【MTGアリーナ・灯争大戦全知ドラフト攻略】強カード・PW・ボム・基本となるカードあれこれ

公開日: : mtgARENA

……全知ドラフト、相変わらずのクソゲーっぷりですね(面白いけど)。

とりあえず2回やって1回完走する事が出来ましたので、全知ドラフトにおける基本カード(コモン)や、強力なアンコモン・レア・PWについてまとめてみました。これから遊ぶ人は良かったらどうぞ!

SPONSORED LINK

基本:強いコモンカード

税収運びの巨人

損失せずに4/5クリーチャーを展開!

サムト(速攻王)がいると連鎖して1ターンキルも可能になる。

5枚ピック出来たデッキは流石に強かったです。

タミヨウの天啓

超絶コモンボム!

引くカードの質が高すぎる(白目)。

他のドローカードと連鎖し出すと激熱。最優先カード。

各種キャントリップスペル

各種キャントリップスペル。

  • 白:立像崩し、果敢な一撃
  • 青:論議を呼ぶ計画
  • 赤:眩行波

 

普段はスルーしがちの《立像崩し》が輝く。ひょんなタイミングで《ボーラスの城塞》を壊せたりするから面白い。

負傷者の手当て

ドロー能力持ち(徴税運びの巨人)や、各種プレインズウォーカーを回収できると強い。

序盤に引くと腐るが、《王神への敬意》等の捨てドローを大量ピックしておくと面白い化学反応が起こる。

灯を刈り取る者

腐っても1ドローに変換できる良き力。

横にクリーチャーが並んでいると毎ターンドローできるし、《徴税運びの巨人》とかを墓地に送りたいシーンでも便利です。

王神への敬意

手札0でトップした時とカウンターされた際の弱さが問題。

それ以外は基本強いカードとして運用できます。

ダブリエルの影忘

先行1ターン目に決まると当然強い。

調子にのって入れ過ぎると事故るので要注意。1枚位入れるとアクセントになります。

ギルド球

1ドローありがたいです。

強いアンコモンカード

洞察の絆

これで《タミヨウの天啓》を回収されて憤死。

ジェイスの勝利

《タミヨウの天啓》の方が強いけど強い。

精鋭護衛魔導士

1ドローって書かれているカードは即ピック候補。

《徴税運びの巨人》で支払ったライフを癒してくれます。

ラルの発露

好き放題してる《灯を刈り取る者》とかを処理できると嬉しい。

通常のドローよりも質が当然高い。

心暖まる贖罪

主な運用方法は《王神への敬意》と基本同じ。

コチラは手札ゼロでトップしても使えるしインスタントなので少し強い。

王神の立像

強いのか弱いのか微妙な一枚。

1つ置くと相手の1ターン中のアクションを2回までに抑制できる(マナの関係上)。

3つ置くと何も唱えられなくなるって思ったんですが、伝説のアーティファクトなので複数並びません!

※コメント欄で指摘してくれたお二方に感謝。

繁茂の絆

パーマネントを外す事は割と良くある話。

ドロー能力持ちのクリーチャー・PWなどにアクセスしたい。

強力なアンコモンプレインズウォーカー

キオーラ

怒涛の連鎖装置!

パワー4以上のクリーチャーでドローを刻め。

ナーセット

存在するだけでドロー札の使用を抑制される。先手で出されるだけで詰む。

このカードは絶許。

サヒーリ

ドロースペル多めなのでトークンが沢山並びます。コピーもかゆい所に手が届く便利さです。

サムト

個人的な超オススメ枠。

《徴税運びの巨人》との相性が凄まじく、このカードを置いてあちらを5連鎖すれば先行1ターンキルも可能(笑)。

このルールにおいては滅茶苦茶強いPWです。

ニクシリス

不要なクリーチャーをドローに変換しよう!

最悪、相手のクリーチャー除去としても使えるので腐る事は少ないです(あんまり相手には使いたくないけど…)。

レアカード半端ねぇ:超ボムレア

ボーラスの城塞

こんな事しちゃいけない!

調子にのってライフを支払い過ぎて火力で死ぬって事もありうるので、ドロースペルと相談しながら計画的にトップを唱えて行きましょう。

…《立像崩し》で破壊されたらちょっと笑える。

狼煙上げ

デッキからPWを二枚サーチ!

デッキ内のPWの強さに依存するが、基本的に何を引っ張ってきても強いので問題ない。

終焉の始まり

強いけど《タミヨウの天啓》の方がドローの質は上!

大型の動員が成立すると流石にヤバイけど少し難しいので雑に使っていきましょう。

ウギン

毎ターンアドを稼げるってだけでダメ。対応力も広すぎるからダメ。

タミヨウ

回収能力が高すぎるからダメ。《タミヨウの天啓》を回収するからダメ。

プラスで《タミヨウの天啓》を言い当てたら流石に台パン。

ボーラス

1発のプラスが致命傷になる。色拘束の激しさを無視するからダメ。

もう少し遊んでみます

コモン・アンコモンはそれなりに吟味できましたが、レアの引きがちょっと寂しかったのでもう少し遊んでみるつもりです。

とりあえずディスアドしないアクション・構築を心がければOK!

※:友人のばぐちゃんが抜け駆けして深夜の内に記事を作成していたようです。管理人も今から答え合わせに行ってきます。

外部リンク:ゆる速MTG

SPONSORED LINK

関連記事

【ラヴニカの献身・注目カード感想】野生の律動はやっぱり強い?《主席議長ヴァニファール》の殻能力も滅茶苦茶面白い!

▲タコくんの活躍は見られませんでしたw MTGアリーナにて、ストリーマー向けのアーリーアクセス

記事を読む

【MTGアリーナ】新イベントルール解説「NOX’sCASCADE」は《大渦のきずな》の紋章を持った状態でゲームスタート【続唱】

現在、「MTG ARENA(mtgアリーナ)」では、新イベント『NOX’sCASCADE C

記事を読む

【MTGアリーナ・カウンター構築戦:デッキレシピ】探検,動員,暴動ギミックで攻めろ!【終局の始まり】

【終局の始まり--カウンター構築戦】で使用したデッキレシピを紹介していきます。 とりあ

記事を読む

【MTGアリーナ・激変スタンダードデッキレシピ】5C再誕二ヴ新生化デッキで6勝しました!

新イベント『ドミナリア-激変スタンダード』を緩々っと遊んでみたので、その感想とデッキレシピを

記事を読む

【MTGアリーナ】伏魔殿構築(パンデモニウム)5勝デッキレシピ!皆仲良く舌カヴー化!

『MTGアリーナ』の伏魔殿構築ルール(パンデモニウム)で5勝したデッキレシピを掲載しています

記事を読む

【MTGアリーナ】新イベント「Amazonian‘s Play Anything Draft」ルール解説:全知紋章・初手3枚でゲームスタート!

現在、「MTG ARENA(mtgアリーナ)」では、新イベント『Amazonian‘s Pl

記事を読む

【MTGアリーナ:ヒストリックデッキレシピ】灯争大戦テゼレットを使ったアーティファクト親和【令和のテゼレッター】

ヒストリックラダーで楽しく回している親和デッキをご紹介します。 『灯争大戦』のボックス

記事を読む

【MTGアリーナ・シングルトンデッキレシピ】白黒ベルゼンロック【城塞への猛攻イベント】

【城塞への猛攻--シングルトン】で使用した白黒デッキをご紹介。 以前からシングルトンイ

記事を読む

【MTGアリーナ】灯争大戦マッチ・ドラフト5勝デッキレシピ:いつも以上に飛行が重要な環境

マッチ・ドラフト『灯争大戦』が実装されました。 シールドはかなり運ゲー感が強い『灯争大

記事を読む

【基本セット2020スタンデッキレシピ・青黒リアニ】ベルゼンロック、ネザール、ヴィリス等のクソ強生物で遊ぼう!

『基本セット2020』のカードを採用した新スタンデッキをご紹介! 今回は、《骨への血》,《

記事を読む

Comment

  1. 通りすがり より:

    立像は伝説だから、1枚しか場に出せないですね(4枚ピックして白目になりました)

  2. 匿名 より:

    立像は伝説だから1枚しか場に出せないですね

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑