

記事を読む

【PS4「レイジングループ」評価レビュー】隠れた名作ノベルゲーとの出会い!ケムコ渾身のホラーADVは睡眠時間を蝕む面白さ

隠れた名作と名高く根強い人気を誇るホラーノベルアドベンチャーゲーム【PS4・レイジングループ

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【PS4おすすめゲーム 最初に買うべきソフトはコレ!】アクション・RPG・ADV・洋ゲー あなたの一本目がここにある!

プレイステーション4のソフト購入で困ったら辿り着くそんな場所を作るべく書き始めたこの企画!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】エルドレインの王権ランク戦ドラフト日誌:7勝レシピから負けレシピまで【青LO強い】

MTGアリーナ『エルドレインの王権』ランク戦ドラフトの結果・デ

【衝撃作】映画「JOKER/ジョーカー」ネタバレ考察&感想:妄想と現実の狭間に隠された巧みな演出!負のエンタメ・堕ちる説得力

各所に衝撃をまき散らしまくる話題の映画『JOKER/ジョーカー』を

【MTGスタン】黒緑出来事デッキレシピ・解説:亭主と野獣の最強タッグ!幸運のクローバーで爆アドだ!【黒緑アドベンチャー】

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【MTGスタン】トーブラン,義賊,宝剣入り赤単アグロデッキレシピ・解説:2点加算の破壊力半端ねぇ!

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル

【AI:ソムニウムファイルトロフィー攻略】隠しアイテムの位置・入手困難なアルバムファイル・論証選択まとめ

『AI:ソムニウムファイル』のトロフィー攻略記事です。本記事で

アニメ・漫画・ゲームに纏わるマンデラ効果(マンデラエフェクト):ピカチュウの尻尾は未だに黒い

『AI:ソムニウムファイル』というゲームの中に登場した「マンデラ効

【MTG】エルドレインの王権「フェアリー」クリーチャーまとめ:厚かましい借り手強くね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑