【ブレイブリーセカンド・クリアレビュー/評価】バトル・ジョブシステムは最高だが、気になる点も多い作品

公開日: : 最終更新日:2016/08/06 ゲームレビュー , , ,

DSCF3755

ブレイブリーシリーズの第2作目、「ブレイブリーセカンド」をクリアしました。

前作の終わり方が個人的に満足するものだったので、実は続編の展開自体に肯定的ではありませんでした。しかし、事前に配信された体験版が想像以上に楽しかったので、期待と応援の意味も込めて購入・プレイさせていただきました。

前作は無印「ブレイブリーデフォルト」のみプレイで、アッパー版である「フォーザ・シークウェル」に関しては未プレイです。

SPONSORED LINK

前作のプレイは必須!?


※「ブレイブリーデフォルト」ネタバレ注意!

公式が「5分でわかるブレイブリーデフォルト」という復習・予習用の動画を用意してくれているので、この動画で大まかな流れをつかむ事は可能です。しかし、100%楽しもうと思うのならば、やはり、「ブレイブリーデフォルト」+「ブレイブリーセカンド無料で遊べる三銃士編」を遊んでからプレイする事を強くオススメします。

前作の重圧に新キャラやシナリオが押し潰されている

マグノリア

新キャラである「ユウ」や「マグノリア」は良いキャラなのに、前作のキャラクター達が前面に出過ぎていているせいで、完全に魅力を食われています。

いっその事パーティ全員新キャラにして、前作キャラクターはゲスト参戦だとか、別行動とかにした方が良かったのではないでしょうか?

シナリオに関しても同様で、「前作の驚きと感動を超えなきゃ!」という作り手側の重圧の様なものを薄っすらと感じ、斜め上へ斜め上へと展開していくストーリーとギミックに若干食傷気味でした。

「ユウ」と「マグノリア」の距離感の変化や掛け合いの描写は良かったです。

くどいメタ発言とパロネタの数々

全体的に作り手の影を感じてしまうメタ発言やパロディネタがふんだんに盛り込まれています。こういうノリが好きな人には良いかも知れませんが、不要に感じる人の方が断然多いのではないでしょうか?確かに、前作「ブレイブリーデフォルト」にもゆる~い展開や寸劇はありましたが、真面目と不真面目の境界はキチンと存在していたはずです。

アンソロジーや同人のノリを公式が忠実に再現してしまった感は否めません。

メインシナリオにアンマッチすぎるサブシナリオ

前作のキャラクター達が多数登場するサブシナリオの数々。本来ならば大喜びするようなファンサービスのはずなのに、本編シナリオを「ブチッ」と断絶するような関係のないノリや展開が多すぎるせいで、全然楽しめない…。メインシナリオ上にうまく乗せる事を放棄して、取って付けたサブシナリオとして仕上げたって感じがしました。

中には面白い・興味深い内容のものもあったのですが、付け焼き刃感が気になって素直に楽しめなかったと言うのが本音です。

贅沢に、そして意欲的な進化を遂げたバトルシステム

バトルシステムに関しては前作が楽しめた人なら安心して楽しめるものに仕上がっています。

特に、ジョブ・アビリティシステムは種類が多いのにも関わらず、しっかり差別化できていて感心しました。新ジョブだけでなく、旧ジョブにもキチンと手が加えられているのも高評価です。

エンカウント操作は流石にやり過ぎでは…!?

オートバトルや高速戦闘は非常に快適で良かったのですが、流石にエンカウントを完全に操作できてしまうのは如何なものか!?

確か、1作目の統計でクリア率が低かった為に「フォーザ・シークウェル」で取り入れられられたシステムだったと記憶していますが、ここまで行くと親切設計って言葉で説明できる代物じゃないです。

「最後まで遊んでもらいたい。」という気持ちから生み出されたものだと思いますが、これは少しズレているんじゃないかなぁ…。

バトルシステムは高水準だが、シナリオは好みが割れる

三銃士

この三銃士についてもそうですが、奇を衒った展開をあえてしていくスタイルなので、シナリオに関しては大きく意見が割れるでしょうね。空気読めなさ過ぎる寸劇やマヒャドすぎる寒いパロディの数々に目をつぶればシナリオ自体はそんなに悪くはないだけに少し勿体無いです…。

お話の舞台装置としてメタ要素が含まれているから、神の視点が解説などに介入してもOKって考えなのかもしれませんが、そういう要素を含むからこそ、その境界は大事にしてほしいと思うのは私だけでしょうか!?

音楽については元々サンホラ好きな私が語るとバイアス掛かりまくるのであえて触れませんが、そんなに悪くなかったですよ。魔王戦の曲とか結構好きかな

悪いことばかり書いてしまった気がしますが、一作目の出来が良過ぎて、二作目で躓くってのはよくある話です。ここで大事なのは「それは、やり直す勇気!」ってやつだと思います。
次は大きく飛翔してほしいなぁ~。

ミニゲームの「カプカプメーカー」はとても楽しかったのでアプリ化してもいいかも!?

Amazon:ブレイブリーセカンド
きゃすとの評価

SPONSORED LINK

関連記事

【ゼロエスケープ 刻のジレンマ評価・レビュー】極限脱出999・善人シボウデスの正統続編 【過去作のストーリーを復習しよう】

『極限脱出9時間9人9の扉』『極限脱出ADV 善人シボウデス』の正統続編に当たる「極限脱出」シリ

記事を読む

【PSVITA】《ファタモルガーナの館CE・評価レビュー》新作〈現代編〉も収録された完全版!魂に刻まれる名作ADV

筆者が前々から応援し続けている作品、『ファタモルガーナの館』が『ファタモルガーナの館COLL

記事を読む

【どうぶつタワーバトルの面白さと流行った理由は何か?】技術と運の要素が絶妙にクロスした本格対戦型パズルゲーム(eスポーツ)

皆さんは、『どうぶつタワーバトル』というスマホゲームをご存知でしょうか? 現在、ツイッター

記事を読む

【真・女神転生Ⅳファイナル 評価・レビュー】メガテン4の正統派続編 システム・ストーリーを昇華させた完成度の高い完結編

大人気RPGシリーズ「真・女神転生」のナンバリング4作目である「真・女神転生Ⅳ」の正統派続編

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【PS4『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー』評価・レビュー】水着コスも堪能できる・DLC全入りの完全版!

【PS4】『シャンティ:ハーフ・ジーニーヒーロー 』のストーリーモードをクリアしました。

記事を読む

【メタルギアサヴァイブ評価・レビュー】ネットのクソゲー評価にご用心!粗削りだが面白くて中毒性の高いサバイバルアクションゲーム

端的に言うと、『メタルギアサヴァイブ』は粗削りで乱雑なゲームです。 しかし、その乱雑さの中

記事を読む

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【幻影異聞録♯FE 評価・クリアレビュー】ペルソナ風味ファイアーエムブレム添え!ロード時間の気になるスロースターターRPG

アトラス×任天堂が送る夢のコラボ作品『幻影異聞録♯FE(エフイー)』をクリアしました。

記事を読む

【ニンテンドーSWITCH(スイッチ)購入開封レビュー】ジョイコンのスライド・取り外しには要注意!逆に付けちゃった…なんて話も

ニンテンドースイッチいじりが一通り終了したので、開封レビューをお届けします。 購入検討

記事を読む

Comment

  1. ゆん より:

    魔王戦の曲Revoさんの曲みたいですよー

    • cast より:

      コメント感謝です。フォーザシーク・ウェルで追加された曲だったのですね…どうりで好みな訳だわ…。(納得)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【灯争大戦・続唱構築5勝デッキレシピ】二ヴ=ミゼット再誕で完走してしまった・・・

MTGアリーナの人気イベント『続唱構築』で5勝したレシピを紹介

【MTG】ゴルガリボーラスの城塞デッキレシピ・黒緑チャレンジャーデッキの改造案にどうぞ!

金魚で紹介されていた【ゴルガリ城塞デッキ】が面白そうだったので回し

【MTGスタンダード・二ヴ=ミゼット再誕デッキレシピ】4マナから新生化で再誕するミゼット様!

下環境では《白日の下に》でシュートされているらしい再誕ミゼット様。

【MTGアリーナ】ラヴニカ構築5勝デッキレシピ・ラヴニカ以降のアーキタイプがオススメ

MTGアリーナで開催中のイベント『ラヴニカ構築』で5勝したデッ

【灯争大戦スタンダード・新ラルを使った破滅の終焉ワンキルコンボ】ナル・メハで無限バーン!

ツイッターなどで話題になっている【ラル×破滅の終焉×ナルメハコ

【MTG】戦慄衆の解体者&ジュディス入りマルドゥアグロデッキレシピ【灯争大戦・新スタンダード】

新ソリン入りの白黒クラッツを少し前にご紹介しましたが、今回はそこに

【MTGスタン】《猪の祟神、イルハグ》と相性の良いクリーチャー案・銛撃ち,凶兆艦隊の向こう見ず等

どうも、イルハグを3枚も素引きした管理人です! 素引きしたカ

【MTGアリーナ初心者・復帰勢向け用語集】対戦や配信で耳にする意味不明な言葉まとめ

MTGにはプレイヤーのみに通じる不思議な総称・略称・俗称が存在

→もっと見る

PAGE TOP ↑