【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

lis

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにローカライズした、【時間もの】ADV『LIFE is STRANGE(ライフイズストレンジ)』をクリアしました。

【時間もの】という過去の名作たちがひしめき合うテーマにあえて飛び込んでいくハングリースタイル。そして、海を渡って聞こえてくる海外ゲーマーによる高評価の数々。

正直、遊ぶ前からハードルが高くなり過ぎて、半ば不安だったのですが…

「HAHAHA、そんなもんは全くの杞憂だったよ!!」

上がりに上がった管理人の期待値ハードルを八艘飛びで越えていった傑作。ADV好きなら絶対に見逃せないタイトルです。

ゲーム情報

  • プレイ環境:【PS4】
  • プレイ時間:【10時間前後】
  • 公式サイト:【LIFE is STRANGE

SPONSORED LINK

「時間もの」いいえ「青春もの」です

life1

PVなどから受ける印象は、”内気な女子高生が突如時間を操れる能力を手に入れて、その力を駆使し災厄に立ち向かっていく”といったものだと思います。

もちろんそういった側面を持った作品ではありますが、本作は「時間もの」というよりは「青春もの」と言った方が的確です。

平凡な日常に非日常(タイムリープやバタフライエフェクト)を加味する事で、その当たり前が尊いものだったという事に初めて気づく…。

友達や家族といったかけがえのないもの…過ぎ行く時間の中にある厳しさと優しさ…

プレイ中は本当に様々な感情が頭の中に渦巻いていました。

また、主人公を18歳の女子高生に設定したのも多感な思春期という一生に一度しかない貴重な時を表現するには最適だったと思います。

いい年した大人でも感情移入できるんだから、同年代や同性ならもっと感情を揺さ振られるんじゃないかなぁ~

 複数に枝分かれするが最後は一つの道、2つの選択を迫られるストーリー

max

時間を巻き戻すことができる。

こう聞くと数多に存在する選択肢をつむいでマルチな結末を迎える事ができるように感じるかもしれませんが、本作は基本的には一本道です。

選択肢自体はたくさん存在するのですが、あくまで大きな流れの中の小さな変化に過ぎず、結末に影響を及ぼすような選択は本当に最後の最後にしかありません。

マルチなエンディングを期待する人からすると肩透かしに感じるかもしれません。しかし、個人的に本作はこれで良かったと思ってます。

大きな流れに逆らう事はできなくても、自分の選択によって世界は確かに変化している…そんな小さな発見の連続も本作の魅力の一つです。

緻密な時間的ロジックに感嘆する作品ではない

lis3

「時間もの」と言えば、相関的な矛盾点を極力排除する事で受け手に納得・感嘆させるようなものが好まれる傾向にあると思います(管理人ももちろんそういう作品は大好物です。)

…が、本作にはそういった説得力の高い整合性ロジックは存在しません。

しかし、そんな事は些細な問題なのですよ…。

本作の面白さの本質は緻密な時間ロジックや力の解明ではなく、過ぎ去りし時間・取り戻すことのできないあの日を思って涙する。そんな青春時代の光と影を探求なのだから(熱弁)。

「ここがオカシイ」「辻褄があってない」etcetc等と科学的根拠や受け手を納得させるようなハッタリショーを求めるのは野暮なのです。(※意見には個人差があります…。)

カメラなど技術的な部分に改善の余地を感じる

lis4

画像ではちょっとわかりにくいですが、操作時のカメラアングルが非常に悪いです。

後半になると慣れてはきますが、基本的にキャラクターに近く上向き気味なアングルが画面把握の妨げになっています。オブジェクトのチェック項目もキャラクターに被って見えないなどもしばしば…。

プレイ中にフリーズする事もあったので、カメラアングル以外にも技術的な改善点は多いです。まぁ、低予算なタイトルだし、しょうがないといえばしょうがない。

年齢・性別を問わずオススメできる作品

往年の「時間もの」を題材にしたアドベンチャーゲームと十分に肩を並べられる傑作であり、プレイヤーの年齢や性別を問わないという点も好印象で万人にオススメしやすい作品でもあります。

得るものが多く、グッと考えさせられるようなアドベンチャー作品をお探しの貪欲なそこの君!

君の探している作品はここにあるぞ!迷わず飛び込むのだ、時間は待ってくれないのだから…。

きゃすとのオススメ:
Amazon:ライフ イズ ストレンジ
SPONSORED LINK

関連記事

【東京ザナドゥ・クリア評価/レビュー】全ての要素が平均点の普通のアクションRPG 世界観や厨二病なストーリーが許容できるかがカギ!

日本ファルコム初期の代表作『ザナドゥ』の名を冠する完全新作タイトル「東京ザナドゥ」をクリアし

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【PS4・「巨影都市」評価レビュー 】バカゲーかクソゲーか紙一重!楽しめるかどうかはアナタ次第のSFサバイバルADV《ネタバレあり》

『絶体絶命都市』の精神的後継作『巨影都市』をクリアしました。 怪獣やヒーロー視点ではなく、

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【グラビティデイズ2追加DLC「時の箱舟-クロウの帰結」・評価・レビュー】クロウの記憶を辿る追加エピソード

2017年3月21日に配信が開始された『グラビティデイズ2』の追加DLC(無料)「Alter

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

【面白さ期待超え《ニーアオートマタ》評価・レビュー】世界観とストーリーを楽しむアクションRPGの傑作!

幻想的な灰色な世界観と型破り過ぎる物語とギミックの数々で、ある種の伝説を作り出した「ニーア」

記事を読む

【3DS:ショベルナイト 評価・レビュー】ファミコン風レトロ2Dアクションアドベンチャーの名作!シャベルじゃなくてショベル!

PC版で人気を博し、その後様々なプラットホーム向けに展開。 世界中で愛される英雄となった「ショ

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑