【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

DSCF3512

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロム・ソフトウェアが再びタッグを組んだPS4専用タイトル『Bloodborne/ブラッドボーン』をクリアしました。

未プレイの方は、やはり『デモンズソウルズ』・『ダークソウル1・2』との比較が気になるところだと思うので、そこを中心にレビューしていきます。

SPONSORED LINK

ビジュアル・世界観について

bb84[1]

PS4専用タイトルという事もあってグラフィック面での不満はほとんどありません!逆にグロが高精細過ぎて気持ち悪く感じる人もいるレベルだと思います。

服や背景の質感なども流石は次世代機と呼べる完成度でした。

デモンズ・ダクソよりもグロくてディープ

bb101

世界観は『デモンズソウルズ』や『ダークソウル』シリーズをよりディープにした感じで、ドラゴンや巨人などの日本人でも慣れ親しみのあるファンタジーというよりはクトゥルー神話SF作品を強く意識した混沌感の高い代物に仕上がっています。

好みが分かれる作風だとは思いますが、個人的にはシリーズで一番グッときました。

今までで一番親切丁寧なシステム構築

shop

消耗品・装備品・レベルアップ・武器強化など、全ての要素にすぐ手が届く親切設計!所持限界数を越えると入手したアイテムが倉庫に自動的に送られる事に感動すら感じました。(これは人によっては世界観が安っぽくなるって意見があるかもしれませんね…。)

盾の代わりは銃!今までで一番パリィしやすい!

盾の代わりに銃を装備するのがスタンダードになった為、今までの重装で盾受けしていくスタイルが通用しなくなっています。あと、敵の配置量も気持ち多くなっているので、同時に複数を相手にする場面が多いのも特徴の一つです。

乱戦に発展しやすく、守備的な行動が不利に陥りやすい分、回避とカウンターがより輝くシステムになっています。囲まれても回避とカウンターを駆使して立ち回る様はコンセプトである”死闘感”そのものです。

また、大振りな攻撃をする敵が増えた為、パリィ攻撃(内臓攻撃)はシリーズで一番やりやすかったですね。

リゲインというドレイン攻撃のリスク

本作には”リゲイン”といういわゆるドレイン攻撃が標準装備になっています。敵からダメージを受けた直後ならば敵からその体力を返り血として取り返すことができるシステムなのですが、これがうまく駆け引きにつながっています。

”リゲイン”の存在が「アイテムの消費は最小限に抑えたい」・「長期戦になるのは危険だ!」など攻撃的で貪欲な考えを抱かせ、常にリスク管理をプレイヤーに迫ってきます。ここはとても緊張感があって良い部分だと感じました。

長いロードと繋がり難い共闘プレイ

ゲームの性質上、自然とトライ&エラーの連続になります。その度にあの長いロード画面を眺める事に苦痛を感じる人も多いでしょうね。(※ここは是非とも改善して欲しいポイントです。)

オンラインマッチングも相変わらず難有りです。一周目はソロプレイだったので問題ありませんでしたが、2周目や聖杯ダンジョンでいざ共闘しようにも中々マッチングしてくれず、結局ソロプレイで遊んでしまいます…。

共闘や進入もこのゲームの魅力の一つなのでココも要改善ですね!
何故か「メンシスの悪夢」では大量に進入されました!(チクショウ!)

「聖杯ダンジョン」への過度な期待は禁物

自動生成ダンジョンという事でプレイするまではかなり期待値が高かったのですが、実際にプレイしてみると作業的な部分が多い印象です。確かに自動生成なんでしょうけど、コピペ感が非常に強いので、同じダンジョンを周回している感覚になってしまいます。

面白くない訳ではありませんが、過度な期待は禁物です!

人形ちゃんがかわいい

bb150
アップでみるときちんと人形である事を認識できる質感にこだわりを感じる…。
目の下のひび割れとか芸細

また、目の前でジェスチャーをするとリアクションをとってくれるので、気になる人はやってみてください。
「人形」は「火守女」に並ぶ萌えキャラだと思いますよ。こういうキャラを作るのが本当にうまい。

種類は少ないがこだわりを感じる武器の数々

DSCF3516

「ダークソウル」に比べると確かに種類は少ないですが、その分ギミックやモーションへのこだわりを物凄く感じました!特殊なギミックや可変ON/OFFで大きく変化するアクションのおかげでバリエーションは逆に多く感じるほどです。

世間的にはクソ武器認定らしいですが、私のお気に入りは「仕込み杖」
蛇腹剣はロマンだろ!!

初回限定版のアートブックも良い感じ!

DSCF3515

表紙もザラザラした特殊な加工がされていて高級感もあり、オールカラー43ページでボリュームもそこそこ。世界観に奥行きがあり、魅力的なキャラクターも多い為、アートブックは純粋にうれしいです。設定資料集は出てほしいなぁ~

DSCF3513

結局、買いなのか!?

bb121

『デモンズソウルズ』や『ダークソウル』を超えるか否かは好みによって異なると思いますが、体験すべき傑作である事は間違いないです。PS4本体を持っているならば迷わずオススメ!お財布に余裕があるのなら本体ごともやぶさかではないレベルだと思います。

私が優劣をつけるなら、デモンズブラッドボーンダークソウルダークソウル2ってところですね。(デモンズはこのシリーズ初でバイアスがかかっている部分が少なからずあると思いますが、ダクソを超えたのは似て非なる作品だったところが大きいです。)

また、シリーズ未体験の人はちょっと敷居の高いタイトルだとは思いますが、チャレンジしてみる価値は十分にあります。変な柵がないので純粋に楽しめるはず!?

これは闇に染まるっきゃないぜ…。

Amazon:Bloodborne
きゃすとの評価:
関連記事:ブラッドボーン攻略一覧

SPONSORED LINK

関連記事

【龍が如く0-誓いの場所-体験版/評価・レビュー】バトルシステムやプレイスポットについて【カラオケ動画付き】

「PS+」会員限定に「龍が如く0」の体験版が先行配信されました。 体験版を一通り遊んで

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

【世界樹と不思議のダンジョン・評価/レビュー】壺や肉がないのは残念だが堅実な作りの良作

2つの大人気ダンジョンRPGが奇跡のコラボを果たした「世界樹と不思議のダンジョン」をクリアし

記事を読む

【PS4・ADV】『ライフイズストレンジ』評価・レビュー 苦渋の選択が胸を打つ、「時間もの」アドベンチャーゲームの名作を見逃すな!

フランスのゲームスタジオ『DONTNOD』が開発して『スクウェア・エニックス』が日本向けにロ

記事を読む

【東京ザナドゥ・クリア評価/レビュー】全ての要素が平均点の普通のアクションRPG 世界観や厨二病なストーリーが許容できるかがカギ!

日本ファルコム初期の代表作『ザナドゥ』の名を冠する完全新作タイトル「東京ザナドゥ」をクリアし

記事を読む

【ブレイブリーセカンド体験版クリアレビュー】 発売日・限定版・ショップ特典情報など【本編に引継ぎ可能だからガッツリ遊ぼうぜ!】

ついに「ブレイブリーセカンド」の発売日が発表されました! 発売日は2015年4月23日

記事を読む

【ポポロクロイス牧場物語 評価/レビュー】ポポロ好きは楽しめるが牧場ファンにはオススメできない普通のRPG

「ポポロクロイス物語」と「牧場物語」、2つの「物語」を冠する人気シリーズが夢のコラボを果たし

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【13年ぶりの続編:うたわれるもの-偽りの仮面-評価・レビュー】ストーリー重視の難易度低めアドベンチャーSRPG

2002年にPC専用ソフトとしてリリースされ人気を博したアドベンチャーゲーム『うたわれるもの

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【ペルソナ5オリジナル・サウンドトラック好評発売中】購入を迷っている人は視聴用動画をチェック!

【ペルソナ5オリジナル・サウンドトラック】が2017年1月17

【SWITCH】任天堂の新ハード「ニンテンドースイッチ」の詳細発表後の感想

本日開催された(1月13日)、「Nintendo Switch

【重力猫(GRAVITY CAT)重力的眩暈子猫編】グラビティデイズ2のPVが最高だった…

記事と言うかただの動画紹介なんですが… 『グラビティデイ

【MTG】スタンダードで久々の禁止カード《約束された終末、エムラクール》《密輸人の回転翼機》《反射魔導士》!驚き!!

2017/01/10(火)の早朝4時に、新たなMTG禁止制限告

【高騰中】『サヒーリ+守護フェリダー無限トークンコンボ』は本当に使われるのだろうか?

関連記事:【MTG:霊気紛争フルスポ感想 フェリダー+サヒーリ

【MTG:霊気紛争フルスポ感想】フェリダー+サヒーリループで揺れるカラデシュ!神話は辛いがアンコモン強し!

2017年01月20日発売、MTG最新ブースターパック『霊気紛

【シャドウバース攻略】『覇食帝・カイザ』の使用・活用法について 調理開始だ《コクトゥーラ・インテグーロ》!

コツコツプレイしていた割に記事に今まで記事にしてこなかった『シ

【サガスカーレットグレイス:評価・クリアレビュー】アンサガとは別の意味で攻略本が欲しくなる傑作!

サガシリーズ25周年の記念すべき節目に発売された【PSvita

→もっと見る

PAGE TOP ↑