【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

公開日: : ゲームレビュー

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

まぁ私自身、結構遅れて遊んだってのもありますが、逆に好き過ぎてすぐには記事にできなかったってのもあります。

全てのエンディングを踏破した後も何度も何度も周回を重ねたくなる不思議な魅力。世界中で愛され続けているインディーズ界の怪作、《Undertale》の魅力の一端を皆さんにご紹介します。

SPONSORED LINK

《アンダーテール》とは?

UNDERTALE - PS4 (【永久封入特典】ストーリーブックレット 同梱)

『Undertale(アンダーテール)』とは、インディーズゲーム制作者トビー・フォックス (Toby Fox)氏が2015年にWindowsおよびOS X向け発売したインディーズゲームです。

ビジュアルやストーリーのインパクトによって瞬く間にブームとなり、その後さまざまなプラットフォームに移植。日本国内ではダウンロードor通販専売という形をとっていましたが、この度、PS4でパッケージ販売にまで漕ぎ着けたユーザースコア最強の隠れてない隠れたインディーズタイトルの名作です。

なお、ニンテンドースイッチでの発売も予定されており、今後の展開にも期待されています。

余談:アンダーテイルなのかアンダーテールなのか表記に戸惑うタイトル。まぁ、どちらでも問題ないって事ですね。

何処か懐かしい温かみを感じるグラフィック

マザーシリーズと比較される本作ですが、それはこの温かみを感じるドットによるグラフィックが所以だと思います。実際見た目だけでなく、何処となく抜けているけど核心をついてくるようなキャラクター・セリフの数々もマザーへのリスペクトを感じる事ができます。

中にはマザーのパクリとか心無い言葉を放つ人もいますが、似ているのは側だけで中身は全く異なる作品です。どちらも好きな私からすると、比較される理由はわかるけどパクリと糾弾される事には違和感しか感じません。

その裏に隠された二面性

暖かいグラフィック、誰も倒さずにクリアという選択がとれるRPG、etcetc、要素を挙げて行くと何やらとても優しい世界の様にも感じますが、それらの裏に隠された二面性ともいうべき「牙」を持った作品。それこそが『Undertale(アンダーテール)』最大の魅力と中毒性を支える重要なファクター。

何気ない選択の全てが世界に常に影響を与え続けているという恐怖。

そして、それによって招かれる結末の重さ。常に変化していくこの世界の行く末を観測してみたいというプレイヤーの感情が、この世界を染め上げるのです。

比較対象であるマザーも表面的には優しいけど裏にはトンデモない邪悪を抱えていたりしましたよね。これもまた二つの作品をつなぐ共通点と言えるかもしれません。

誰も傷つけないという選択・全てを殺すという選択

本作は大きく分けると3つのルートに分岐します。

分かり易く言うと、全てを許す優しい世界・すべてを倒す殺戮の世界・どちらでもない世界

ここだけ見ると「女神転生」的な要素も含んでいると感じる人もいるかも知れませんが、まぁ大きくは外れていません。その振り幅がより顕著になった作品と考えると分かりやすいかも?

これ以上話してしまうとネタバレに関わって来るので伏せますが、「自分がとった選択は消えない」これだけは覚えておいてください。

辛い選択・優しい選択・半端な選択、それらアナタが選んだ全ての選択・行動がアナタだけの『Undertale(アンダーテール)』を作り出す

それはゲーム内の演出というだけでなく、自分自身のハートにどんな爪痕を残すとかそういうレベルの話。プレイした後に何かが残る。この作品はそういうパワーを持っています。

選択によって大きく変化する難易度

ここまでのレビューを読むとどことなく雰囲気ゲーの類に感じられるかもしれませんが、ゲームとしての遊ばせ方も秀逸で、自分のとった行動・選択はゲーム難易度と言う形で自らに帰ってきます。

特にGルートと呼ばれるルートの難易度は常軌を逸したものであり、その高い難易度ゆえにトロフィー獲得(PS4版)要素から外されている程。

初見プレイでノーミスクリアできる人は恐らくゼロと言っても良い程の死にゲー的側面も備えています。(私はマジは話80回以上は死んだと思います)。

独特だけど中毒性の高い戦闘パート

タイミングよく攻撃ボタンを押したり、攻撃の回避方法がシューティングじみていたりと色物オーラ凄まじい本作ですが、慣れてくるとこの独特な戦闘方法が病み付きになって来るのです。

海外ではコマンド式のRPGが支持されにくいという土壌があるようですが、そういう土壌だからこそ生まれたコマンド選択式のRPGと言えるのではないでしょうか?

タイミングよく攻撃ボタンを押すって所だけ見ると、これまた「マザー(マザー3のサウンドバトル)」を彷彿とさせるものがあります。やっぱりトビーさんは生粋のマザーファンと見て間違いなさそうですね。

世界を魅了する中毒性の高いBGMも魅力的

Undertale Soundtrack

関連記事: 【〈アンダーテール〉楽曲・BGM・サントラ情報】CD購入はFangamer!アマゾンプライムミュージックでも聴けますゾ!

オリジナルサウンドトラックだけでなく、リスペクトしたカバーアルバムが沢山出ている事。ファンがセルフアレンジした楽曲がYoutubeにたくさんUPされている事から見てもその人気は本物です。

これに関しては上の関連記事をご覧いただいた方が良いので、そちらのURLを用意しておきます。

ちなみに私のイチオシは、「Battle Against A True Hero」と「Megalovania」の二曲です。

世界中で愛される理由がそこにある

正直な話、愛が重すぎてレビュー化するのには抵抗があったのですが、時間を置くことで自分の気持ちに折り合いをつける事が出来ました。

もう全く隠れていない名作中の名作ですが、パッケージ化されたことで手に取る人もいらっしゃると思います。世界中に愛される理由を是非ともご自分の手で体験してみて下さい。

SPONSORED LINK

関連記事

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【PSVITAで遊ぶホラーADV「死印」体験版レビュー】ビジュアル・音楽による恐怖演出は良好…

2017年6月1日に【PSVITA】で発売予定の『死印(しいん)』の体験版をプレイしました。

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【ニンテンドーSWITCH(スイッチ)購入開封レビュー】ジョイコンのスライド・取り外しには要注意!逆に付けちゃった…なんて話も

ニンテンドースイッチいじりが一通り終了したので、開封レビューをお届けします。 購入検討

記事を読む

【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。 前作の終わ

記事を読む

【ダークソウル3 評価・レビュー】シリーズ完結作 協力プレイなどの不満点を改善した親切なダクソ

心が折れそうになりながらもついつい遊んで寝不足になっちゃうアクションRPG『ダークソウル』シ

記事を読む

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォ

記事を読む

【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロ

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

Comment

  1. かもかも より:

    Undertaleほんとステキですよね・・・私もここ最近ずっとソシャゲばっかりでしたが久々に腰を据えて遊んだゲームでしたw

    BGM、私は「Spider Dance」「Asgore」を特に推してます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTGスタン】《練達飛行職人、サイ》採用霊気貯蔵器ストーム!構築が広くて面白いです【50点砲デッキ】

もう既に流行って一周回った感すらありますが、《練達飛行職人、サ

【MHW:歴戦王テオ攻略太刀装備まとめ(火力重視)】ドラケンで更新された最強火力!逆恨みや力の解放装備も面白い!

歴戦王テオ用の火力特化装備プランをいくつかご紹介します。 一

【探偵神宮寺三朗プリズムオブアイズ特典サントラ・収録曲/詳細画像】本編・アプリリメイク楽曲が24曲も収録されています

『探偵神宮寺三朗 プリズム・オブ・アイズ』の早期購入特典の情報

【歴戦王テオ・テスカトル攻略/倒し方】近接殺しの新モーションに注意!歴戦王クシャの縄張り争いで大ダメージ!?

ベヒーモスの興奮冷めやらぬ中、歴戦王テオテスカトルが配信開始となり

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】エターナルアルカディア、きみしね、レンタヒーロー等《セガBGM編vol.3》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ジェットセットラジオの疾走感《セガBGM編vol.2》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

【MHW・魔獣ベヒーモス攻略・倒し方】即死のエクリプスメテオはコメットで防げ!敵視コントロールが超重要!

敵視コントロール、即死攻撃(エクリプスメテオ)、ミールストーム誘導

【Amazonプライムで聴けるゲーム音楽】ソニックのサントラ《セガBGM編vol.1》

Amazonプライム会員特典に含まれているゲームサントラのラインナ

→もっと見る

PAGE TOP ↑