【逆転裁判6 評価・レビュー】久々のナルホドくん&マヨイちゃんコンビでご満悦!オドロキくんやココネちゃんもバッチリ活躍します!

gyakuten6

現在アニメも絶賛放映中の大人気法廷バトルアドベンチャーゲーム『逆転裁判』シリーズの最新作『逆転裁判6』をクリアしました。

安定しているがゆえにマンネリ化も深刻な本作ですが、久々に綾里真宵(マヨイちゃん)がレギュラー復帰するとの事で胸を躍らせてプレイしました。想像通り大きな目新しさはありませんが、いつも通りの安定感は流石と言ったところです。あと、期待通りマヨイちゃんは28歳になっても可愛かったよ…(ミヌキちゃんもアカネさんも…あとレイファ様と軍曹さんも…ほぼ全員じゃないか!)

∇ゲーム情報

  • プレイ環境:【3DS】
  • プレイ時間:【20時間~25時間】
  • 公式サイト:【逆転裁判6
SPONSORED LINK

ナルホド×オドロキのW主人公で繰り広げられる壮大なストーリー

日本と異国(弁護士が存在しない国「クライン」)を舞台に成歩堂なんでも事務所のメンバーが大活躍!

構成としては1話『ナルホド(クライン)』、2話『オドロキ(日本)』、3話『ナルホド(クライン)』、4話『ココネ(日本)』、5話『ナルホド&オドロキ』といった感じで、5話がシリーズ屈指の大長編な事もあってボリュームも申し分ありません。

法制のあり方や国を揺るがす革命などいつも以上に難しいテーマを掲げていますが、根底はいつも通りの「逆転裁判」なので物語に関しても安心して遊べるものになってます。(いつも以上にオカルト>ミステリーな展開は少し気になるかもしれませんが…)

久々のマヨイちゃん登場が嬉しい!

mayoi

本作のオカルト要素を強めている一端を担うのがマヨイちゃんの存在。倉院の里のルーツであるクライン王国が舞台ならば登場しない理由もないもんね…。

「修行を積んでパワーアップしたマヨイちゃんの活躍をとくと見よ!」って言いたい所だけど、そこはやっぱりマヨイちゃん…ナルホドくん並みのトラブル体質で今回も容疑者として登場します。ただ可愛さと霊媒能力は格段にパワーアップしてますよ~(当社比)

「逆転裁判」シリーズには数多くキュートなキャラクターが登場して来ましたが、本作をプレイしてやはりマヨイちゃんがナンバーワンだと再確認!マヨイちゃん好きとしてはもう少しナルホドくんとマヨイちゃんの再開をじっくりと描いて欲しかった気持ちはありますが、尺や登場人物の多さゆえに駆け足になるのはしょうがないかな…修行も終わったようですし、次作以降はガンガン登場してくれる事に期待といったところです。

オドロキくんの過去に迫る

odoroki

構成的にはナルホド×オドロキのダブル主人公なんですが、実際の所、本作の主人公はほぼオドロキくんと言っても過言ではありません。異国であるはずのクライン王国が実はオドロキ君のルーツに深く関わっているとはね…。

単なる後付け設定と言われればそれまでですが、「4」で登場した時から謎だらけの男だったので後からポンと新設定が出てきても意外とすんなり受け入れる事ができました。流石に盛り盛り過ぎる部分もありましたけど個人的には悪くなかったと思います。

kokone

もちろんココネちゃんもそれなりに大活躍!ココネちゃんが活躍するって事はユガミさんこと夕神検事も登場します。(格好良いよね夕神さん…)

と言うかシリーズの恒例キャラクターは大体登場するのでご安心を!(追加エピソードも含めたら大体でます。)

シリーズで登場したシステムの全てをフル活用!

被害者が死の直前に見た数秒間を追体験する新システム《霊媒ビジョン》は勿論見所の一つですが、《サイコ・ロック》から始まり、《カガク捜査》《みぬく》《ココロスコープ》と今までのシリーズに登場したシステムがほぼ総登場するってのも中々に集大成感がありました。

個々に好きなシステム嫌いなシステムがあるとは思いますが、どのシステムもちょうど良い塩梅の使用頻度なので問題ないはずです。(個人的に《みぬく》はハミガキさんのせいで未だに苦手意識がありますけど…w)

「4」・「5」が楽しかった人にオススメです!

igiari

「1」~「3」までの完成度を望むとやっぱり物足りなさはありますが、それでも一定水準以上のクオリティを常に保っているのは純粋に凄いですし、作中の活躍比重がナルホドオドロキになっているのもナルホドくんの物語(掘り下げ)が「3」でとりあえず完結しているという事を考えれば理解できます。(『受け継ぐ』ってバックテーマ的にはこれで正解!)

「4」や「5」が楽しめた人ならば本作も問題なく楽しめると思いますが、逆転裁判は「3」までが大好き!って人は避けた方が良いかもしれません。あと、オカルト要素がいつも以上に多く、なんちゃってミステリー感もかなり強めなので、そこが気になる人も避けた方が良いかな…。(そこが気になる人はそもそもギャクサイしないか…。)

「アニメを見て気になった!」って人も結構いると思いますが、ご新規さんはとりあえず『6』じゃなくて『逆転裁判123 成歩堂セレクション』をプレイする事を強くオススメします。「4」~「6」を遊ぶのはそれからでも遅くないですよ~。

ってな感じで『逆転裁判6』のレビューでした。
ナンバリングも良いけど次は『大逆転裁判』の続きがいいなぁ~(願望)

きゃすとのオススメ: Amazon:逆転裁判6

SPONSORED LINK

関連記事

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【PS4『スパイダーマン』評価・クリアレビュー】圧倒的な爽快感と面白さ!ゲームの為に最適化されたシナリオに大満足!

店頭消化率95%という驚異の数字を叩き出した話題作『スパイダーマン』をクリアしました。 事

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【世界樹と不思議のダンジョン・評価/レビュー】壺や肉がないのは残念だが堅実な作りの良作

2つの大人気ダンジョンRPGが奇跡のコラボを果たした「世界樹と不思議のダンジョン」をクリアし

記事を読む

【PS4『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー』評価・レビュー】水着コスも堪能できる・DLC全入りの完全版!

【PS4】『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー 』のストーリーモードをクリアしました。

記事を読む

【PS4:グラビティデイズ2評価・レビュー】 和製オープンワールドアクションの傑作!

2012年の日本ゲーム大賞を受賞した『グラビティデイズ』の続編、『グラビティデイズ2重力的眩

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をクリアしました。 シリーズ

記事を読む

【アンチャーテッド4海賊王と最後の秘法 評価・レビュー】ネイト最後の大冒険はシリーズ最大級の衝撃と面白さに満ちていた!

『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に続くアンチャーテッ

記事を読む

【WiiU:スプラトゥーン/評価・レビュー】任天堂のイカTPS・マップ数など不満はあるが、純粋な「楽しい」がここにある!

話題のイカ娘TPS『Splatoon/スプラトゥーン』のヒーローモード(ストーリーモード)を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑