【PS4・バットマンアーカムナイト】評価・レビュー 内なる恐怖との最終決戦 モービルやリドルはストレスフルだが傑作です!

bat

バットマンアーカムシリーズの最新作『バットマン:アーカムナイト』をクリアしました。

プラットフォームを次世代機に移し、海外での評価も非常に高かった本作。
正直、期待値はかなり高めでしたがキッチリとその期待に応えてくれました!

最大のポイントはストーリーの面白さとジョーカー&バットマンに対する作り手の愛です。
これはバットマンファン以外も遊ぶべき傑作です!

SPONSORED LINK

世界観・ストーリーについて

bat6

前作『アーカム・ビギンズ』は過去話でしたが、本作は『アーカム・シティ』の完全続編となります。ジョーカーなきゴッサムを舞台に、ヴィラン達がバットマンに最終戦争を仕掛ける!

『アーカム・アサイラム』時代の小物感溢れるスケアクロウは本作にはいません。
奴らは完全にバットマンを倒しにきているぞ!登場するヴィランやヒーローもかなり多いです。

アーカイブスは従来通り豊富で贅沢なつくりになっているので、シリーズ初体験やバットマン初心者にも安心の親切設計だ。

ジョーカー不在だから成し得たシナリオ

bat5

シリーズ2作目である『バットマン;アーカム・シティ』にて、最大の敵であるジョーカーを死なせてしまったのはシリーズを重ねていく上で足枷になりうるファクターだと思っていました。

しかし、本作はジョーカー不在だからこそ成し得たシナリオです。
物理的に出演させる事ができないジョーカーをあんな形で出演させるとはね…。

やっぱりジョーカーは特別な存在ですな~。

謎の新キャラ”アーカムナイト”に関してもいいスパイスだったと思います。私は途中でその正体に気づいてしまいましたが、それでもワクワクする展開だったのでファンは期待するべし!

DLCについて

bat2

一部DLCは有料ですが、バットガールを主人公に描いた『家族の問題』は無料でダウンロード可能です。一時間ぐらいで終わるショートストーリーですが、本編に関わってくる重要なキャラクターなので押さえておいて損はないはず。

ガチムチのおっさんばっかり操作していると息抜きしたくもなるのだよ…。

システム・やりこみについて

bat8

アーカムシリーズをひとつでも体験した事がある人ならすんなりと受け入れられるシステムの数々です。オープンワールドに広がるゴッサムを舞台にバットマンが空を舞い!バットモービルで爆走する!

滑空・ワイヤーアクション・流麗なコンバット・ステルスアクション、今までのシリーズで積み重ねてきたノウハウをフル活用しているだけあって完成度は凄まじい。バットモービルの乗り降りもスムーズでストレスフリーでした。(バットモービル系のチャレンジは別)

毎度おなじみリドラーに頭を悩ます…。

bat10

シリーズ恒例のリドラーによるリドルの数々。毎回、頭を捻ってチャレンジしていますが、今回はなんと243個ものリドルが存在します。(ちょっと多すぎんよw)

更にキャッウーマンを交えた共同サイドミッションがあるのでリドラー系のチャレンジは本当に大変でした。本作をプレイするとリドラーへのヘイト値はMAX不可避です。

それでこそリドラーって気にさせるから何とも歯痒い!

バットモービルが最大の足枷

61mBgorkiRL._AA1000_

ゴッサムの街をバットモービルで爆走!

本作最大のセールスポイントと言える要素で、確かにゴッサムをモービルで爆走するのは楽しい。しかし、モービルを使ったギミックやチャレンジが多すぎる上に、メインストーリーでも過剰に強要してくるのが気になりました。

最初は新鮮で面白くても、雑魚ドローンを延々と倒すチャレンジや意地悪な障害物競走はすぐに飽きてしまいます。本作の欠点をひとつ挙げるとするならば、退屈なバットモービルチャレンジに尽きます。

真エンディングを見るために

bat7

メインストーリーは「スケアクロウ」と「アーカムナイト」がメインヴィランである『恐怖の街』なのですが、それだけではエンディングを迎える事はできません。サイドミッションを最低7つこなす事でエンディング『ナイトフォール』を実行する事が可能になります。

更に、全てのサイドミッションをこなす事で真のエンディングを向かえる事ができるのですが…。
ここでリドラーのリドルが高いハードルとして立ちはだかるって訳です。マジで辛いよ…。

バットマンに対する愛しかなかった!

bat3

バットマンの世界を素晴らしいクオリティで再現してくれた事にまず感謝!そして自分の好きを全力で再現できる幸せ者達に嫉妬。生誕75周年を超える長寿作品をゲーム化するという重圧は凄まじいものでしょうねぇ…。

これは最高のキャラゲーだ。しかし、楽しむ為にファンである必要はない!

ゲーマーを自負するなら今すぐ飛び込むべき作品。
遊びやすいのでオープンワールド初心者にもオススメです!


関連リンク:【バットマン:アーカム・ナイト 公式サイト

きゃすとの評価:【
Amazon:バットマン:アーカム・ナイト

SPONSORED LINK

関連記事

【ベルセルク無双:評価・レビュー】あらすじを辿るには最適!?キャラゲーとしては物足りなさを感じる作品

どうも、好きな漫画が尽く不定期連載になってしまう管理人”きゃすと”です 今回は管理人が

記事を読む

【ゼロエスケープ 刻のジレンマ評価・レビュー】極限脱出999・善人シボウデスの正統続編 【過去作のストーリーを復習しよう】

『極限脱出9時間9人9の扉』『極限脱出ADV 善人シボウデス』の正統続編に当たる「極限脱出」シリ

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【真・流行り神2 評価・レビュー】クソゲーだった前作よりは確かに面白いが…ホラーとは都市伝説とは何かを考えさせれる凡作

都市伝説を題材にしたホラーアドベンチャーシリーズの最新作『真流行り神2』を全ルート・狭間録・

記事を読む

【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ2 評価・レビュー】シリーズファンにオススメの良質アクションゲーム

すっかり大人気タイトルとして定着した『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズの第二作『ドラゴン

記事を読む

【レジェンド オブ レガシー/評価・レビュー】サガを期待して購入するRPGではない!

ネットでの評価が大荒れの「レジェンド オブ レガシー」をクリアしました。 ビジュアル・音楽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん

【アモンケットスタン:ゲームデーは何デッキを使う?】霊気池・ゾンビ・黒緑エネルギー・機体・コントロール 他

今週末はゲームデーって事で… 当日使用するデッキの傾向とプラ

【アモンケットスタン:黒単ゾンビデッキの強みと弱み】ショーダウンでの使用感レポート

今流行りの「黒単ゾンビ」デッキでスタンダードショーダウンに参加

【スマホで遊べる本格RPG:アナザーエデン評価・レビュー】クロノトリガー好き集まれ!初めてオススメできるスマホのロープレだ

【iOS版/Android版】が絶賛配信中のシングルプレイ専用

【アモンケット新スタン:赤黒ハゾレトアグロデッキ使用感】街の鍵がマジで強い!

《守護フェリダー》が禁止された事によって大激変のスタンダード

【タンスのゲン低反発ゲーム座椅子:購入レビュー・感想】ゲーマーの腰と尻を守る!

〈タンスのゲン 公式サイトからの画像引用〉 2017年の頭位にま

【MTG最新パック:アモンケット1ボックス開封録】マスターピースの《Force of Will》が欲しいです(願望)

タイトルからこれだけの強欲さを見せつけたら逆に物欲センサーを誤

【アモンケット:プレリで面白強かった注目カード考察】督励と不朽は結構強いしサイクリングはやっぱり便利でした!

2017/4/23・24(土日)に全国で開催された『プレリリー

→もっと見る

PAGE TOP ↑