【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

公開日: : 最終更新日:2017/07/16 ゲームレビュー , ,

sg

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

比翼恋理のだーりん」「線形拘束のフェノグラムと派生作品を積み重ねてきたシリーズですが、どちらも光る部分がありながらも、どこか物足りなさを感じる外伝というのが正直な印象でした。

今回の購入も今まで追いかけて来たという一種の使命感によるものが大きかったのは事実です。
結果的には素直に満足できる良作だったのですけどね!(信じてついてきて良かったぜ…)

この記事が購入を迷っているシュタゲファンに届く事を願います。
※シュタインゲートゼロを除く「シュタゲ」シリーズのネタバレを多分に含みます

∇ゲーム情報・クリアまでの目安

SPONSORED LINK

助手を救えなかったβ世界線

2015-12-15-202513

シュタインズゲートに到達する事を諦めてしまったβ世界線の続きを描くのが本作の主軸。

続編という触れ込みですが、あくまで「シュタインズゲート」は無印で完結している作品であり、それを破壊するようなものではありません。

どちらかと言うと、アニメ(映画)・コミカライズ・小説・ドラマCD・派生ゲーム作品などなど、枝分かれしたシリーズを一本に繋ぐ為のシナリオ。シュタインズゲート世界線に至るという結末をより確かなものにするという意味合いが強い作品です。

到達できなかったオカリン・封印された鳳凰院凶真

sg0

まゆりも紅莉栖も助けたい。その一心で、世界に神に抗い続けた鳳凰院凶真。
しかし、その重圧は到底一人の人間が抱え込めるものではなかった…。

あと一回のチャンス(タイムリープ)を残してβ世界線に留まる事を受け入れてしまうオカリン。
その選択の先に待つのは世界を巻き込む…第三次世界大戦と知りながらも…。

”鳳凰院凶真”の名を捨て、後悔と失意の念に押し潰されそうになりながらも何とか生きる事を選択したオカリンを見るのは我々プレイヤーとしても中々に辛いものがあります。(シュタゲプレイヤーのほとんどがオカリンを、そして、鳳凰院凶真が大好きなはずだから。)

「それでも信じる!それでも信じられる。」

それがオカリン…岡部倫太郎…鳳凰院凶真なのだ…。
もちろん宮野真守さんによる迫真の演技は本作でも健在です!

魅力的な新キャラクターたち

2015-12-15-202458

ゲーム作品には初登場となる助手の先輩「比屋定真帆」や、もう一人の未来からの来訪者「かがり」など、魅力的な新キャラクター達ががっちりと「シュタゲ」の世界を盛り上げてくれます。

派生作品に触れてない人からすると「誰だよコレ…。」感は否めないかもしれませんが、ずっと追いかけて来たファンならば違和感はそれほどないはずです。

2015-12-15-202551

特に「比屋定真帆」は小説版の時点で良いキャラだな…と感じていたので個人的にはイチオシですね。

自分はサリエリでクリスはモーツァルト。尊敬と嫉妬を併せ持ちいつか追い抜いてやると追いかけてた相手を失った天才ってキャラはツボでした。映画「アマデウス」の引用も個人的にはグッと来るものがありました。

人間の記憶をAI化する「アマデウス」システム

sg0

人間の記憶をそのままAI化させる「アマデウス」システム。

この舞台装置は単発で一作品作れるぐらいのパワーと面白さを感じたので、間違いなくこの作品の一翼を担っている要素です。ただ、面白いだけに、シリーズものに乗せるのではなく、新規IPでチャレンジして欲しかったという思いがないと言ったら嘘になってしまいます。

自信があったからこそ「シュタゲ」に、そしてオカリンだからこそ説得力があったと言う部分もあるので一概には言えませんけどね…。

派生作品を繋ぐシリーズ集大成!

シリーズファンの為の最後のシュタインズゲート(願望)。
これ以上は無い…そう思える。そう納得できる作品に仕上っています。

数多に分岐した派生作品全ての辻褄を合わせる為に致し方なく歪になってしまった繋ぎ目が無い訳ではありませんが、そんな歪さも全て許容できる。

そんな世界線も全て必要だったのだと思える一本です。
信じてついてきた人が報われる世界線…それが「シュタインズゲートゼロ」。

ーー最後に。

「シュタインズゲート」を代表とする『科学アドベンチャー』シリーズ。正直、「シュタインズゲート」におんぶにだっこになってる部分は少なからずあるはずです。

これを機に「シュタインズゲート」からの脱却。そしてシリーズを一歩前に進める戦略を見せてもらいたい…。それがシリーズを愛し続けてきた人間の願いです。エル・プサイ・コングルゥ。

きゃすとのオススメ:
Amazon:シュタインズゲートゼロ

SPONSORED LINK

関連記事

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【PS4:グラビティデイズ2評価・レビュー】 和製オープンワールドアクションの傑作!

2012年の日本ゲーム大賞を受賞した『グラビティデイズ』の続編、『グラビティデイズ2重力的眩

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【グラビティデイズ2追加DLC「時の箱舟-クロウの帰結」・評価・レビュー】クロウの記憶を辿る追加エピソード

2017年3月21日に配信が開始された『グラビティデイズ2』の追加DLC(無料)「Alter

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【3DS:ショベルナイト 評価・レビュー】ファミコン風レトロ2Dアクションアドベンチャーの名作!シャベルじゃなくてショベル!

PC版で人気を博し、その後様々なプラットホーム向けに展開。 世界中で愛される英雄となった「ショ

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゼノ・ジーヴァ攻略,弱点,倒し方】新モーションで超強化、ボディプレスからの大爆発即死攻撃に要注意!

気付いたら歴戦王ゼノ・ジーヴァの配信日になってた(驚)。 元

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ポポロクロイス物語、白騎士物語《ソニー系ゲームvol.5》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】パタポン,勇者のくせになまいきだ《ソニー系ゲームvol.4》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【MTGアリーナ】SINGLETON(シングルトン)ルール解説&5勝したデッキをテキトーに紹介する記事

現在『MTGアリーナ』では、SINGLETON(シングルトン)

【MTGアリーナを無料(無課金)で最大限遊ぶには?】マジックアリーナをレッツエンジョイ!(課金目安)

「MTGアリーナ(マジック ザ ギャザリング アリーナ)」をプレイ

【MTG】アルティメットマスターズ発売決定!拡張アート版のヴェリアナとか超高そう・・・。

最後のマスターズこと、「アルティメットマスターズ」の発売日・商

【MTGアリーナ・PAUPER(パウパー)デッキ】5勝したレシピをテキトーにUPしていく記事

現在『MTGアリーナ』では、パウパー(スタンダードプール)イベ

【スマブラSP】灯火の星(ともしびのほし)ムービーに込められた想い・ネタ【星の灯火】

昨日のダイレクトで公開された『大乱闘スマッシュブラザーズSP』

→もっと見る

PAGE TOP ↑