【ネタバレ注意:ゴジラ キング・オブ・モンスターズ 感想】ゴジラへの愛が詰まった作品!オマージュマシマシ全部盛り!

公開日: : 映画

好きすぎて冷静にレビューできない(白目)。

普段は極力ネタバレ無しを貫く派の私ですが、今回は言いたい事が多すぎて我慢できませんでした!

超ネタバレ記事なので映画を事前に観てから読むようにして下さい(お願い)。

なお、うまくまとめる事が出来なかったので、本作の「ここが好きっ!」ってポイントをオタクっぽく羅列した内容になっています。読みぐるしい部分もあるかと思いますが、温かい目で読んでいただけると幸いです。

SPONSORED LINK

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

上映開始日
2019年5月31日 日米同時公開
公式サイト
ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

熱いオマージュの数々、ギドラの名前一つとっても芸細な演出が光る!


▲X星人がボンバーマンにしか見えない

例えば「キングギドラ」の呼び名一つとってみてもかなり芸細。

初登場時は「モンスターゼロ」と呼ばれる「ギドラ」ですが、後に神話の「ギドラ」と認識され、ゴジラとの戦闘に勝利し偽りの王「キングギドラ」となります。

この「モンスターゼロ」という呼び名は、1965年上映『怪獣大戦争』に登場した際に異星人(X星人)が識別に使用していた「怪物ゼロ」のオマージュとみて間違いありません。

さりげない呼び名一つとっても過去作への深い愛が感じられるのは素晴らしい事です。

《オキシジェンデストロイヤー》は何故「ギドラ」に効かなかったのか?


▲初代芹沢教授もイケメン

ゴジラを瀕死にまで追いやったご厄介ミサイル【オキシジェンデストロイヤー】ですが、何故ギドラは無傷だったのでしょうか?

これにも深い理由があり、ひも解く為にはシリーズ一作目”ゴジラ”まで遡る必要があります。

【オキシジェンデストロイヤー】とは、天才科学者・芹沢大助によって作られた「水中酸素破壊剤」の名前であり、本作でもその一部設定を踏襲しているものと思われます。

【オキシジェンデストロイヤー】は、水中で使用すると周囲の酸素を破壊し尽くし、生物の細胞中の酸素も全て破壊するという効果を持つ劇薬。

酸素が無くては生きられない地球上の生物からすると抗う事が出来ない超兵器なのですが、無酸素状態でも生存出来る宇宙怪獣には効果が無いという設定があります。

劇中で宇宙怪獣である事が判明するギドラですが、【オキシジェンデストロイヤー】が効かない時点で”地球の生物ではない”と察する事も出来るという…実にオタクっぽい演出なのです。

今回のゴジラはメルトダウン知らず!超強い!


▲デストロイアの強キャラ感は異常

芹沢教授(渡辺謙)の激励(核爆発)後のゴジラはマジで強かったですよね!

あれは1995年上映『ゴジラvsデストロイヤー』に登場したバーニングゴジラ(デスゴジ)のオマージュだと思うのですが、今回は炉心融解せずに核のエネルギーをうまくコントロールしてて半端なかった。

見てる側からすると、「今回もメルトダウンしちゃうんじゃ…」って心配がよぎるのも含めて良い展開だったと思います。

子供の頃に観た「ゴジラ死す…」の文字とあの展開は衝撃だったからなぁ…(遠い目)。

ヒロインはモスラ!怪獣界の女王だッ!

モスラは元々正義の象徴として描かれる事が多い怪獣でしたが、今回は更に母性まで見せつけて一躍アイドルに登りつめた印象すらあります。

形状や武装は結構攻撃的なんですけど、宙を舞う際のあの神々しさを見せられちゃうとね…(笑)。

劇中で「ゴジラとモスラは良い仲だった?」ってセリフがありましたけど、実際のところはどうだったんでしょうかね…(興味津々)。

あのBGM(モスラーや♪モスラー♪)のアレンジ版も素敵だったしファン的には文句なしの大プッシュだったと思います。

人間ドラマが少ないというよりは、共感できるポイントが無いが正しい

事前のレビューで人間ドラマが少ないと言われていた本作ですが、個人的にはそれは的確ではないと思っています。

これは”少ない”じゃなくて”共感できる人間が主人公サイドにいない”が正しいのではないでしょうか?

お母さんは終始サイコパスなのでもっての外ですが、全体的に学者や軍人目線ばかりで一般人の視点が皆無だったように思えます。

根底にあるのは確かに家族愛なんですけど、結果希薄になっちゃった印象ですね。

どちらかというとラドンの処世術の方が共感できるもんなぁ…(生きる為に強き者に従う。愛すべきゴマすりくそバード)。

ゴジラvsキングコングへの期待が高まりますなぁ

ここから2020年公開予定の「ゴジラvsキングコング」に繋がって行く訳ですけど、今回のゴジラの強さを見せつけられるとキングコングが少し心配になってきますね(笑)。

まぁ、髑髏島の時点でまだ成長中って話でしたし、コングのジャンプヒーロー的な成長(戦いの中で強くなっていやがる…)に期待したい所です。

VSだけど共闘するってパターンもありますしね~(どちらにせよ楽しみ)。

SPONSORED LINK

関連記事

【缶コーヒーBOSSのCMでおなじみ】宇宙人ジョーンズ役の「トミー・リー・ジョーンズ」ってどんな人!?

みなさんは好きなテレビCMってありますか? 私は缶コーヒーのBOSSのCM「宇宙人ジョ

記事を読む

【風立ちぬ・感想/レビュー】「宮崎 駿」監督の創作への想いが詰まった長編引退作品

金曜ロードショーにて、スタジオジブリ作品「風立ちぬ」を観ました。 上映当時、色々と忙しくて見逃

記事を読む

【ゴーンガール・映画感想レビュー・ネタバレ有り】デヴィッド・フィンチャー作品史上最恐の妻

「セブン」や「ファイト・クラブ」で有名なデヴィッド・フィンチャー監督の最新作『ゴーン・ガール

記事を読む

【ネタバレ有・ドラクエ映画レビュー】ユアストーリーは本当にくそ映画・駄作なのか?

ネット・SNS上で悪い意味で話題になっている「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」を観てきま

記事を読む

【サンダーボルトファンタジー生死一劍・感想レビュー】殺無生と凜雪鴉の因縁と第二期への布石の物語

2018年10月から第二期の放送も予定されている『Thunderbolt Fantasy(サ

記事を読む

【LEGO(レゴ)ムービー】この映画には『創作』の全てが詰まっている。

決して幼稚な映画ではない 全ての「創作」という行為の意味を教えてくれる傑作! LEGO(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGアリーナ・シングルトン】白黒ベルゼンロックデッキレシピ・白黒騎兵を足しただけ感

現在(2019/8/12)開催中のイベント『アモンケットーーシ

【ネタバレ有・ドラクエ映画レビュー】ユアストーリーは本当にくそ映画・駄作なのか?

ネット・SNS上で悪い意味で話題になっている「ドラゴンクエスト

【MTG・宝物構築】「波乱の悪魔」で波乱を齎す赤黒アグロ!1ターン目「戦慄衆の解体者」の恐怖!

現在開催中(2019/8/6)の宝物構築イベントで使用したデッ

『ギルティギア』シリーズ最新作発表!相変わらずビジュアルで魅せてくれますねぇ!

EVO2019にて、『ギルティギア』シリーズ最新作が発表&PV

【ネタバレ注意】FE風花雪月・アドラークラッセ編感想:エーデルガルドが凛々しく可愛すぎる帝国ルート《1周目》

「ファイアーエムブレム風花雪月」の1周目を終えたので、いつも通

【スマブラSP】ドラクエ勇者DLC情報・配信日は7/31日明日!勇者の声優さんやカラーバリエーションも公開

『スマブラSP』の有料追加ダウンロードコンテンツ「勇者セット」

ファミ通読者選『ゲーム音楽最高の1曲』決定、第1位は大神の『太陽は昇る』。異論無し!

ファミ通.comにて実施されたアンケート『ゲーム音楽最高の1曲』の

【デスストランディング】1日に60回死に、60回生き返る男「ハートマン」の紹介pv公開!設定だけで引き込むなぁ…

先日開催されたコミコンで公開された新情報のpvが公開されました

→もっと見る

PAGE TOP ↑