【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

lis

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにローカライズした、俗に言うと「時間もの・ループもの」アドベンチャーゲーム『LIFE is STRANGE(ライフイズストレンジ)』をクリアしました。

「時間もの」と言えばアドベンチャーゲームの鉄板テーマ、更には海外での高評価も相まって、事前のハードルはかなり高めでした。まぁ、そんなハードルなんて余裕で飛び越えていってくれる良作だったんですけどね…。

時を巻き戻せるとしても、取り戻せないものはきっとある…。

ゲーム情報

  • プレイ環境:【PS4】
  • プレイ時間:【10時間前後】
  • 公式サイト:【LIFE is STRANGE

SPONSORED LINK

「時間もの」いいえ「青春もの」です

life1

事前の情報やPVなどで受ける印象は、内気な女子高生が突如時間を操れる能力を手に入れて、その力を駆使し災厄に立ち向かっていく「時間もの」といったものだと思います。

もちろんそういった側面を持った作品ではありますが、本作『ライフイズストレンジ』は「時間もの」というよりは「青春もの」と言った方が的確だと私は強く感じました。

日常に非日常的な「タイムリープ」や「バタフライエフェクト」という要素を乗せる事で、よりその日常が尊いものだと言う事を再確認させてくれる。友達や家族といったかけがえのないものの大切さ…過ぎ行く時間の中にある厳しさと優しさ。プレイ中は本当に様々な感情が頭の中に渦巻いていました…。

主人公を18歳の女子高生に設定したのも思春期という一生に一度しかない貴重な時を表現するには最適だったと思います。いい年した大人でも感情移入できるんだから、同年代や同性ならもっと感情を揺さ振られるんじゃないかなぁ~。

 複数に枝分かれするが最後は一つの道、2つの選択を迫られるストーリー

max

時間を巻き戻すことができる。

こう聞くと数多に存在する選択肢をつむいでマルチな結末を迎える事ができるように感じるかもしれませんが、本作は基本的には一本道です。選択肢自体はたくさん存在するのですが、あくまで大きな流れの中の小さな変化に過ぎず、結末に影響を及ぼすような選択は本当に最後の最後にしかありません。

マルチなエンディングに期待してしまうと肩透かしに感じるかもしれませんが、個人的には本作はこれで良かったと思ってます。大きな流れに逆らう事はできなくても、自分の選択によって世界は確かに変化している…そんな小さな発見の連続も本作の魅力の一つです。

緻密な時間的ロジックに感嘆する作品ではない

lis3

「時間もの」「タイムリープもの」と言えば、相関的な矛盾点を極力排除する事で受け手に納得・感嘆させるようなものが好まれる傾向にありますが。(管理人ももちろんそういう作品は大好物です。)

本作はそういった点では二歩、三歩足りない作品ではあります。
理由としては時間を操る力の根源が説明されていない事や能力の汎用性が高すぎる事などが挙げられます。(正直、便利すぎて都合主義に感じるよね…)

しかし、そんな事は些細な問題なのだよ…。

本作の面白さの本質はそこに在らず!過ぎ去りし時間、取り戻すことのできないあの日を思って涙する…そんな青春時代の光と影を追いかける「青春もの」なのだから!(熱弁)

ここに科学的根拠や受け手を納得させるようなハッタリショーの探求を持ってくるのは野暮ってもんですぜ!(※意見には個人差があります…。)

カメラなど技術的な部分に改善の余地を感じる

lis4

画像ではちょっとわかりにくいですが、操作時のカメラアングルは要改善です。後半になると慣れてはきますが、基本的にキャラクターに近く上向き気味なアングルが画面把握の妨げになっていました。オブジェクトのチェック項目もキャラクターに被って見えないなどもしばしば…。

プレイ中にフリーズする事もあったので、技術的な改善ポイントは結構目立ちました。ここがアップデートなどで改善されればほぼ文句なしの作品なんだがなぁ~。(低予算ゲームだし高望みはしませんが。)

年齢・性別を問わずオススメできる作品

往年の「時間もの」を題材にしたアドベンチャーゲームと十分に肩を並べられる傑作です。プレイヤーの年齢や性別を問わないという点も好印象で万人にオススメしやすい作品でもあります。

面白くて考えさせられるようなアドベンチャー作品をお探しの貪欲なそこの君!
君の探している作品はここにあるぞ!
迷わず飛び込むのだ、時間は待ってくれないのだから…。

きゃすとのオススメ:
Amazon:ライフ イズ ストレンジ
SPONSORED LINK

関連記事

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの 二人の白皇』をクリアしました。

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【ペルソナ5オリジナル・サウンドトラック好評発売中】購入を迷っている人は視聴用動画をチェック!

【ペルソナ5オリジナル・サウンドトラック】が2017年1月17

【SWITCH】任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」の詳細発表後の感想

本日開催された(1月13日)、「Nintendo Switch

【重力猫(GRAVITY CAT)重力的眩暈子猫編】グラビティデイズ2のPVが最高だった…

記事と言うかただの動画紹介なんですが… 『グラビティデイ

【MTG】スタンダードで久々の禁止カード《約束された終末、エムラクール》《密輸人の回転翼機》《反射魔導士》!驚き!!

2017/01/10(火)の早朝4時に、新たなMTG禁止制限告

【高騰中】『サヒーリ+守護フェリダー無限トークンコンボ』は本当に使われるのだろうか?

関連記事:【MTG:霊気紛争フルスポ感想 フェリダー+サヒーリ

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛

【シャドウバース攻略】『覇食帝・カイザ』の使用・活用法について 調理開始だ《コクトゥーラ・インテグーロ》!

コツコツプレイしていた割に記事に今まで記事にしてこなかった『シ

【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita

→もっと見る

PAGE TOP ↑