【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

公開日: : 最終更新日:2017/07/16 ゲームレビュー , ,

sg

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

比翼恋理のだーりん」「線形拘束のフェノグラムと派生作品を積み重ねてきたシリーズですが、どちらも光る部分がありながらも、どこか物足りなさを感じる外伝というのが正直な印象でした。

今回の購入も今まで追いかけて来たという一種の使命感によるものが大きかったのは事実です。
結果的には素直に満足できる良作だったのですけどね!(信じてついてきて良かったぜ…)

この記事が購入を迷っているシュタゲファンに届く事を願います。
※シュタインゲートゼロを除く「シュタゲ」シリーズのネタバレを多分に含みます

∇ゲーム情報・クリアまでの目安

SPONSORED LINK

助手を救えなかったβ世界線

2015-12-15-202513

シュタインズゲートに到達する事を諦めてしまったβ世界線の続きを描くのが本作の主軸。

続編という触れ込みですが、あくまで「シュタインズゲート」は無印で完結している作品であり、それを破壊するようなものではありません。

どちらかと言うと、アニメ(映画)・コミカライズ・小説・ドラマCD・派生ゲーム作品などなど、枝分かれしたシリーズを一本に繋ぐ為のシナリオ。シュタインズゲート世界線に至るという結末をより確かなものにするという意味合いが強い作品です。

到達できなかったオカリン・封印された鳳凰院凶真

sg0

まゆりも紅莉栖も助けたい。その一心で、世界に神に抗い続けた鳳凰院凶真。
しかし、その重圧は到底一人の人間が抱え込めるものではなかった…。

あと一回のチャンス(タイムリープ)を残してβ世界線に留まる事を受け入れてしまうオカリン。
その選択の先に待つのは世界を巻き込む…第三次世界大戦と知りながらも…。

”鳳凰院凶真”の名を捨て、後悔と失意の念に押し潰されそうになりながらも何とか生きる事を選択したオカリンを見るのは我々プレイヤーとしても中々に辛いものがあります。(シュタゲプレイヤーのほとんどがオカリンを、そして、鳳凰院凶真が大好きなはずだから。)

「それでも信じる!それでも信じられる。」

それがオカリン…岡部倫太郎…鳳凰院凶真なのだ…。
もちろん宮野真守さんによる迫真の演技は本作でも健在です!

魅力的な新キャラクターたち

2015-12-15-202458

ゲーム作品には初登場となる助手の先輩「比屋定真帆」や、もう一人の未来からの来訪者「かがり」など、魅力的な新キャラクター達ががっちりと「シュタゲ」の世界を盛り上げてくれます。

派生作品に触れてない人からすると「誰だよコレ…。」感は否めないかもしれませんが、ずっと追いかけて来たファンならば違和感はそれほどないはずです。

2015-12-15-202551

特に「比屋定真帆」は小説版の時点で良いキャラだな…と感じていたので個人的にはイチオシですね。

自分はサリエリでクリスはモーツァルト。尊敬と嫉妬を併せ持ちいつか追い抜いてやると追いかけてた相手を失った天才ってキャラはツボでした。映画「アマデウス」の引用も個人的にはグッと来るものがありました。

人間の記憶をAI化する「アマデウス」システム

sg0

人間の記憶をそのままAI化させる「アマデウス」システム。

この舞台装置は単発で一作品作れるぐらいのパワーと面白さを感じたので、間違いなくこの作品の一翼を担っている要素です。ただ、面白いだけに、シリーズものに乗せるのではなく、新規IPでチャレンジして欲しかったという思いがないと言ったら嘘になってしまいます。

自信があったからこそ「シュタゲ」に、そしてオカリンだからこそ説得力があったと言う部分もあるので一概には言えませんけどね…。

派生作品を繋ぐシリーズ集大成!

シリーズファンの為の最後のシュタインズゲート(願望)。
これ以上は無い…そう思える。そう納得できる作品に仕上っています。

数多に分岐した派生作品全ての辻褄を合わせる為に致し方なく歪になってしまった繋ぎ目が無い訳ではありませんが、そんな歪さも全て許容できる。

そんな世界線も全て必要だったのだと思える一本です。
信じてついてきた人が報われる世界線…それが「シュタインズゲートゼロ」。

ーー最後に。

「シュタインズゲート」を代表とする『科学アドベンチャー』シリーズ。正直、「シュタインズゲート」におんぶにだっこになってる部分は少なからずあるはずです。

これを機に「シュタインズゲート」からの脱却。そしてシリーズを一歩前に進める戦略を見せてもらいたい…。それがシリーズを愛し続けてきた人間の願いです。エル・プサイ・コングルゥ。

きゃすとのオススメ:
Amazon:シュタインズゲートゼロ

SPONSORED LINK

関連記事

【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの 二人の白皇』をクリアしました。

記事を読む

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょうか? 現在、ツイッター

記事を読む

【ゼノブレイドクロス・評価/レビュー・ネタバレ含】真エンディングを思わず探してしまう未完エンド!続編はよ!

「ゼノブレイドクロス」を2週間かけてやっとクリアしました。 プレイ前から大ボリュームな

記事を読む

【マイティガンヴォルト】8bitテイストな2Dアクション!これぞ王道アクションゲーム

今回は、以前紹介した「蒼き雷霆 ガンヴォルト」を早期購入すると特典でダウンロードできた 「マイ

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【グラビティデイズ2追加DLC「時の箱舟-クロウの帰結」・評価・レビュー】クロウの記憶を辿る追加エピソード

2017年3月21日に配信が開始された『グラビティデイズ2』の追加DLC(無料)「Alter

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【ベヨネッタ2】レビュー・評価 アクションもコスチュームもクライマックス級!

「BAYONETTA(ベヨネッタ2)」のレビュー記事です 『WiiU』で最初に選んだタイトルが「ベ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょ

【小島監督最新作『デスストランディング』PVの謎考察】赤ん坊・巨人・触手マッツ等、散りばめられた謎を追う

本日(2017/12/8)、アメリカのロサンゼルスで開催された

【DQライバルズ・ナーフ情報】《亡者のひとだま》《レッドアーチャー》《マジックフライ》の下方修正が決定しました!

2017年12月9日に実施されるアップで―ドにて、《もうじゃの

【PS4】『ディシディアファイナルファンタジーNT』オープニングムービー公開!ストーリー的には1作目の続編に当たるっぽいですね

2018年1月11日発売予定『ディシディアファイナルファンタジ

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロ

【ゲームサントラCD発売日一覧・2017/12月】ニーアオートマタのアレンジ盤や勇なまVRに注目です

個人的なイチオシは『ニーアオートマタ』のアレンジサントラですが

【DQライバルズ・テンポゼシカ対策】《ようじゅつし》に要注意!「サイレス」等封印カードをうまく使っていこう!

少し間が空いてしまいましたが、前回取り上げた「ゼシカ攻略」第二弾【

【DQライバルズ・アグロゼシカ攻略】《亡者のひとだま》に要注意!「回復」や「ステルス」が超重要!

「ゼシカに勝てなくて萎え」って人が結構多い様なので、【ゼシカ攻略】

→もっと見る

PAGE TOP ↑