【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

公開日: : ゲームレビュー

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォックス2』をクリアしました。

『スターフォックス』の続編として開発されながら、完成後にお蔵入りされていた幻のタイトルって事で期待度も高い本作、気になっている人も多いのではないでしょうか?

遅れてきたオールドニューフェイス『スターフォックス2』のレビューをお届けします。

『スターフォックス2』より画像引用:©Nintendo

SPONSORED LINK

後の作品へ継承された要素多し!意欲的だが時代を感じる3Dシューティング作品

「コーネリア」を守れ!ミニマップを使った防衛要素(シミュレーション)

〈補給などの要素もキッチリあります〉

まず驚いたのが、『スターフォックス1』の様なステージクリア式ではない事でした。

プレイヤーとパートナーを選んだ後に即宇宙空間へと放り出される雇われ遊撃隊「スターファックス」の仲間達。

右も左も分からない状態で迫りくるアンドルフの魔の手!

リアルタイムで進行するアンドルフの攻撃から惑星コーネリアを防衛しつつ、支配下におかれた惑星を解放して行くのが本作の特徴です。

敵が放ったミサイルや戦艦とミニマップ上で接触するとエンカウントバトルが始まります。

各惑星に設置された要塞を攻略し少しずつ宿敵アンドルフの元へと向かいやっつけるのが最終目的となります。

『64』を感じさせる「オールレンジモード」

〈粗削りだが意欲的なオールレンジモード〉

WEB公開されている取り扱い説明書でも触れられていますが、『スターフォックス64』を彷彿とさせる360度オールレンジによる空戦が本作の醍醐味。

無印『スターフォックス』の強制スクロール3Dシューティング+αの体験が楽しめます。

正直な話、かなり粗削りって印象で、照準を合わせにくかったり画面把握が難しかったりと難ありですが、スーパーファミコンでこれを表現しようとしたハングリーさに惚れます。

プレイすると如何に『スターフォックス64』のクオリティが高いか再確認できるはずです…。

『スターフォックス64』は逆に完成度が高すぎるから…多少はね。

アーウィンを可変させながら進んでいく「要塞攻略」

〈かなり単調だけど何だか楽しいウォーカー要素〉

『スターフォックスゼロ』で導入された「アーウィン:ウォーカーモード」も元々は『スターフォックス2』で採用されていたシステムだったようです。

要塞内を「ウォーカーモード」でダバダバ歩きながら攻略するのは単調ながらも中々にグッド!

シミュレーション、ドッグファイト、エリア攻略、要塞攻略とメリハリを意識した構成になっているのは流石ですね。

要塞への進行・脱出演出もローポリながらもそれっぽい感じに仕上がっているので必見です。

「ノーマル」「ハード」「エキスパート」から選べる3つの難易度

難易度は、「ノーマル」、「ハード」、「エキスパート」の3つから選択可能。

初見プレイでも「ノーマル」なら1時間もかからずクリア可能だと思います。(筆者は50分前後って所でした)

「ハード」以降はそれなりに歯ごたえも出てくるのでローポリも相まってスリリングな体験が楽しめます(笑)

リザルト等意識し出したらそれなりにリプレイ性は高いのではないでしょうか?

「ミュウ」と「フェイ」 二人の新キャラクターにも注目!

〈ケモナー歓喜!?二人の可愛い子ちゃん〉

毎度おなじみの「フォックス」、「ファルコ」、「スリッピー」、「ペッピー」に加え、「ミュウ」と「フェイ」というニューフェイスも登場!

搭乗機体は、耐久低めチャージ速度速めの「ライトアーウィン」です。

選んだキャラクター・パートナーによって操作機、支援機が変化するのは良いですね。

個人的に、自称攻めが得意な「ミュウ」がお気に入りです。

筆者の推しである「ウルフ」の出番は非常に少ない!?

〈もっと出番を…〉

闇の遊撃集団「スターウルフ」のメンバーも総出演!

スマブラなどでお世話になっていた「ウルフ」さん。個人的に大好きなんですが、出番自体はやや少なめ…。

カッコイイよね…「ウルフ」…出てくれただけで、まぁ満足。

総評:幻のお蔵入り作品が遊べるだけでも価値がある!

完成後にお蔵入りしたって経緯を考えると、まぁ妥当な出来って印象です。

しかし、これがあったから『スターフォックス64』やその後の作品が生まれたんだなぁ~と実感できる貴重なタイトルである事には違いありません。

単発タイトルとして今ダウンロード等で配信されると流石に物足りなさを感じると思いますが、

あくまで『ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン』のおまけタイトルと考えれば満足度は高いです。

期待しすぎず気軽にプレイすれば十分に楽しめる作品には仕上がっています。ファンならば時代を目撃する為にも必プレイ推奨の一本ですぞ!

幻のタイトル度
お得感
総評
SPONSORED LINK

関連記事

【PS4『スパイダーマン』評価・クリアレビュー】圧倒的な爽快感と面白さ!ゲームの為に最適化されたシナリオに大満足!

店頭消化率95%という驚異の数字を叩き出した話題作『スパイダーマン』をクリアしました。 事

記事を読む

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

記事を読む

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

【PSVITA】《ファタモルガーナの館CE・評価レビュー》新作〈現代編〉も収録された完全版!魂に刻まれる名作ADV

筆者が前々から応援し続けている作品、『ファタモルガーナの館』が『ファタモルガーナの館COLL

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

【PS4・「巨影都市」評価レビュー 】バカゲーかクソゲーか紙一重!楽しめるかどうかはアナタ次第のSFサバイバルADV《ネタバレあり》

『絶体絶命都市』の精神的後継作『巨影都市』をクリアしました。 怪獣やヒーロー視点ではなく、

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【FF15体験版・評価/レビュー】ノクト王子と愉快な仲間!シドニーに車を直してもらうの巻

「ファイナルファンタジー零式HD」に初回生産限定特典として収録された「ファイナルファンタジー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】芦名七本槍 山内式部利勝の倒し方・忍殺指南:チュートリアル場所への帰還!【セキロ】

「芦名七本槍 山内式部利勝」の攻略・忍殺攻略記事です。 我が

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】侍大将松本内蔵佑の倒し方・忍殺指南:屋根からピョンで忍殺だ【セキロ】

「侍大将松本内蔵佑」の攻略・忍殺攻略記事です。 いつもは周囲

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】火牛の倒し方:弱点「爆竹」で怯ませて楽々撃破!【セキロ】

「火牛」の攻略・忍殺攻略記事です。 巨大な牛の頭に燃える藁を

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】鬼刑部の倒し方:鬼影がドリフトしたら鍵縄チャンス【セキロ】

「鬼刑部」の攻略・忍殺攻略記事です。 思わず攻撃の手が止まり

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】侍大将山内典膳の倒し方・忍殺指南:右から攻めて伝令を最初に倒せ!【セキロ】

「侍大将 山内典膳」の攻略・忍殺攻略記事です。 手こずる相手

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】まぼろしお蝶の倒し方:回避攻撃でプチハメ完了?蝶や幻影は回避に徹せよ【セキロ】

拙者、強い老人キャラ大好き侍(突然の告白)! 本記事ではみん

【MTGアリーナ】伏魔殿構築(パンデモニウム)5勝デッキレシピ!皆仲良く舌カヴー化!

『MTGアリーナ』の伏魔殿構築ルール(パンデモニウム)で5勝し

【隻狼(SEKIRO)ボス攻略】うわばみ重蔵の倒し方:手裏剣で釣って確固撃破!重蔵は忍殺を決めよう【セキロ】

序盤の超強敵ボス「うわばみ重蔵」に忍殺を仕掛けて倒す方法を解説した

→もっと見る

PAGE TOP ↑