『荒木飛呂彦の漫画術・評価レビュー』「ジョジョの奇妙な冒険」を生み出す企業秘密が明らかに!?

公開日: : 読書 , ,

DSCF3661

集英社新書4月の新刊『荒木飛呂彦の漫画術』を購入・読了しました。

先生のファンであり、形は違えど『表現』というフィールドに足を突っ込んでいる身として、この本を読まない訳にはいかないぃぃ!地味めな装丁の集英社新書の中で、この抱き合った荒木先生と露伴先生の表紙は一際異彩を放っていたのですぐに見つけられたぞ!ドドドドド

関連記事:【荒木飛呂彦の超偏愛!映画の掟&ホラー映画論】

SPONSORED LINK

表現する者たちへ贈る一冊の「地図」

DSCF3668

【全七章+実践編二章】で構成された総ページ数281からなる一冊の「地図」。それが、「荒木飛呂彦の漫画術」だ。

私自身、今までに何冊もの表現に関するのハウツー本に目を通してきた経験がありますが、この本には技法や心構えは勿論の事ながら、その先にある境地に関してまで書かれていました。既刊本二冊(映画論と映画の掟)からすでに感じとれていた事ではありますが、この荒木飛呂彦という男…。表現するという事に対して一切の妥協なし!

自分がいいと思う自分が好きなものに忠実でありたいという思いを曲げることは出来ない。」こんな台詞を言えるのは、裏打ちされた実績と実力を持つ先生だからこそです。

やっぱりでかいな、荒木先生は…。

漫画の「基本四大構造」を知る

本書の中で度々、漫画の「基本四大構造」という言葉が登場する。時代を超えて読み継がれるような「王道漫画」を生む為には、①「キャラクター」、②「ストーリー」、③「世界観」、④「テーマ」という4つの要素のバランスがとても重要になってくるとのこと。

ここでは私も大好きな漫画『孤独のグルメ』を例に挙げて、「基本四大構造」について説明してくれています。荒木先生による『孤独のグルメ』の分析が聞けるなんて思ってもみなかったので少し興奮してしまいました。

身上調査書は「秘伝のたれ」

「基本四大構造」の中でも最強、それが「キャラクター」。この最強の要素を揺らぎないものにする為に、先生は「身上調査書」なるものをキャラクターを絵にする前に作成するらしいです。

本書内には、実際の身上調査書が写真付きで紹介されていますが、名前、性別、身長などから始まって、将来の夢や人間関係、性格や趣味趣向に至るまで事細かに用意されていて、中には「こんなの必要になるの?」って項目まで存在しています。

しかし、こういう一見無駄にも感じるような事がキャラクターのリアリティや魅力、動機付けや目的、ジョジョで言えばスタンド能力などの構築に不可欠との事です。

確かに、ジョジョのキャラクターって個性が強いけど、そこから逸脱する事はほとんどないですもんなぁ…。身上調査書の重要性は先生の作品を読めば頭でなく心で理解できますね。

日常から「起承転結」を体得する。

「起承転結」がストーリー作りの基本である事は我々でもすんなりと理解出来きますが、それを実行するとなると話は別。「起承転結」は創作物の中だけでなく、我々の実生活の中にもゴロゴロと転がっているものであり、特別なものではない。

確かに何気ない事ではありますが、「意識せずに自然と発想できるか?」と聞かれれば、答えはNOですね。

主人公は常に前へ上へ「プラスの法則」

バトル漫画におけるパワーのインフレは永遠のテーマであり、面白さや人気に直結する要素だと思います。スタートがマイナスでも構わないが、「マイナス」と「プラス」を繰り返すようなやり方は読者を退屈させてウンザリさせる結果を招いてしまう。あえて「マイナス」の表現に挑戦するならばそれなりの覚悟と入念な計算が必要になるともおっしゃってます。

インフレし続ける事で駄目になる作品も確かに存在しますが、インフレのないバトル漫画ほどツマラナイものもないですよね。要するに、うまくコントロールしながら最大限の「プラス」展開を用意する事が王道漫画への「黄金の道」であると私は理解しました。

35年の実績からくる説得力!

DSCF3671

この本には、私の人生よりも長い期間、漫画家として一線を走り続けてきた荒木飛呂彦先生が目印にしてきた「地図」であり、揺るぎ無い「自信」が記されていました。ここで紹介した事柄以外にもデッサンの重要性や道具の選び方、ネームの切り方まで図を交えながら丁寧に解説してくれています。

『武装ポーカー』や『ジョジョリオン』など先生自身の著書から実例を出してくれるので非常に理解しやすくて読み易さも抜群です。特に『岸部露伴は動かない』からの実例が多いので、照らし合わせながら読んでいけばより深く理解できると思います。

タイトルは「荒木飛呂彦の漫画術」となっていますが、内容的には「荒木飛呂彦の表現術」と言っても過言ではないと思います。

『漫画』だけでなく、『小説』、『ゲーム』、『アニメ』、『映画』、『ライター』など、表現する事を夢見る人全てにオススメできる良書です。

荒木先生にとっての『映画術』のように何度も読み返したくなるような宝物がまた一冊、私の本棚に加わりました。これだから読書は止められない。

【きゃすとの満足度】 Amazon:荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

SPONSORED LINK

関連記事

「デビルサマナー 葛葉ライドウ対コドクノマレビト」特別冊子 コミカライズ作品の最高傑作!

以前、ゲームのノベライズ作品は「MGSPW」の記事で話題にしましたが、今回はゲームのコミカライズ

記事を読む

【モーテ-水葬の少女-/感想・レビュー】「ファタモルガーナの館」の『縹けいか』小説デビュー作!

今年は少しでも積み本を消化していこうという事で、【モーテ-水葬の少女-】を読みました。タイトルに

記事を読む

【綾村切人初のオリジナル連載作品「イヌカイ×トライブ」発売記念!】葛葉ライドウやレッドガーデンなどの既刊本を振り返る!

私が敬愛する綾村切人先生の新刊『イヌカイ×トライヴ』の1巻が発売になりました。 『ガン

記事を読む

【#すべそれ】MTG青春漫画「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」をオススメする5の理由

少年エース中の漫画「すべての人類を破壊する。それらは再生できない。」の第一巻が発売されました

記事を読む

【ピコピコ少年SUPER・ハイスコアガール作者「押切蓮介」最新コミック】僕たちを支えてくれるのはいつもゲームだった…。

「ハイスコアガール」や「ゆうやみ特攻隊」などの漫画で有名な『押切蓮介』先生の自伝的コミック「ピコ

記事を読む

【先輩がうざい後輩の話】ツイッターで話題の可愛い尊い漫画ついにコミック化!描き下ろしも40pで大満足

【しろまんた@mashiron1020】さんがツイッター上で連載している漫画、『先輩がうざい

記事を読む

【モーテ-死を謳う楽園の子-感想】縹けいか著/イラスト「カズキヨネ」の最強タッグ再び!赤毛のイケメン青年ダンテが目印!

縹けいか先生の最新作「モーテ-死を謳う楽園の子-」を読了しました。 ナンバリングされ

記事を読む

【僕のヒーローアカデミア:常闇くんと黒影は攻守一体カッコイイ!】第四巻購入・感想/レビュー

『僕のヒーローアカデミア4巻』を購入・読了しました。 『体育際編』もついに本戦に突入してガ

記事を読む

【ジョジョリオン最新刊感想】定助vs常敏・ランボルギーニを賭けたクワガタ対決開始!

「ジョジョの奇妙な冒険.第8部」にあたる、「ジョジョリオン」の最新刊を購入・読了しました。

記事を読む

【弟の夫・感想/レビュー】「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品!

「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品『弟の夫』を購入・読了しました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/12発行:「夏の帳」が禁止カードに指定されました!コントロール歓喜!

MTGの禁止改訂(2019/11/12日発行)が発表され、パイ

【MTG】パイオニア最新禁止カード・2019/11/4発行:サヒーリと守護フェリダーの脅威とさよなら!豊穣力戦もバイバイ!

MTGの禁止改訂(2019/11/4日発行)が発表され、パイオニア

【MTGアリーナ】フェスティバル:スタンダードの職工で使った黒緑アドベンチャーデッキレシピ紹介!レアが無くても大丈夫!

MTGアリーナで開催中のイベント「フェスティバル:スタンダード

【Bloodstained:RitualofTheNight攻略】トゲダメージ無効装備「アイギスの胸当て」の入手方法

『Bloodstained:RitualofTheNight(

【ペルソナ5ザ・ロイヤル限定版収録物・画像】限定版付属サウンドトラック詳細・収録楽曲リスト等

「ペルソナ5ザ・ロイヤル」限定版『ペルソナ5 ザ・ロイヤル ス

【ブラッドステインド:リチュアル・オブ・ザ・ナイト】オリジナルサウンドトラック収録楽曲リスト・画像

『Blood Stained-RITUAL OF THE NIGH

【MTG】パイオニアで評価・高騰しそうな注目カードまとめ:どんなデッキが強いんでしょうね?【現在作成中】

新フォーマット『パイオニア』で評価が上がりそうなカードをエキス

【MTGスタンダード最新禁止カード・2019/10/21発行】スタンダードで《死者の原野》が禁止カードに!パウパーからは《アーカムの天測儀》が禁止に!

MTGの禁止改訂(2019/10/21日発行)が発表され、スタンダ

→もっと見る

PAGE TOP ↑