【PS4・バットマンアーカムナイト】評価・レビュー 内なる恐怖との最終決戦 モービルやリドルはストレスフルだが傑作です!

bat

バットマンアーカムシリーズの最新作『バットマン:アーカムナイト』をクリアしました。

プラットフォームを次世代機に移し、海外での評価も非常に高かった本作。
正直、期待値はかなり高めでしたがキッチリとその期待に応えてくれました!

最大のポイントはストーリーの面白さとジョーカー&バットマンに対する作り手の愛です。
これはバットマンファン以外も遊ぶべき傑作です!

SPONSORED LINK

世界観・ストーリーについて

bat6

前作『アーカム・ビギンズ』は過去話でしたが、本作は『アーカム・シティ』の完全続編となります。ジョーカーなきゴッサムを舞台に、ヴィラン達がバットマンに最終戦争を仕掛ける!

『アーカム・アサイラム』時代の小物感溢れるスケアクロウは本作にはいません。
奴らは完全にバットマンを倒しにきているぞ!登場するヴィランやヒーローもかなり多いです。

アーカイブスは従来通り豊富で贅沢なつくりになっているので、シリーズ初体験やバットマン初心者にも安心の親切設計だ。

ジョーカー不在だから成し得たシナリオ

bat5

シリーズ2作目である『バットマン;アーカム・シティ』にて、最大の敵であるジョーカーを死なせてしまったのはシリーズを重ねていく上で足枷になりうるファクターだと思っていました。

しかし、本作はジョーカー不在だからこそ成し得たシナリオです。
物理的に出演させる事ができないジョーカーをあんな形で出演させるとはね…。

やっぱりジョーカーは特別な存在ですな~。

謎の新キャラ”アーカムナイト”に関してもいいスパイスだったと思います。私は途中でその正体に気づいてしまいましたが、それでもワクワクする展開だったのでファンは期待するべし!

DLCについて

bat2

一部DLCは有料ですが、バットガールを主人公に描いた『家族の問題』は無料でダウンロード可能です。一時間ぐらいで終わるショートストーリーですが、本編に関わってくる重要なキャラクターなので押さえておいて損はないはず。

ガチムチのおっさんばっかり操作していると息抜きしたくもなるのだよ…。

システム・やりこみについて

bat8

アーカムシリーズをひとつでも体験した事がある人ならすんなりと受け入れられるシステムの数々です。オープンワールドに広がるゴッサムを舞台にバットマンが空を舞い!バットモービルで爆走する!

滑空・ワイヤーアクション・流麗なコンバット・ステルスアクション、今までのシリーズで積み重ねてきたノウハウをフル活用しているだけあって完成度は凄まじい。バットモービルの乗り降りもスムーズでストレスフリーでした。(バットモービル系のチャレンジは別)

毎度おなじみリドラーに頭を悩ます…。

bat10

シリーズ恒例のリドラーによるリドルの数々。毎回、頭を捻ってチャレンジしていますが、今回はなんと243個ものリドルが存在します。(ちょっと多すぎんよw)

更にキャッウーマンを交えた共同サイドミッションがあるのでリドラー系のチャレンジは本当に大変でした。本作をプレイするとリドラーへのヘイト値はMAX不可避です。

それでこそリドラーって気にさせるから何とも歯痒い!

バットモービルが最大の足枷

61mBgorkiRL._AA1000_

ゴッサムの街をバットモービルで爆走!

本作最大のセールスポイントと言える要素で、確かにゴッサムをモービルで爆走するのは楽しい。しかし、モービルを使ったギミックやチャレンジが多すぎる上に、メインストーリーでも過剰に強要してくるのが気になりました。

最初は新鮮で面白くても、雑魚ドローンを延々と倒すチャレンジや意地悪な障害物競走はすぐに飽きてしまいます。本作の欠点をひとつ挙げるとするならば、退屈なバットモービルチャレンジに尽きます。

真エンディングを見るために

bat7

メインストーリーは「スケアクロウ」と「アーカムナイト」がメインヴィランである『恐怖の街』なのですが、それだけではエンディングを迎える事はできません。サイドミッションを最低7つこなす事でエンディング『ナイトフォール』を実行する事が可能になります。

更に、全てのサイドミッションをこなす事で真のエンディングを向かえる事ができるのですが…。
ここでリドラーのリドルが高いハードルとして立ちはだかるって訳です。マジで辛いよ…。

バットマンに対する愛しかなかった!

bat3

バットマンの世界を素晴らしいクオリティで再現してくれた事にまず感謝!そして自分の好きを全力で再現できる幸せ者達に嫉妬。生誕75周年を超える長寿作品をゲーム化するという重圧は凄まじいものでしょうねぇ…。

これは最高のキャラゲーだ。しかし、楽しむ為にファンである必要はない!

ゲーマーを自負するなら今すぐ飛び込むべき作品。
遊びやすいのでオープンワールド初心者にもオススメです!


関連リンク:【バットマン:アーカム・ナイト 公式サイト

きゃすとの評価:【
Amazon:バットマン:アーカム・ナイト

SPONSORED LINK

関連記事

【ゼルダ無双レビュー】評価は「アドベンチャーモード」次第!?人気タイトルのコラボにより新たな伝説は生まれるのか?

今回は【WiiU】専用ソフトとして2014年8月14日に発売された「ゼルダ無双」のレビュー記事で

記事を読む

【ブレイブリーセカンド体験版クリアレビュー】 発売日・限定版・ショップ特典情報など【本編に引継ぎ可能だからガッツリ遊ぼうぜ!】

ついに「ブレイブリーセカンド」の発売日が発表されました! 発売日は2015年4月23日

記事を読む

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【遊戯王 タッグフォース スペシャル/評価・レビュー】デュエルも出来るギャルゲーは普通のシミュレーターになりました

久々の新作「遊戯王タッグフォースSP」を一通り遊び終わりました。 前作まではパッケージソフ

記事を読む

【PSVITA】《ファタモルガーナの館CE・評価レビュー》新作〈現代編〉も収録された完全版!魂に刻まれる名作ADV

筆者が前々から応援し続けている作品、『ファタモルガーナの館』が『ファタモルガーナの館COLL

記事を読む

【ダークソウル3 評価・レビュー】シリーズ完結作 協力プレイなどの不満点を改善した親切なダクソ

心が折れそうになりながらもついつい遊んで寝不足になっちゃうアクションRPG『ダークソウル』シ

記事を読む

【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【ゼノブレイドクロス・評価/レビュー・ネタバレ含】真エンディングを思わず探してしまう未完エンド!続編はよ!

「ゼノブレイドクロス」を2週間かけてやっとクリアしました。 プレイ前から大ボリュームな

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【コトダマン攻略】《大剣士・スサノ王》って強い?友達招待でゲットできる星5キャラの実力

本記事では、【友達招待キャンペーン】で入手できる《大剣士・スサノ王

【MTG「ドミナリア」プレリレポート】リミテで強かったカードと戦利品紹介!英雄譚は鬼畜!

【MTG】最新セット『ドミナリア』のプレリリースに参加して参り

【MHW:ロックマンコラボ】武器別で変化するBGM全まとめ!スネークマン・ブルースステージはやっぱり最高!

『モンスターハンターワールド』に実装された『ロックマン』コラボ

【ネタバレ注意「ダンジョン飯」6巻感想レビュー】シュローとの対立と発露するライオスの狂気

【ファンタジー×グルメ】の奇跡の融合、『ダンジョン飯』の最新第

【最新パック「ドミナリア」収録・英雄譚カード考察】MTGの歴史を辿る新システムに心高鳴る【アンティキティー戦争追記】

公式のお漏らし等、割とクリティカルなトラブルこそありましたが、

【MTGスタン《パワーストーンの破片》の使い方・考察】コロッサスデッキ再興!?機械化製法や蜃気楼の鏡で楽しもう!

次々に公開されていく『ドミナリア』スポイラーですが、その中でも

【MTG】ドミナリア収録《鉄葉のチャンピオン》等のトリプルシンボルクリーチャー特集!白の栄光の頌歌能力強そう!

週末のストアチャンピオンシップでプロモ版の《鉄葉のチャンピオン

【MTG・ドミナリアに収録されるPWカード評価・考察 】テフェリーとカーンは雑に強そう

『ドミナリア』来訪という事で、収録されるプレインズウォーカーも

→もっと見る

PAGE TOP ↑