【遊戯王 タッグフォース スペシャル/評価・レビュー】デュエルも出来るギャルゲーは普通のシミュレーターになりました

公開日: : 最終更新日:2015/02/02 ゲームレビュー

タッグフォースSP[1]
久々の新作「遊戯王タッグフォースSP」を一通り遊び終わりました。

前作まではパッケージソフトで展開していたシリーズですが、本作はダウンロード限定販売。
その上、今更PSPでの新作という事で発売前から不安要素がたくさん…。

前作まではデュエルも遊べるギャルゲーという、流石は「ときメモ」を作った『コナミ』とで言うべきゲーム内容でしたが、実際のところ、本作はどうだったのでしょうか?

☆ゲーム情報☆

  • 発売日:2015年1月22日
  • 価格:3000円
  • 必要要領:536MB
  • 販売形式:PSストアでのダウンロード販売
  • プラットフォーム:PSP(VITAでもプレイ可能)
  • 公式HP:http://www.konami.jp/gs/game/yugioh_tfsp/
SPONSORED LINK

「遊戯王 TAGFORCE」とは?

tag6
「遊戯王」といえば、1996年から2004年までの間、週刊少年ジャンプにて連載された大人気漫画として有名だが。アニメ化・OCG(オリジナルカードゲーム)化・デジタルゲーム化など様々なメディアミックスで好評を博し、国内外問わず、現在でもその人気は衰えていない。

本作「タッグフォース」はタイトル通り「タッグバトル」に焦点を当てた作りになっていて、アニメや原作の登場人物・ゲームオリジナルのキャラクターとタッグを組んでバトルを繰り広げていく事が本作のゲーム内容なのだが。タッグを組んだパートナーには好感度が存在しており、それを高める事でパートナーとのエンディングを向かえることができるという、そのまんまギャルゲー仕様のシステムなのだ。

システムだけではなく、そのオリジナルキャラやイベントなども作り手側の好みが投影されすぎている内容だったり、他作品のパロディがあったりと非常に笑える(!?)内容になっている。

前作である「タッグフォース6」は攻略可能キャラが100人近く存在するというだけでもその間違った(?)力の入れ具合がうかがい知れる。

ポリゴンキャラモデル・演出ムービーの廃止


前作まではポリゴンによるキャラクターモデル&特定のモンスターなどを召喚・攻撃した時に専用のムービーが存在していたのだが、残念ながら本作ではそれらはカットされている。

演出ムービーを見るのは個人的に好きだったので少し残念だが、定価3000円という価格を考えれば仕方のない話かもしれない。

攻略対象キャラクター・キャラボイスの減少

ここが一番残念なところなのだが、攻略対象キャラクターが25名とかなり減ってしまった事である。キャラボイスに関しても攻略可能な主要キャラクター25名のみとなっており、バトル中の掛け合いはどうしても薄味になってしまった印象を受ける。

魅力的(?)なモブキャラ達のイベントが見れないのは残念に感じる人も多いでしょうね。

攻略対象キャラクター

  • 闇遊戯
  • 海馬瀬人
  • 城之内克也
  • イシズ・イシュタール
  • 孔雀舞
  • 遊戯十代
  • 天上院明日香
  • 万丈目準
  • 三沢大地
  • 丸藤亮
  • 不動遊星
  • ジャック・アトラス
  • クロウ・ホーガン
  • 十六夜アキ
  • 鬼柳京介
  • 九十九遊馬
  • 神代凌牙
  • 天城カイト
  • 観月小鳥
  • 神代璃緒
  • 榊遊矢
  • 柊柚子
  • 紫雲院素良
  • 権現坂昇
  • 沢渡シンゴ

自由移動の廃止

DSCF2853
前作まではキャラクターを自由に移動させる事ができたが、本作はマップに配置されたキャラクターを選択する仕様となっている。

個人的に自由移動にそこまで必要性を感じていなかったので、これに関しては問題ない。
逆に、楽になって良かったかな?って印象すら受けます。

収録カード・登場キャラクター数はスペシャルの名に恥じない

orikyara
ボイスやイベントは存在しないが、登場キャラクターは190名以上登場する。

収録カード数も7000枚とシリーズ最大ボリュームで、最新パック「ザ・シークレット・エヴォリューション」・「シンクロン・エクストリーム」のカードまで収録されている。

収録カード数に関してはかなりのもので、現実のカードゲームで使用できるデッキはほぼ使用できると考えてくれても大丈夫なボリュームである。その他、ゲームオリジナルのカードも存在するので、現実とはまた違ったバトルも楽しむ事ができる。

カードゲームとしては合格点!ギャルゲーではない!!

fuhahahaha
イベントやボイスに関しては残念としか言えないが、3000円という価格を考えれば納得できるものですし、その分収録カード数はがんばってくれたという印象です。

CPUの思考AIは相変わらず残念だが、3対1でデュエルしていると思えばどうという事はない!

ギャルゲーとして評価すれば残念な出来かもしれないが、デュエルシミュレーターとしてはかなり遊べる内容なので満足度は高い。(※そもそもカードゲームだし…)

「デッキ構築のテストをしたい!」・「久々に遊戯王に触れてみたい!!」って需要には十分答える事のできる仕上りなので、ギャルゲーを求めすぎないのであればオススメの一本である。

SPONSORED LINK

関連記事

【3DS:『蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト爪(そう)』評価・レビュー】ライトノベル2Dアクションの名作再び!

ダウンロード専用タイトルながら16万DL以上もの偉業を達成した「ガンヴォルト」シリーズ第二弾

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【東京ザナドゥ・クリア評価/レビュー】全ての要素が平均点の普通のアクションRPG 世界観や厨二病なストーリーが許容できるかがカギ!

日本ファルコム初期の代表作『ザナドゥ』の名を冠する完全新作タイトル「東京ザナドゥ」をクリアし

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

【真・女神転生Ⅳファイナル 評価・レビュー】メガテン4の正統派続編 システム・ストーリーを昇華させた完成度の高い完結編

大人気RPGシリーズ「真・女神転生」のナンバリング4作目である「真・女神転生Ⅳ」の正統派続編

記事を読む

【おすすめ無料スマホゲームアプリ「勇者ヤマダくん」 評価・レビュー】ヒトフデRPGの隠れた名作

PS時代の名作「Moon」や「Ufo」を開発した元LOVEdeLIC開発スタッフ達によるスマ

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【WiiU:スプラトゥーン/評価・レビュー】任天堂のイカTPS・マップ数など不満はあるが、純粋な「楽しい」がここにある!

話題のイカ娘TPS『Splatoon/スプラトゥーン』のヒーローモード(ストーリーモード)を

記事を読む

【PS4『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー』評価・レビュー】水着コスも堪能できる・DLC全入りの完全版!

【PS4】『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー 』のストーリーモードをクリアしました。

記事を読む

【PS4おすすめゲーム 最初に買うべきソフトはコレ!】アクション・RPG・ADV・洋ゲー あなたの一本目がここにある!

プレイステーション4のソフト購入で困ったら辿り着くそんな場所を作るべく書き始めたこの企画!

記事を読む

Comment

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【ネタバレ注意】FE風花雪月・ヒルシュクラッセ編感想:相棒(クロード)と共に歩む同盟ルート!《2周目》

「ファイアーエムブレム風花雪月」の2周目(ヒルシュクラッセ)を

【小島監督最新作「デスストランディング」新情報】立ちションしたり赤ちゃんをあやしたり【放尿システムワロタ】

現在開催中の「gamescom2019/ゲームズコム2019」

【MTGアリーナ・激変スタンダードデッキレシピ】5C再誕二ヴ新生化デッキで6勝しました!

新イベント『ドミナリア-激変スタンダード』を緩々っと遊んでみた

【MTGアリーナ・シングルトン】白黒ベルゼンロックデッキレシピ・白黒騎兵を足しただけ感

現在(2019/8/12)開催中のイベント『アモンケットーーシ

【ネタバレ有・ドラクエ映画レビュー】ユアストーリーは本当にくそ映画・駄作なのか?

ネット・SNS上で悪い意味で話題になっている「ドラゴンクエスト

【MTG・宝物構築】「波乱の悪魔」で波乱を齎す赤黒アグロ!1ターン目「戦慄衆の解体者」の恐怖!

現在開催中(2019/8/6)の宝物構築イベントで使用したデッ

『ギルティギア』シリーズ最新作発表!相変わらずビジュアルで魅せてくれますねぇ!

EVO2019にて、『ギルティギア』シリーズ最新作が発表&PV

【ネタバレ注意】FE風花雪月・アドラークラッセ編感想:エーデルガルドが凛々しく可愛すぎる帝国ルート《1周目》

「ファイアーエムブレム風花雪月」の1周目を終えたので、いつも通

→もっと見る

PAGE TOP ↑