【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

公開日: : 最終更新日:2016/12/14 ゲームレビュー

oowasi

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰いの大鷲トリコ』をクリアしました。

「E3 2009」でプロジェクトが発表されてから約7年、ここまで本当に長かった…。
しかし、「待っていて本当に良かった…」と、そう素直に思える素晴らしい作品でした。

本当に素晴らしかったので、今回は大してレビューしません!
だって、言葉にすると全てが安っぽくなっちゃいそうなんだもの…

∇ゲーム情報・クリアまでの目安

SPONSORED LINK

「人喰いの大鷲トリコ」はこんなゲーム

syounen
少年が目を覚ますと
そこには…

toriko
鎖に繋がれた一匹の獣の姿が…
その獣の正体は、人々の間で人喰いと恐れられてる大鷲「トリコ」だったのです。

勿論、トリコが危険な存在である事は少年も聞き及んでいましたが、
少年は、不思議と、その大鷲に対して恐怖をあまり感じませんでした。

翼をもがれ、傷つき、弱りきったトリコ…

心優しい少年は、体に刺さった刃を引き抜き、お腹を空かせたトリコにタル(餌)を届け、繋がれた鎖から解き放ってあげるのでした。

toriko4
助けてくれた少年に対し、少しだけ心を許したトリコは、見知らぬ洞穴から脱出を試みる少年の背を何となく追いかけます

大きなトリコと小さな少年

本来ならば相容れるはずのない二人の冒険は、そんな微妙な距離から始まるのでした…

全てが「気付き」で構成されている

toriko3

基本的な操作は説明されますが、大事なところは全てプレイヤーの気付きに委ねられている本作。歩む道、そして、歩み方すらもプレイヤー自身が感じ、考え、気付いていく…『人喰いの大鷲トリコ』はそれの連続です。

最初は「トリコ可愛いなぁ~」とか「映像綺麗だなぁ~」とかありふれた感情でプレイを進めて行くのですが、ある地点で筆者は「ハッ」とさせられました。

この「気付き」に関しては、その身で体感して欲しいので言及しませんが、その地点から、このゲームにググッと引き込まれたのは事実です。場所はプレイヤーによって前後すると思いますが、この「気付き」は実際にプレイした人だけが感じる事のできる宝物です。

この「気付き」があったからこそ、『人喰いの大鷲トリコ』が筆者にとって特別な一本になったのだと、終わった今なら断言できます。

ゲームだからこそ表現できる感動がある

ニコニコYouTubeでゲームのプレイ動画や実況を見るのが最早当たり前となってしまった現代。「動画だけでは伝わらない部分がゲームにはきちんとあるんだよ」と訴えかけてくるような…そんなメッセージ性を筆者はこの作品に強く感じました。

ゲームでしか表現できない感動
表面だけでは伝わらない感情
貴方もトリコで体験してみませんか?

きゃすとのオススメ:
SPONSORED LINK

関連記事

【Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)レビュー・評価】SFバーテンダーAVGの面白さの秘密はどこにある?

ベネズエラの大地が育んだ日本ライクなAVG作品『Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)』をク

記事を読む

【おすすめ無料スマホゲームアプリ「勇者ヤマダくん」 評価・レビュー】ヒトフデRPGの隠れた名作

PS時代の名作「Moon」や「Ufo」を開発した元LOVEdeLIC開発スタッフ達によるスマ

記事を読む

【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・

記事を読む

【メタルギアサヴァイブ評価・レビュー】ネットのクソゲー評価にご用心!粗削りだが面白くて中毒性の高いサバイバルアクションゲーム

端的に言うと、『メタルギアサヴァイブ』は粗削りで乱雑なゲームです。 しかし、その乱雑さの中

記事を読む

【ブレイブリーセカンド体験版クリアレビュー】 発売日・限定版・ショップ特典情報など【本編に引継ぎ可能だからガッツリ遊ぼうぜ!】

ついに「ブレイブリーセカンド」の発売日が発表されました! 発売日は2015年4月23日

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

記事を読む

【IGA新作・Bloodstained: Curse of the Moon評価・レビュー】悪魔城ドラキュラを彷彿とさせるファミコンライクな2Dアクション

悪魔城ドラキュラシリーズ等で有名な五十嵐孝司氏が手掛ける『Blood Stained:Rit

記事を読む

【3DS:ショベルナイト 評価・レビュー】ファミコン風レトロ2Dアクションアドベンチャーの名作!シャベルじゃなくてショベル!

PC版で人気を博し、その後様々なプラットホーム向けに展開。 世界中で愛される英雄となった「ショ

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【灯争大戦・続唱構築5勝デッキレシピ】二ヴ=ミゼット再誕で完走してしまった・・・

MTGアリーナの人気イベント『続唱構築』で5勝したレシピを紹介

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回し

【MTGスタンダード・二ヴ=ミゼット再誕デッキレシピ】4マナから新生化で再誕するミゼット様!

下環境では《白日の下に》でシュートされているらしい再誕ミゼット様。

【MTGアリーナ】ラヴニカ構築5勝デッキレシピ・ラヴニカ以降のアーキタイプがオススメ

MTGアリーナで開催中のイベント『ラヴニカ構築』で5勝したデッ

【灯争大戦スタンダード・新ラルを使った破滅の終焉ワンキルコンボ】ナル・メハで無限バーン!

ツイッターなどで話題になっている【ラル×破滅の終焉×ナルメハコ

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに

【MTGスタン】《猪の祟神、イルハグ》と相性の良いクリーチャー案・銛撃ち,凶兆艦隊の向こう見ず等

どうも、イルハグを3枚も素引きした管理人です! 素引きしたカ

【MTGアリーナ初心者・復帰勢向け用語集】対戦や配信で耳にする意味不明な言葉まとめ

MTGにはプレイヤーのみに通じる不思議な総称・略称・俗称が存在

→もっと見る

PAGE TOP ↑