【ブラッドボーン評価/レビュー・デモンズやダークソウルとの比較】親切丁寧に作られた神ゲー未満、良ゲー以上の作品

DSCF3512

名作『Demon‘s Souls/デモンズソウルズ』を生んだSCE JAPANスタジオ×フロム・ソフトウェアが再びタッグを組んだPS4専用タイトル『Bloodborne/ブラッドボーン』をクリアしました。

未プレイの方は、やはり『デモンズソウルズ』・『ダークソウル1・2』との比較が気になるところだと思うので、そこを中心にレビューしていきます。

SPONSORED LINK

ビジュアル・世界観について

bb84[1]

PS4専用タイトルという事もあってグラフィック面での不満はほとんどありません!逆にグロが高精細過ぎて気持ち悪く感じる人もいるレベルだと思います。

服や背景の質感なども流石は次世代機と呼べる完成度でした。

デモンズ・ダクソよりもグロくてディープ

bb101

世界観は『デモンズソウルズ』や『ダークソウル』シリーズをよりディープにした感じで、ドラゴンや巨人などの日本人でも慣れ親しみのあるファンタジーというよりはクトゥルー神話SF作品を強く意識した混沌感の高い代物に仕上がっています。

好みが分かれる作風だとは思いますが、個人的にはシリーズで一番グッときました。

今までで一番親切丁寧なシステム構築

shop

消耗品・装備品・レベルアップ・武器強化など、全ての要素にすぐ手が届く親切設計!所持限界数を越えると入手したアイテムが倉庫に自動的に送られる事に感動すら感じました。(これは人によっては世界観が安っぽくなるって意見があるかもしれませんね…。)

盾の代わりは銃!今までで一番パリィしやすい!

盾の代わりに銃を装備するのがスタンダードになった為、今までの重装で盾受けしていくスタイルが通用しなくなっています。あと、敵の配置量も気持ち多くなっているので、同時に複数を相手にする場面が多いのも特徴の一つです。

乱戦に発展しやすく、守備的な行動が不利に陥りやすい分、回避とカウンターがより輝くシステムになっています。囲まれても回避とカウンターを駆使して立ち回る様はコンセプトである”死闘感”そのものです。

また、大振りな攻撃をする敵が増えた為、パリィ攻撃(内臓攻撃)はシリーズで一番やりやすかったですね。

リゲインというドレイン攻撃のリスク

本作には”リゲイン”といういわゆるドレイン攻撃が標準装備になっています。敵からダメージを受けた直後ならば敵からその体力を返り血として取り返すことができるシステムなのですが、これがうまく駆け引きにつながっています。

”リゲイン”の存在が「アイテムの消費は最小限に抑えたい」・「長期戦になるのは危険だ!」など攻撃的で貪欲な考えを抱かせ、常にリスク管理をプレイヤーに迫ってきます。ここはとても緊張感があって良い部分だと感じました。

長いロードと繋がり難い共闘プレイ

ゲームの性質上、自然とトライ&エラーの連続になります。その度にあの長いロード画面を眺める事に苦痛を感じる人も多いでしょうね。(※ここは是非とも改善して欲しいポイントです。)

オンラインマッチングも相変わらず難有りです。一周目はソロプレイだったので問題ありませんでしたが、2周目や聖杯ダンジョンでいざ共闘しようにも中々マッチングしてくれず、結局ソロプレイで遊んでしまいます…。

共闘や進入もこのゲームの魅力の一つなのでココも要改善ですね!
何故か「メンシスの悪夢」では大量に進入されました!(チクショウ!)

「聖杯ダンジョン」への過度な期待は禁物

自動生成ダンジョンという事でプレイするまではかなり期待値が高かったのですが、実際にプレイしてみると作業的な部分が多い印象です。確かに自動生成なんでしょうけど、コピペ感が非常に強いので、同じダンジョンを周回している感覚になってしまいます。

面白くない訳ではありませんが、過度な期待は禁物です!

人形ちゃんがかわいい

bb150
アップでみるときちんと人形である事を認識できる質感にこだわりを感じる…。
目の下のひび割れとか芸細

また、目の前でジェスチャーをするとリアクションをとってくれるので、気になる人はやってみてください。
「人形」は「火守女」に並ぶ萌えキャラだと思いますよ。こういうキャラを作るのが本当にうまい。

種類は少ないがこだわりを感じる武器の数々

DSCF3516

「ダークソウル」に比べると確かに種類は少ないですが、その分ギミックやモーションへのこだわりを物凄く感じました!特殊なギミックや可変ON/OFFで大きく変化するアクションのおかげでバリエーションは逆に多く感じるほどです。

世間的にはクソ武器認定らしいですが、私のお気に入りは「仕込み杖」
蛇腹剣はロマンだろ!!

初回限定版のアートブックも良い感じ!

DSCF3515

表紙もザラザラした特殊な加工がされていて高級感もあり、オールカラー43ページでボリュームもそこそこ。世界観に奥行きがあり、魅力的なキャラクターも多い為、アートブックは純粋にうれしいです。設定資料集は出てほしいなぁ~

DSCF3513

結局、買いなのか!?

bb121

『デモンズソウルズ』や『ダークソウル』を超えるか否かは好みによって異なると思いますが、体験すべき傑作である事は間違いないです。PS4本体を持っているならば迷わずオススメ!お財布に余裕があるのなら本体ごともやぶさかではないレベルだと思います。

私が優劣をつけるなら、デモンズブラッドボーンダークソウルダークソウル2ってところですね。(デモンズはこのシリーズ初でバイアスがかかっている部分が少なからずあると思いますが、ダクソを超えたのは似て非なる作品だったところが大きいです。)

また、シリーズ未体験の人はちょっと敷居の高いタイトルだとは思いますが、チャレンジしてみる価値は十分にあります。変な柵がないので純粋に楽しめるはず!?

これは闇に染まるっきゃないぜ…。

Amazon:Bloodborne
きゃすとの評価:
関連記事:ブラッドボーン攻略一覧

SPONSORED LINK

関連記事

【シュタゲ新作:シュタインズ・ゲートゼロ 評価・レビュー】派生作全てを繋ぐシリーズ集大成!

大人気ADV『シュタインズゲート』シリーズ最新作「シュタインズゲートゼロ」をクリアしました。

記事を読む

【PS4『スパイダーマン』評価・クリアレビュー】圧倒的な爽快感と面白さ!ゲームの為に最適化されたシナリオに大満足!

店頭消化率95%という驚異の数字を叩き出した話題作『スパイダーマン』をクリアしました。 事

記事を読む

【ファタモルガーナの館・紹介・レビュー】 同人・インディーズゲームと侮るなかれ!サスペンスホラーノベルの名作

皆さんは「AVG」や「ノベルゲー」ってお好きですか?言うまでも無いかも知れませんが、私は大好きで

記事を読む

【P5(ペルソナ5)評価・レビュー】ビジュアル・音楽・ストーリー・操作性の全てが高水準で纏まったRPGの傑作!

8年ぶりのナンバリング最新作「ペルソナ5」をようやくクリアしました。 間に別ゲー(「う

記事を読む

【ニーアオートマタ体験版プレイレビュー】アクションの爽快感がアップして最強に見える!2Bと9Sのキャラクターも良い感じでした!

2017年2月23日発売予定『NieR:Automata(ニーアオートマタ)』の体験版をプレ

記事を読む

【IGA新作・Bloodstained: Curse of the Moon評価・レビュー】悪魔城ドラキュラを彷彿とさせるファミコンライクな2Dアクション

悪魔城ドラキュラシリーズ等で有名な五十嵐孝司氏が手掛ける『Blood Stained:Rit

記事を読む

【3DS・リンカーンVSエイリアン 評価/レビュー】シミュレーションゲームの傑作!隠れさせておくのが惜しすぎる名作!

『ファイアーエムブレム覚醒』シリーズなどで有名な”インテリジェントシステムズ”が開発したニン

記事を読む

【ザンキゼロ・評価/レビュー】難易度高めの死にゲーダンジョンRPG!面白さに比例する過剰なストレス!

ノベルゲー・テキストアドベンチャーのような雰囲気をそこはかとなく感じる作風ながらも、その実態は「

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作

記事を読む

【PS4おすすめゲーム 最初に買うべきソフトはコレ!】アクション・RPG・ADV・洋ゲー あなたの一本目がここにある!

プレイステーション4のソフト購入で困ったら辿り着くそんな場所を作るべく書き始めたこの企画!

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】ゴルガリ(黒緑)対策に《トカートリの儀仗兵》はいかが?《チュパカブラ》《拾売人》《疫病造り師》を一気にメタれ!

【ゴルガリ(黒緑)】が強いと一つ前の記事でお伝えしましたが、本日は

【MTG】《ゴルガリの拾売人》が強い!《チュパカブラ》や《最古再誕》を回収するゲロゲロムーブ!

〈リミテの時に感じた《拾売人》の強さはやはり本物だった!〉 リミ

【MTG】《絶滅の星》と《真火の隊長》を使ったコンボ!20点火力が相手プレイヤーを襲う!【即死技】

《絶滅の星》が局地的に話題になっているという情報をキャッチ!

【MTG】ゴルガリ《陰惨な生類》デッキが面白い!《野茂み歩き》育成計画や《疫病造り師》の純粋な強さ!【123リアニ】

【123リアニ】の名称で有名(?)な《陰惨な生類》を本日はご紹介し

【MTG】《実験の狂乱》が面白い!《遁走する蒸気族》や《危険因子》との相性が凄まじいですね

『ラヴニカのギルド』が発売されて数日経ちましたが、使用するデッキの

【ロックマン11攻略】ボスに有効な弱点武器一覧・ボスラッシュもこれで楽勝!

『ロックマン11』のボスに有効な弱点武器(特殊武器)を解説した

【PS4『ロックマン11』評価・クリアレビュー】昔ながらの難しさと面白さ!二つのギアを駆使する横スクロールアクション!

「ロックマン」シリーズ最新作『ロックマン11 運命の歯車!!』をク

【MHW・歴戦王ナナ攻略/弱点&倒し方】歴戦王テオとの合体技に要注意!スリップダメージが痛いので耐熱の装衣推奨!

気付いたら歴戦王ナナの配信日になってた(驚)。 ナナは元々強

→もっと見る

PAGE TOP ↑