【ダークソウル3 評価・レビュー】シリーズ完結作 協力プレイなどの不満点を改善した親切なダクソ

darksouls3

心が折れそうになりながらもついつい遊んで寝不足になっちゃうアクションRPG『ダークソウル』シリーズの最新作にして完結作(?)『ダークソウルⅢ』をクリアしました。

『デモンズソウル』『ダークソウル』『ダークソウルⅡ』『ブラッドボーン』と脈々と受け継いできた性悪根性(褒め言葉)の集大成を我々に見せ付けてくれるのかと思いきや…最後の最後に待ち受けていたのは最高に親切なダクソだった!?(管理人が亡者として訓練されすぎている可能性アリ)

流石にマンネリに感じるかなぁ~と心配だったけど…
やっぱりこのシリーズは楽しいなぁ~(寝不足)

ゲーム情報

  • プレイ環境:【PS4】
  • プレイ時間:【一周40時間前後・やりこみ含100時間以上】
  • 公式サイト:【DARK SOULSⅢ
SPONSORED LINK

滅び行く定めの世界の絶望となるか希望となるか…

ds3

多くを語りはしないが、ずっしりと存在する世界観と物語は健在。この希薄なんだけど濃厚って感じの雰囲気が個人的にはたまりません。

本作もプレイヤーの行動によってエンディングは分岐するので、己の本能が赴くままに滅び行く定めの世界を謳歌しようじゃないか!世界観・キャラクター・装飾・建物などフロムソフトウェアのこだわりには本当に感嘆の一言です。
メーカーにとってもこのシリーズで得たノウハウは宝物だろうなぁ…。

『ダークソウル』シリーズ完結編って事なんでいつも以上に荒廃感は強めです。全ての感情が詰まったこの世界の終末を見届ける…ちょっと寂しい気もしますね。

シリーズを追いかけてきた人へのファンサービス多し

kinoko

シリーズを追いかけてきた人へのファンサービスはかなり多め!
懐かしいと感じさせてくれる要素がそこらかしこに点在します。

直接物語に関わってこなかったとしても、この世界に”それ”は確かに存在していたのだと実感させてくれる。あんなに重いパンチを放ってきていたキノコマンも今ではもう…(ゆっくりとお休み…。)

火守女という名の癒しは健在!

himorime

みんなのお楽しみ(?)火守女ちゃんはもちろん本作にも健在。今回の火守女ちゃんは金髪で聖女感が高いぞ(さながらジャンヌダルクと言ったところか)、色んなジェスチャーを披露して反応を楽しもう!間違っても斬りかかっちゃ駄目だぜ!

ユーザーの不満点を徹底的にフィードバックした親切設計

sisutemu

「2」で不評だったところは徹底的に修正してきたって印象。逆に「2」のごった煮カオスな感じが好きだった人は物足りなく感じちゃうかもしれませんが、かなり遊びやすさを意識した親切なゲームに仕上がっています。

しかし、流石にボイスチャットはできなくて良いと思うのは私だけだろうか?

プレイ感覚はデモンズ・ダクソ1・ブラッドボーンに近い?

ds2

エリアの構成や敵の配置など、プレイ感覚は『デモンズソウル』や『ダークソウル』『ブラッドボーン』に近いかな?これはディレクターである宮崎 英高氏のカラーが色濃く出たって感じだと思います。デモンズでこのシリーズに惚れ込んだ人なら問題なく楽しめるはずです。

ただ武器の種類やモーションの芸細感は「2」を踏襲しているので、そこに期待している人は安心してくれてOKです。戦技があるので武器によるアクションのバリエーションにはかなり多めですぞ~(※:武器種による専用アクション)

ついに特定のユーザーと自由にオンライン協力が可能に!

シングルプレイに溶け込んだ独特のオンラインマルチプレイというこだわりがあった本シリーズ。合言葉を設定する事による特定プレイヤーとの協力プレイ導入には相当な抵抗があったと思います。しかし、自由にマッチングしたいという要望はやっぱり多かったのでしょうね…。

自由に協力プレイできちゃうと、やっぱり難易度は格段に下がるので。一周目は孤独にプレイで死にまくる事を個人的にはオススメしたいなぁ~。(訓練された亡者の意見)

親切と感じるかヌルいと感じるかはプレイヤー次第

親切設計の弊害として一部ヌルく感じる部分があったのは事実です。しかし、元々ギリギリのバランスで成り立ってるゲームですからね…エリート亡者の意見なんて聞き流すぐらいで調度良いのさ…。

ちなみに管理人的にはシリーズで一番簡単に感じました。(訓練された亡者感)
『2』や『ブラッドボーン』をやりこんだ人だとかなりヌルゲーに感じるかも…?

初心者にもオススメできる良作

『3』とかタイトルについちゃうと、とっつきにくいかもしれませんが、『ダークソウル』に関しては『3』から始めてもらって全然OKです。難しそうというイメージを振り払って今こそ突撃の時です!

シリーズ完結作にして完成作ってところか…。

とりあえず『ダークソウル』シリーズはこれにて完結って事なんで、フロムソフトウェアの次回作に期待がかかりますね。そろそろアーマードコアの新作とか発表されそうな予感だけど…どうなんだろう?

追伸:誓約などのコンプがまだまだ残っているので、しばらくはオンラインに潜伏しています。castって名前の侵入者がいたらお手柔らかにおねがいしますよ(^q^)ノ

きゃすとのオススメ: Amazon:DARK SOULS III 【数量限定特典】「特製マップ&オリジナルサウンドトラック」付

SPONSORED LINK

関連記事

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

【PSVITA】《ファタモルガーナの館CE・評価レビュー》新作〈現代編〉も収録された完全版!魂に刻まれる名作ADV

筆者が前々から応援し続けている作品、『ファタモルガーナの館』が『ファタモルガーナの館COLL

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

「テイルズオブゼスティリア」は本当にクソゲーなのか?【クリアレビュー・評価】

情熱が世界を照らすRPG「テイルズオブゼスティリア」をクリアしました。 『ドラクエ』や

記事を読む

【Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)レビュー・評価】SFバーテンダーAVGの面白さの秘密はどこにある?

ベネズエラの大地が育んだ日本ライクなAVG作品『Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)』をク

記事を読む

【AI:ソムニウムファイル・評価・レビュー】名作サスペンスADV誕生!グロ&ギャグな打越ゲー最新作【PS4/Switch】

【PS4/Switch】のマルチタイトル『AI:ソムニウムファイル』をクリアしました。 『

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【シリーズ最終章『うたわれるもの二人の白皇』評価・クリアレビュー】数多の伏線を回収するシリーズ完結作!ネタバレなし

『うたわれるもの』シリーズ最新作にして最終章『うたわれるもの 二人の白皇』をクリアしました。

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【テーロス還魂記プレリリース:レポート】存在の破棄メイン採用全然アリ!かなりのエンチャント環境

『テーロス還魂記』のプレリリースイベントに参加してきました。

【スマブラSP】追加キャラクター「ベレト/ベレス」への感想・英雄の遺産を使えるの良いね!

【スマブラSPダイレクト】にて、5人目の追加DLCキャラクター

「ドラゴンボール超-ブロリー」5分で読める感想記事【Amazonプライムで映画を観る】

アマゾンプライムの無料配信タイトルに「ドラゴンボール超-ブロリー」

【ポケモンダイレクト】ソード&シールド追加DLCエキスパンションパス「鎧の孤島」「冠の雪原」、ポケダンリメイク公開!

【ポケモンダイレクト】にて、『ポケモン不思議のダンジョン救助隊

【ペルソナ無双】「ペルソナ5スクランブル」PV公開:ストーリーがしっかりしてて期待できそう【続編?】

「ペルソナ無双」こと「ペルソナ5スクランブル」の最新PVが公開

【MTG】『テーロス還魂記』最強の神は誰だ?パーフォロスとヘリオッドが強そう?

『テーロス還魂記』に収録される神クリーチャーサイクルの中から、

【2019年面白かったゲーム・オススメタイトル5選】アクション・アドベンチャーが豊作でした

2019年に発売されたゲームタイトルから個人的に面白かったオススメ

【漫画原作のオススメめし物・ご飯物ドラマ5選】孤独のグルメ以外も面白いぞ!

「漫画原作のごはん物ドラマって色々あるけど、沢山あり過ぎて何を見れ

→もっと見る

PAGE TOP ↑