【デビルメイクライ5 評価・レビュー】シリーズ最高傑作!?完璧な形で世代交代を果たした名作!

公開日: : ゲームレビュー

シリーズ最高傑作との声も大きい「デビルメイクライ5」をクリアしました。

「デビルメイクライ」シリーズ久々のナンバリング新作の魅力を余す所なく徹底解説。新シリーズの幕開けを感じさせる大事な大事な世代交代作品に仕上がっています。

SPONSORED LINK

デビルメイクライV

公式サイト

 

ストーリー性 ゲーム性
大満足 超爽快アクション!
音楽 グラフィック
高揚感抜群の楽曲 バイオ7エンジンを使ったリッチ表現
コスパ 親切度(オプション等)
普通 難しいが救済措置もある
プレイ時間
ストーリークリアまで10時間前後
アクションゲームながらリプレイ性は高い
総評(満足度)

 

ストーリー性

ゲーム性にマッチした王道ストーリー。奇をてらった展開は少ないが、プレイしていて気持ちの良い最適なプロットが走る。

ゲーム性

3人のプレイアブルキャラクターが絶妙なバランスでクロスする。キャラクターの操作に慣れて来た頃に操作キャラクターがスイッチされるのでマンネリ化する事が無い。最初から最後まで新鮮な気持ちでプレイできる。

音楽

各キャラクターごとにテーマソングが割り振られている。戦闘開始・戦闘収量がBGMで直感的に把握できるのがとても良い。スタイリッシュアクションを彩るスタイリッシュBGM…良い仕事。

グラフィック

バイオハザード7に使用された「REエンジン」を使ったリッチグラフィック。それが60fpsでぬるぬる動く…気持ちイイに決まってる。

コスパ

アクションゲームながらリプレイ性は高い。追加アップデートが予定されている「ブラッディパレス」にも期待。

親切度(オプション等)

「オートマチックアシスト」で誰でもスタイリッシュ。アクションゲームが苦手な人・不安な人はガンガン使っていこう。システム切り替えもL3を長押し込みするだけの手軽さです。

プレイ時間目安

ストーリークリアまでは10時間前後。シークレットミッションなどをコンプすると+10時間と言った所でしょうか?フォトモードや追加dlcを含むともっと遊べますね。

総評

最近のカプコンはマジで凄い。隙が無さすぎて怖いレベル。定価購入する価値は余裕であります。

最初から最後まで魅せられる王道ストーリー!

アクションゲームはアクションの面白さが最重要。それは間違いない。しかし、同じ時間プレイするならストーリーが面白い事に越したことは無いのだ!

その点、本作(デビルメイクライⅤ)のストーリーは、アクションゲームの物語としては限りなく完璧に近い素晴らしい物でした。

表面的には、「魔王復活⇒DMCに依頼到来⇒悪魔退治!」という至ってシンプルな王道展開。しかし、その根底には【ダンテの戦う理由】【ネロの成長】【Vの葛藤】等々、プレイヤーをガッツリと引き込む熱いテーマや真実が隠れているのだ。

特に「ネロ」を取り巻く物語は必見。

世代交代は長編シリーズものにおける最大の障壁ともいえる難所ですが、本作はそれを素晴らしい形で成し遂げたと言えるでしょう。

『Ⅳ』の時点では結局「ダンテ」のオマケという印象もあった「ネロ」ですが、『V』をプレイした後で彼をオマケ(力不足)と感じるユーザーは限りなく少ないはずです。

キャラクターとしての魅力・アクション性・彼を取り巻くバックボーンetc、どの要素をとっても彼は立派な主人公でした。

新キャラクター「V」もポッと出ながらちゃんと魅力的に描かれていて、彼もまた「ダンテ」「ネロ」と並ぶ主人公の風格を持っています。

また、本作における一番の意外性の持ち主であり、物語にも重要な関わり方をしている為、「デビルメイクライⅤ」を語る上で切っても切れない存在である事は間違いありません。

徐々に疲弊していく肉体・精神を演じきった内山 昂輝氏の仕事も素晴らしかったです。

History of DMCを観れば初見さんでも大丈夫!

シリーズ初体験の人は、本編に収録されている「History of DMC」または公式Youtubeチャンネルで公開されている「5分でわかる『デビルメイクライ』ストーリー」を観ましょう。

…とりあえずはこれさえ観ておけばマジで何とかなる!

個性豊かな3人のプレイアブルキャラ!

「ネロ」「V」「ダンテ」は、それぞれ三者三様の操作性・個性を持っている。

この個性豊かな3人のキャラクターが丁度良い塩梅で切り替わっていくことで、プレイ中のマンネリ化を回避しているのが本作のうまい所でもあります。

【ネロ】消耗する新武器「デビルブレイカー」で拡大するアクション

敵によって奪われてしまった『魔腕』の代わりに操るのは、天才武器芸術家「ニコ」が作成した『デビルブレイカー』。

芸術作品である『デビルブレイカー』は衝撃に弱く、被弾によって破損してしまう(消耗)性質を持つが、そのバリエーションと威力は本物!

お馴染みの『レッドクイーン(剣)』『ブルーローズ(銃)』と、8種類からなる性質の異なる新たな武器(デビルブレイカー)を駆使して悪魔を屠る。

なお、『魔腕』の基本性能だったワイヤーアクションは、『デビルブレイカー』に『ワイヤースナッチ』として搭載しているのでご心配なく。

【V】非力さは3種の使い魔でカバー!静なるアクション性

遠距離攻撃・飛行回避を得意とする「グリフォン」近距離攻撃・陸上移動を得意とする「シャドウ」(グリフォン曰く猫ちゃん)ゲージ消費の大技かつ背中にも乗れる「ナイトメア」の使い魔三体を駆使する「V(ブイ)」。

使い魔の攻撃でダメージを与える事は可能だが、最終的な止めは「V」の杖で行わないといけない性質を持っている。使い魔もそれぞれHPを持っており、それがゼロになると一定時間ロストする。「V」との距離で回復が早まる為、立ち位置などで使い魔たちをケアしてあげる事も重要になる。

「ダンテ」「ネロ」が剛なる拳ならば、「V」は静なる拳という印象。しかし、「V」の分まで使い魔が暴れるので、やっぱりこちらも剛なる拳。

詩を読みながらトコトコとゲージを回収する姿はシュールだがカッコイイ。

【ダンテ】豊富な武器とスタイルの多様さが最大の魅力!

お馴染みの「エボニー&アイボリー(二丁拳銃)」,「コヨーテA(ショットガン)」,「リベリオン(大剣)」,「バルログ(小手・具足)は勿論標準装備。

更に道中で手に入れる事が出来る様々な武器(下記参照)を使って悪魔を屠る。

魔剣スパーダ
父から受け継ぎし伝説の剣
魔剣〇〇〇
ダンテオリジナルの真の力を発揮する
キャバリエ—レ
可変するバイク斧。走行からの可変切りは爽快。
カリーナアン(レディのロケラン)
条件を満たすとダブル・カリーナアンになる。強い
キングケルベロス(三節混)
DMCにあったケルベロスに似た武器。パパと息子疑惑で笑う。
ドクトルファウスト
帽子とマフラーのファンキースタイル。レッドオーブを消費するハイリスクハイリターン仕様。

 

ここに更に4つのスタイル「ガンスリンガー(遠距離特化)」,「ソードマスター(近距離特化)」,「トリックスター(移動・回避)」,「ロイヤルガード(防御・カウンター)」を組み合わせる事で無限のバリエーションを生み出すのが「ダンテ」の最大の特徴。

勿論、「デビルトリガー」(覚醒)もあるのでかなり複雑だが、慣れてくると自らの手足の様にしっくりくるから気分爽快。これぞデビルメイクライッ!

大丈夫!トリッシュとレディはとてもセクシーだ!

「レディ」&「トリッシュ」の美女コンビが大好きな人もニッコリのファンサービス多め仕様。

「トリッシュ」は悪魔だからあれだけど、「レディ」って逆算すると40歳越えてるよね?それでこのビジュアルって美魔女過ぎるでしょ…()。

まぁ、美しければ年齢なんて関係ないって事ですな…。

新ヒロインニコも魅力的

運転雑・ヘビースモーカー・荒い・守銭奴とキャラ立ちはバッチリ!

レディの身体を見て「しかし、どえれぇエロい体してやがる……」って言っちゃうおじさん的思考も個人的にツボ(笑)。

基本サバサバしてるけどハートは優しい良いキャラです。

自然にクロスするネットワーク協力プレイ

本作には「シェアードシングルプレイ」というシステムが搭載されている。

これはシングルプレイながらもゲームの一部を他のプレイヤーとシェアするというもので、キャラクターがクロスするような場面だと、そのキャラクターは他の誰かが操作している可能性があったり、時として共闘が発生したりするという超緩いオンライン協力プレイです。

オンラインに繋いでいるだけで自動的にマッチングされる為、待たされる等、シングルプレイを阻害されるような弊害は一切ありません。

シングルプレイだけど誰かとつながっている…この緩さ嫌いじゃない!

「1」「3」に並ぶ名作の誕生だ!

各所で絶賛されまくっている本作ですが、マジでお世辞抜きの傑作です。

…確かにこれは「Ⅰ」や「Ⅲ」に並ぶ名作と称する人がいるのも頷けます。興味ある人はガンガン飛び込んでくれちゃって大丈夫です。

DMC5 OST
SPONSORED LINK

関連記事

【ザンキゼロ・評価/レビュー】難易度高めの死にゲーダンジョンRPG!面白さに比例する過剰なストレス!

ノベルゲー・テキストアドベンチャーのような雰囲気をそこはかとなく感じる作風ながらも、その実態は「

記事を読む

【3DS】「蒼き雷霆(アームドブルー)ガンヴォルト 」クリアレビュー・評価「2Dアクションの新規軸、避雷針を打ち込むアクションが新しくて面白い。」

2Dアクションゲームの歴史に避雷針を打ち込む良作 決して、劣化版『ロックマン』とは言わせない。

記事を読む

【PSvita:『イース8』評価・レビュー】シリーズ屈指 アクションRPGの名作誕生 本当に面白いゲームがここにある!

イースシリーズ最新作『イースⅧ ラクリモサ・オブ・ダーナ』をクリアしました。イースシリーズと

記事を読む

【ドラゴンクエストヒーローズ】クリアレビュー・評価 《無双》ではなくタワーディフェンス要素強めのアクションゲーム

「スクウェア・エニックス」と「コーエー」がタッグを組んだ「ドラゴンクエスト」シリーズ最新作

記事を読む

【FINAL FANTASY XV(ファイナルファンタジー15):評価・レビュー】オープンワールドによって得たものと失ったもの…

『ファイナルファンタジーヴェルサスXⅢ』として発表されてから約10年。プロジェクト名を変え、

記事を読む

【遊戯王 タッグフォース スペシャル/評価・レビュー】デュエルも出来るギャルゲーは普通のシミュレーターになりました

久々の新作「遊戯王タッグフォースSP」を一通り遊び終わりました。 前作まではパッケージソフ

記事を読む

【おすすめ無料スマホゲームアプリ「勇者ヤマダくん」 評価・レビュー】ヒトフデRPGの隠れた名作

PS時代の名作「Moon」や「Ufo」を開発した元LOVEdeLIC開発スタッフ達によるスマ

記事を読む

【ファタモルガーナの館-アナザーエピソード】評価・レビュー 呪いに至るまでが綴られた待望のファンディスク!

ファン待望のファンディスク、『ファタモルガーナの館-Another Episodes-』の全

記事を読む

【多人数プレイ推奨のB級アクションゲーム《ブロフォース》評価・レビュー】映画好き必見のギリギリスター大集合!版権は大丈夫か!?

友人に勧められるがままコテコテの洋ゲーアクション『BRO FORCE(ブロフォース)』をホイホイ

記事を読む

【大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-】評価・レビュー 未回収の謎と伏線の多さに異議あり!

大人気シリーズ「逆転裁判」の最新作『大逆転裁判-成歩堂龍ノ介の冒険-』をクリアしました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

【FF7リメイク】コチョコボとカーバンクルの新デザインは可愛い?可愛くない?

PSブログ(『FFVII リメイク』レッドXIIIと宝条のビジュア

【ダンガンロンパ小高和剛最新作】実写ADV『デスカムトゥルー』への期待:千明様出てるやん

ダンガンロンパシリーズで有名な小高和剛氏の最新作『デスカムトゥ

『十三機兵防衛圏』ネタバレ無し評価・クリアレビュー:これは新時代のテキストADVのスタンダードだ

初週3万本からのじわ売れで遂に10万本を突破した話題作『十三機

【実写版シュタゲ】『シュタインズ・ゲート』のハリウッドドラマ企画への期待と思う事

先日(2019/1/26)開催された『科学ADVライブ』にて、

Black Lotus狙いで「謎のブラックボックスパック」買ってみた:個人的に面白かったコラボカード選

話題の『デュエルマスターズ:謎のブラック・ボックス・パック』をお試

【テーロス還魂記プレリリース:レポート】存在の破棄メイン採用全然アリ!かなりのエンチャント環境

『テーロス還魂記』のプレリリースイベントに参加してきました。

【スマブラSP】追加キャラクター「ベレト/ベレス」への感想・英雄の遺産を使えるの良いね!

【スマブラSPダイレクト】にて、5人目の追加DLCキャラクター

→もっと見る

PAGE TOP ↑