【小島監督最新作『デスストランディング』最新PVから見えた新たな謎】カエラル濃度・ドゥームス・絶滅因子とは!?

公開日: : game情報

本記事は、【E3 2018】で公開された『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』の最新PV(日本語音声)で明らかになった情報を、独自の観点から考察・まとめた記事です。

あくまで筆者が独自で繰り広げた考察なので、鵜呑みにし過ぎないようにお願いします。

©KOJIMA PRODUCTIONS

SPONSORED LINK

『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』E3 2018ティザートレーラー(日本語音声)

サム・ポーター・ブリッジス【CV/津田健次郎氏】

伝説の配達人の異名を持つ本作の主人公。日本語cvは津田健次郎氏。

カエラルアレルギーという症状を持ち、ドゥームスと呼ばれる存在らしい。カエラルアレルギーを持つ人の特徴は、流れ落ちる涙から判別できるらしく、その症状によってレベルが異なるようです。

サムは「絶滅因子」と呼ばれる因子を持ってはいるものの、謎の女性①よりも症状は軽いらしく、謎のステルス集団をハッキリと視認する事はできず、感じられる程度らしい。

ドゥームスと言うのは、あちら側を可視化できるいわゆる霊視能力を持つ人間の事を指すのでしょうか?そう考えるのであれば、あのパクパクしてる機械は霊体を感知するセンサー的な存在なのかもしれません。

今回、彼が何を配達しているのかはまだ明らかになっていませんが、胸に抱えるあの赤ん坊を運んでいると考えるのが自然でしょうね。

謎の女性①【CV/水樹奈々氏】

今回のPVから登場した同業者っぽい女性。日本語CVは水樹奈々氏。

サムと同じく「絶滅因子」を持っているドゥームスであり、その症状はサムよりも重いようです。

どれくらい見えているかは定かではありませんが、サムよりも見えざる者たちがはっきりと視認できるようですね。

PV終盤で虫のような固形物を口にしる意味深なシーン。

台詞にあった「クリプトビオシス」とは、『クマムシなどの動物が乾燥などの厳しい環境に対して、活動を停止する無代謝状態のこと。水分などが供給されると復活して活動を開始する(クリプトビオシスwikiから引用)』事を意味する言葉です。

あの虫がクリプトビオシス状態にあるのであれば、体内の水分で生命を再活動させるのでしょうか?

…というか、水によってクリプトビオシスが解かれるってのは一種のヒントかもしれません。

今までのPVを振り返ってみると、雨、海辺、用水路と豊富な水場と謎のステルス集団は密な関係にあります。あのクリーチャーたちは水によって活性化する存在なのかもしれませんね。

謎の女性②【CV/井上喜久子氏】

PVの最終盤で登場した謎の女性②。日本語CVは井上喜久子氏。

「私が誰だかまだ分からない?」とサムに問いかける女性。「誰なんだ…」と返答するサム…。

並々ならぬ関係である事は間違いないでしょうけど、この二人の関係はまだ見えてきません。

…と言うか、サムって記憶喪失とかなのかな?

無線の男①、②【大塚明夫氏/三上哲氏】

サムと無線会話する二人の男性。声は大塚明夫氏と三上哲氏というメタルギアコンビですが、会話の内容からするとバックアップ役っぽいですね。

デルトロ氏をモデルにした博士役をどちらかがやってる可能性が高いですが、現時点では何一つ確証はありません。

無線では、豪雨の事を「とき雨」と呼んでいますが、これは普通の雨ではないのでしょうか?

「とき雨」によって「カエラル濃度」が上昇し、謎のステルス集団が大量発生している状況のようですが、何かを奴らにとられる(赤ん坊?)と「ボイド(気泡や超空洞を意味する)アウト」するらしく、絶体絶命のピンチという事だけは理解できます。

帰還者だからサムは戻れるけど、そこら辺一帯はクレーターになるって発言もよく分かりませんね。

動画内に出て来た謎の言葉たち

伝説の配達人
サムは伝説の配達人らしい。今回運んでいるのは赤ん坊?


カエラルアレルギーを持つ人は特有の涙を流すらしい。

カエラルアレルギー
カエラルアレルギーの症状は不明だが、その症状を持つ者は「ドゥームス」と呼ばれる。見えざる者たちを可視化する霊視的な能力を持っているようだ。

ドゥームス
カエラルアレルギーを持つ人の総称。持ちうる因子によってレベル区分がある。「絶滅因子」を持つ者は最高レベル認定を受ける?同じ因子を持っていても見えざる者たちを可視化する能力は前後するようです。

カエラル濃度
「とき雨」と呼ばれる雨の影響、または水によって上昇する危険濃度。これが上がるとステルス集団がワラワラと湧いてくるみたい。

とき雨
特別な雨なのかどうかは不明。怪奇現象を発生させる程の大雨と認識する事も出来る。呼び水的な現象なのかもしれません。

見えざる者たち
謎のステルス集団は水をトリガーとして大量発生すると考えて間違いなさそう。無線から汲み取れた情報によると、奴らに何かをとられるとボイドアウトする(厳密な意味はまだ不明)、しかし、サムは帰還者だから戻れる、だが、そこら一帯はクレーターと化す。…クレーター化するのにサムは帰還できるってのがよく分からない(帰還者は自分のポータル的なモノを持っている?)。

クリプトビオシス
無代謝状態を指す言葉。水によってクリーチャーが活性化するというのであれば、色々と辻褄があいますね。「とき雨」にも耐性が付く発言も気になります。

PVだけでスゲェ引き込まれますね…流石です

日本語吹き替え版が出てきた事で色々と見えてきましたね!

発売日の発表などはまだですが、絶対に面白いという謎の確信が自分の中に芽生えつつあるのを感じています。

今からハードルを高くし過ぎるのは正直怖い所もありますが、監督なら信じられる。そう感じさせてくれるんだから、やっぱり小島監督は凄いです。

SPONSORED LINK

関連記事

【任天堂・ポイント】「クラブ.ニンテンドー」をアナタは利用していますか?ポイントを使ってオリジナルグッズをゲットしよう!

任天堂ハードのゲームソフトを購入すると入っている黄色い紙 アナタはどうしていますか? 【

記事を読む

【AC版・ディシディアファイナルファンタジー】最新トレーラー・動画!シリーズ初の多人数バトルシステム搭載の格闘アクションゲーム

2015/2/14に「幕張メッセ」にて開催された、「ジャパン アミューズメント エキスポ2015

記事を読む

「薔薇と椿とファタモルガーナ」伝説のFLASHゲーム「薔薇と椿」と「ファタモルガーナの館」のコラボ作品。鋭いビンタで呪われたヒロイン達の目を覚ませ!

ヒロイン達の戦いが今始まる! 伝説のFlashゲーム「薔薇と椿」と「ファタモルガーナの館」の夢

記事を読む

【ゼルダシリーズ・サントラ】『30周年記念盤 ゼルダの伝説 音楽集』の発売が2016年9月28日発売決定!

「ゼルダの伝説」シリーズ30周年を記念したサウンドトラック『30周年記念盤 ゼルダの伝説 音楽集

記事を読む

【ストリートファイター5】ナッシュの参戦が確認できるトレーラー動画が公開!ガイルが熱くなるなぁ

少し前のイベントで「小野」さんが「ナッシュ」のコスプレしてたから、噂にはなってましたけど、本

記事を読む

「TOKYO XANADU/東京ザナドゥ」日本ファルコムが2015年最初に発売するタイトル「ザナドゥ」っていったい何!?

なんだか、いきなり発表されてて「オラ、びっくりしたぞ!」 「東京ザナドゥ」って言われてもピンと

記事を読む

【任天堂らしい新たな遊び「ニンテンドー ラボ」】スイッチとダンボールの融合が無限の可能性を創造する

本日(2018/1/18)の早朝に公開された『ニンテンドーダイレクト』にて、ニンテンドースイ

記事を読む

【ロックマン11運命の歯車が2018年に発売】現代風の新テイストでロックマン復活!!

多くの少年たちのハートを熱くさせた「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11運命の歯車』が20

記事を読む

【ゼノブレイドクロス】バトルや成長システムを動画で確認!装備品・コスチュームも豊富だな!

私が【WiiU】を購入した理由のひとつである『ゼノブレイドクロス』がついに来月4月29日に発

記事を読む

【E3】フロム新作『隻狼:Shadows Die Twice』が凄く面白そう!『メタルウルフカオス』も帰って来るぞ!

E3にて、フロムソフトウェアの新作『隻狼:Shadows Die Twice』が発表されまし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MHW:歴戦王ゾラマグダラオス攻略/弱点&倒し方】落石、大砲、拘束弾、撃龍槍、使えるものは何でも使え!!

気付いたら歴戦王ゾラ・マグダラオスの配信日になってた(驚)。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

→もっと見る

PAGE TOP ↑