【ゼロエスケープ 刻のジレンマ評価・レビュー】極限脱出999・善人シボウデスの正統続編 【過去作のストーリーを復習しよう】

zeroes
『極限脱出9時間9人9の扉』極限脱出ADV 善人シボウデスの正統続編に当たる「極限脱出」シリーズ最新作『ZERO ESCAPE 刻のジレンマ』をクリアしました。

一作目である『999』の発売が2009年なので、およそ7年越しのシリーズ作品。設定や世界観がただでさえ複雑な上にこれだけ長いスパンでやってるので、一見さんは完全にお断りムードって感じになっちゃっていますが…ファン的には本作も中々に楽しめました。

完結作だったらもっと良かったんだがなぁ~(しみじみ)

∇ゲーム情報

  • プレイ環境:【PSvita】
  • ジャンル:【脱出×サスペンス】
  • プレイ時間:【20時間~個人差有】
  • 公式サイト:【ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
SPONSORED LINK

生死を賭けた脱出ゲームと究極の決断の連続

2016-07-06-154401

ゲーム構成は過去シリーズと同様。基本的にアドベンチャーパートでストーリーが進行して、その間に挿入される脱出ゲームをこなしていくというもの。脱出ゲームの最後には生死を分けるDicisionゲームが待ち構えています。(理不尽な二択の連続!!)

謎解き難易度に関しては『999』よりも難しくて『シボウデス』よりも少し簡単って印象でした。
個人的には謎解きよりもアイテムの収集漏れで足踏みする場面が多かったかな~w

絡まった伏線と謎を紐解くストーリー

2016-07-06-154319

ゼロを名乗る謎の人物によって男女9人が監禁されて命を賭けたデスゲームを強制させられる流れはいつも通りですが、本作の見所は何と言っても怒涛の伏線回収…これに尽きます。
回を重ねる毎に増えていき蓄積した謎、そして、張り巡らされた伏線の数々をこの一作でほぼ回収するという超離れ技!良くぞきちんと着地させたな~ってのが正直な感想。

終幕に向かって繰り広げられる怒涛の展開は正に驚きの連続!全ての謎や疑問に決着がついた訳ではありませんが、情報量はかなり濃密です!

親切なシステム そして、それすらも逆手にとる巧妙なロジック

2016-07-06-154126

数多に枝分かれするエピソードの数々を一目で把握できるフローチャート。物凄く複雑な構成のゲームですが、これのおかげで進行上戸惑うことはほとんどありませんでした。しかし、そんな親切なシステムをも逆手にとるとは…。驚きです!!(詳しくは自分の目で確かめてね!)

概ね良好だったシステム回りですが、唯一つメモ機能だけはいただけませんでした。ほとんど使い物にならないので、序盤から物理メモ帳(実物)最強伝説状態に!(実物のメモ帳に勝る利便性はほぼないので素直にこっちを使うのもアリですな~)

物語に深みを持たせる豪華声優陣による見事な仕事

2016-07-06-102008

物語に深みを持たせる豪華声優陣による迫真の演技は必聴!特にダイアナ役の能登麻美子さんは彼女の強さと脆さを絶妙に表現していて素晴らしかったです。エンディングの1シーンでは思わずドキッとする場面も!?

あと、杉田さんのカルロスも叫び演技よかったですぞ~(マッチョ系外国人はハマリ役だねw)

♦その他キャスティングは以下の通り

  • カルロス:杉田智和
  • 茜:沢城みゆき
  • 淳平:鈴木達央
  • Q:豊崎 愛生
  • ミラ:坂本真綾
  • エリック:石田彰
  • ダイアナ:能登麻美子
  • ファイ:小見川千明
  • シグマ:小野大輔
  • ゼロ:???
  • ガブ:ワンワン

シリーズの流れを復習しよう!(過去作ネタバレ有)

2016-07-05-233941

1作目2作目の主人公である茜・淳平・シグマ・ファイは過去作とリンクする部分が多く、本作の面白さを大きく左右する存在です。「もう内容忘れちゃったよ…」って人もたぶん結構多いと思うので、簡単にではありますが、過去作の大まかな流れをおさらいしてみましょう!

※:ネタバレを多分に含むので過去2作品を未プレイの人は自己責任でお願いします。
気になってるけど2本もプレイするのは色々ときついって人は、せめて『善人シボウデス』だけでもプレイしましょう!(お約束です)

極限脱出9時間9人9の扉

999

物語の9年前に起こった「少年少女連続誘拐事件」で犠牲となった茜(紫)を「形態形成場仮説」を利用して救い出す為に、茜(紫)と兄:サンタが首謀したシリーズの始まり。

沈没船(実際には違う)を舞台にした極限脱出の末、淳平は無事9年前の茜を救い出す。全てを終えて外へと出た淳平は思い人である茜を探すが、そこには既に茜とサンタの姿は存在しなかった…。

本作へのプロローグ
その後、茜を探す為に裏社会へと身を落とした淳平…。必死に探して探してついに茜が今回のDcom実験に参加する事を突き止める。すっかり心は荒んでしまったようだが茜への思いは変わっていないはず!?

極限脱出ADV 善人シボウデス

zennin

2028年12月31日にDcom(本作)で起こったとされている凶悪ウイルス【ラジカル6】の漏洩を防ぐ下準備の為に、2074年のシグマ(67歳)と茜(老婆)が共謀したシリーズに二作目。具体的にはファイの意識とシグマ(67歳)の意識を2028年12月25日の過去へと飛ばすことが目的。

本作へのプロローグ
45年もの歳月を賭けた計画を達し、ファイと共にDcomへと潜入したシグマ。だが、具体的に何が起こるのかは分からない。二人はいつの間にかとある計画の渦へと巻き込まれていたのであった…。

総評:過去二作には劣るがそれでも面白い

2016-07-05-232804

ゲームとしての完成度は過去2作に劣りますが、謎解きの難易度や謎・伏線回収の鮮やかさなど評価する部分は多分にありました。シリーズを重ねるごとに駄作化するシリーズが多い中、挑戦しつつもファンをきちんと楽しませる姿勢には頭が下がります。しかし、シリーズが長くなりすぎて新規ユーザーが付きにくいという致命的なジレンマがあるのは間違いないと思うので、これからもシリーズを続けるつもりならばトリロジーボックス的なものを用意するべきかもしれません。

まぁ、でも…。そろそろ「極限脱出」シリーズ以外の打越作品も見たいってのが本音かな~!?どちらにせよ良質なアドベンチャーゲームはそれだけで貴重な存在なので、これからも応援していきたいです。

きゃすとのオススメ:
Amazon:ZERO ESCAPE 刻のジレンマ
SPONSORED LINK

関連記事

【PSVita:「DEEMO~ラスト・リサイタル」評価・レビュー】音ゲー初心者にもオススメ 物語と音で感じるリズムゲーム

リズムゲームと美しいファンタジーの世界が融合した、目と耳で感じる音ゲー「DEEMO~ラスト・

記事を読む

【真・女神転生Ⅳファイナル 評価・レビュー】メガテン4の正統派続編 システム・ストーリーを昇華させた完成度の高い完結編

大人気RPGシリーズ「真・女神転生」のナンバリング4作目である「真・女神転生Ⅳ」の正統派続編

記事を読む

【アンチャーテッド4海賊王と最後の秘法 評価・レビュー】ネイト最後の大冒険はシリーズ最大級の衝撃と面白さに満ちていた!

『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に続くアンチャーテッ

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

【幻のゲーム「スターフォックス2」クリア評価・レビュー】無印と64の中間的な作品。シリーズへの継承を感じる3D体験

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」に収録された幻の未発売タイトル『スターフォ

記事を読む

【13年ぶりの続編:うたわれるもの-偽りの仮面-評価・レビュー】ストーリー重視の難易度低めアドベンチャーSRPG

2002年にPC専用ソフトとしてリリースされ人気を博したアドベンチャーゲーム『うたわれるもの

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)レビュー・評価】SFバーテンダーAVGの面白さの秘密はどこにある?

ベネズエラの大地が育んだ日本ライクなAVG作品『Va-11 Hall-a(ヴァルハラ)』をク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

管理人超オススメの一本!

【任天堂らしい新たな遊び「ニンテンドー ラボ」】スイッチとダンボールの融合が無限の可能性を創造する

本日(2018/1/18)の早朝に公開された『ニンテンドーダイ

【MTGスタンダード最新禁止カード・2018/1/19発行】《霊気との調和》《ならず者の精製屋》《暴れ回るフェロキドン》《ラムナプの遺跡》が禁止カードに

MTGスタンダードの禁止改訂(2018/1/19日発行)が発表され

【MTGプレリリース「イクサランの相克」感想】面白かった・強かったカード!新ファートリの実力や如何に!?

最新パックの発売日一週間前という事で、プレリリース「イクサランの相

【ゲーム音楽】聖剣シリーズ初のオーケストラ盤とニャンコ大戦争に注目!【ゲームサントラCD発売日一覧・2018/1月】

年明け早々という事でサントラの発売状況もかなり緩やか。

【イクサランの相克収録カードリスト『多色・両面・PW』カード考察&評価】ファートリちょっと手加減し過ぎじゃない?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

【イクサランの相克収録カードリスト『緑』カード考察&評価】《翡翠光のレインジャー》で二回探検が強いんじゃ!?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

【イクサランの相克収録カードリスト『赤』カード考察&評価】《血染めの太陽》《凶兆艦隊の向こう見ず》《再燃するフェニックス》…赤のレア強くね?

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

【イクサランの相克収録カードリスト『黒』カード考察&評価】《誓いを立てた吸血鬼》と《黄昏の預言者》が好き

「イクサランの相克」に収録されるカードのリスト・能力考察記事です。

→もっと見る

PAGE TOP ↑