【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

公開日: : ゲームレビュー

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォックス2』をクリアしました。

『スターフォックス』の続編として開発されながら、完成後にお蔵入りされていた幻のタイトルって事で期待度も高い本作、気になっている人も多いのではないでしょうか?

遅れてきたオールドニューフェイス『スターフォックス2』のレビューをお届けします。

『スターフォックス2』より画像引用:©Nintendo

SPONSORED LINK

後の作品へ継承された要素多し!意欲的だが時代を感じる3Dシューティング作品

「コーネリア」を守れ!ミニマップを使った防衛要素(シミュレーション)

〈補給などの要素もキッチリあります〉

まず驚いたのが、『スターフォックス1』の様なステージクリア式ではない事でした。

プレイヤーとパートナーを選んだ後に即宇宙空間へと放り出される雇われ遊撃隊「スターファックス」の仲間達。

右も左も分からない状態で迫りくるアンドルフの魔の手!

リアルタイムで進行するアンドルフの攻撃から惑星コーネリアを防衛しつつ、支配下におかれた惑星を解放して行くのが本作の特徴です。

敵が放ったミサイルや戦艦とミニマップ上で接触するとエンカウントバトルが始まります。

各惑星に設置された要塞を攻略し少しずつ宿敵アンドルフの元へと向かいやっつけるのが最終目的となります。

『64』を感じさせる「オールレンジモード」

〈粗削りだが意欲的なオールレンジモード〉

WEB公開されている取り扱い説明書でも触れられていますが、『スターフォックス64』を彷彿とさせる360度オールレンジによる空戦が本作の醍醐味。

無印『スターフォックス』の強制スクロール3Dシューティング+αの体験が楽しめます。

正直な話、かなり粗削りって印象で、照準を合わせにくかったり画面把握が難しかったりと難ありですが、スーパーファミコンでこれを表現しようとしたハングリーさに惚れます。

プレイすると如何に『スターフォックス64』のクオリティが高いか再確認できるはずです…。

『スターフォックス64』は逆に完成度が高すぎるから…多少はね。

アーウィンを可変させながら進んでいく「要塞攻略」

〈かなり単調だけど何だか楽しいウォーカー要素〉

『スターフォックスゼロ』で導入された「アーウィン:ウォーカーモード」も元々は『スターフォックス2』で採用されていたシステムだったようです。

要塞内を「ウォーカーモード」でダバダバ歩きながら攻略するのは単調ながらも中々にグッド!

シミュレーション、ドッグファイト、エリア攻略、要塞攻略とメリハリを意識した構成になっているのは流石ですね。

要塞への進行・脱出演出もローポリながらもそれっぽい感じに仕上がっているので必見です。

「ノーマル」「ハード」「エキスパート」から選べる3つの難易度

難易度は、「ノーマル」、「ハード」、「エキスパート」の3つから選択可能。

初見プレイでも「ノーマル」なら1時間もかからずクリア可能だと思います。(筆者は50分前後って所でした)

「ハード」以降はそれなりに歯ごたえも出てくるのでローポリも相まってスリリングな体験が楽しめます(笑)

リザルト等意識し出したらそれなりにリプレイ性は高いのではないでしょうか?

「ミュウ」と「フェイ」 二人の新キャラクターにも注目!

〈ケモナー歓喜!?二人の可愛い子ちゃん〉

毎度おなじみの「フォックス」、「ファルコ」、「スリッピー」、「ペッピー」に加え、「ミュウ」と「フェイ」というニューフェイスも登場!

搭乗機体は、耐久低めチャージ速度速めの「ライトアーウィン」です。

選んだキャラクター・パートナーによって操作機、支援機が変化するのは良いですね。

個人的に、自称攻めが得意な「ミュウ」がお気に入りです。

筆者の推しである「ウルフ」の出番は非常に少ない!?

〈もっと出番を…〉

闇の遊撃集団「スターウルフ」のメンバーも総出演!

スマブラなどでお世話になっていた「ウルフ」さん。個人的に大好きなんですが、出番自体はやや少なめ…。

カッコイイよね…「ウルフ」…出てくれただけで、まぁ満足。

総評:幻のお蔵入り作品が遊べるだけでも価値がある!

完成後にお蔵入りしたって経緯を考えると、まぁ妥当な出来って印象です。

しかし、これがあったから『スターフォックス64』やその後の作品が生まれたんだなぁ~と実感できる貴重なタイトルである事には違いありません。

単発タイトルとして今ダウンロード等で配信されると流石に物足りなさを感じると思いますが、

あくまで『ニンテンドークラシックミニスーパーファミコン』のおまけタイトルと考えれば満足度は高いです。

期待しすぎず気軽にプレイすれば十分に楽しめる作品には仕上がっています。ファンならば時代を目撃する為にも必プレイ推奨の一本ですぞ!

幻のタイトル度
お得感
総評
SPONSORED LINK

関連記事

【ARMS(アームズ)は面白いのか?評価・レビュー】初心者には難し過ぎるガチ勢向け体感対戦格闘ゲーム

【ニンテンドーSWITCH】専用ソフト『ARMS(アームズ)』を「グランプリモード(レベル7

記事を読む

【世界樹と不思議のダンジョン・評価/レビュー】壺や肉がないのは残念だが堅実な作りの良作

2つの大人気ダンジョンRPGが奇跡のコラボを果たした「世界樹と不思議のダンジョン」をクリアし

記事を読む

【3DS】「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 」クリアレビュー・評価「2Dアクションの新規軸、避雷針を打ち込むアクションが新しくて面白い。」

2Dアクションゲームの歴史に避雷針を打ち込む良作 決して、劣化版『ロックマン』とは言わせない。

記事を読む

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル』をクリアしました。 『

記事を読む

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【東京ザナドゥ・クリア評価/レビュー】全ての要素が平均点の普通のアクションRPG 世界観や厨二病なストーリーが許容できるかがカギ!

日本ファルコム初期の代表作『ザナドゥ』の名を冠する完全新作タイトル「東京ザナドゥ」をクリアし

記事を読む

【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ】エルドレインの王権ランク戦ドラフト日誌:7勝レシピから負けレシピまで【青LO強い】

MTGアリーナ『エルドレインの王権』ランク戦ドラフトの結果・デ

【衝撃作】映画「JOKER/ジョーカー」ネタバレ考察&感想:妄想と現実の狭間に隠された巧みな演出!負のエンタメ・堕ちる説得力

各所に衝撃をまき散らしまくる話題の映画『JOKER/ジョーカー』を

【MTGスタン】黒緑出来事デッキレシピ・解説:亭主と野獣の最強タッグ!幸運のクローバーで爆アドだ!【黒緑アドベンチャー】

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【MTGスタン】トーブラン,義賊,宝剣入り赤単アグロデッキレシピ・解説:2点加算の破壊力半端ねぇ!

『エルドレインの王権』発売目前という事で、先行実装されている『MT

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル

【AI:ソムニウムファイルトロフィー攻略】隠しアイテムの位置・入手困難なアルバムファイル・論証選択まとめ

『AI:ソムニウムファイル』のトロフィー攻略記事です。本記事で

アニメ・漫画・ゲームに纏わるマンデラ効果(マンデラエフェクト):ピカチュウの尻尾は未だに黒い

『AI:ソムニウムファイル』というゲームの中に登場した「マンデラ効

【MTG】エルドレインの王権「フェアリー」クリーチャーまとめ:厚かましい借り手強くね?

最新セット「エルドレインの王権」の新情報が続々公開中です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑