【IGA新作・Bloodstained: Curse of the Moon評価・レビュー】悪魔城ドラキュラを彷彿とさせるファミコンライクな2Dアクション

公開日: : 最終更新日:2018/06/05 ゲームレビュー

悪魔城ドラキュラシリーズ等で有名な五十嵐孝司氏が手掛ける『Blood Stained:Ritual of the Night』の外伝的作品『Bloodstained: Curse of the Moon』をクリアしました。

本作は、『Blood Stained:Ritual of the Night』のキックスターター企画の公約の一つとされていた8bitゲームとして製作されたものです。おまけ的な位置付けの作品ではありますが、製作・販売は『ガンヴォルト』シリーズ等で有名な「インティクリエイツ」と、期待値の高い作品となっています。

SPONSORED LINK

Bloodstained: Curse of the Moon(ブラッドステインド:カース・オブ・ザ・ムーン)

発売日・価格
2018年5月24日DL専売
価格:980(税込)
※XBOXONEのみ6月6日
ジャンル
アクション
対応機種
ニンテンドー3DS・SWITCH/PS4/PSVita/XboxONE/STEAM
公式サイト
Bloodstained: Curse of the Moon

ファミコン時代のドラキュラを彷彿とさせるグラフィック

8Betテイストという事で、画面ビジュアルはファミコン時代の「悪魔城ドラキュラ」シリーズにかなり酷似したものとなっています。

やっぱりファミコンと比べるとグラフィックは綺麗ですが、かなりそれっぽい感じに作られていて驚きました。これはかなり意識・研究して作られていますね…(流石インティ)。

操作性やシステムを総合すると、シリーズ3作目『悪魔城伝説』が一番近い印象です。

個性の異なる4キャラクターを使い分けての攻略

『悪魔城伝説』の名をあげた最大の理由がこのパートナーシステム。

『悪魔城伝説』では、ラルフ、グラント、サイファ、アルカードの計4名がプレイアブルなキャラクターとして登場しましたが、本作も同様に、以下の4キャラクターが操作可能となっています。

斬月
  • 本作の主人公
  • 悪魔と錬金術師を恨む退魔師
ミリアム
  • Ritual of the Nightの主人公
  • 錬金術師にシャードを埋め込まれた少女
  • 可愛い
アルフレッド
  • ロガエスの書とやらを探す錬金術師
  • 情報少なめ
ジーベル
  • Ritual of the Nightに登場するキャラ
  • ミリアム同様シャードを埋め込まれている
  • イケメン枠

 

本作は性能が異なるこれら4キャラクターを駆使し、複数に分岐するルートを辿ってエリアクリアを目指す横スクロール型の2Dアクションゲームです。

※以下、キャラごとの性能差所感をまとめてみました。参考までにどうぞ

斬月

全キャラ中最大の攻撃力と体力を持った使いやすい主人公らしい性能のキャラクターです。

ゲーム中にとある条件を満たす事で、「月華」「緋月」「葬月」という3つのスキルを体得します。

豊富なサブウェポンで戦うので、ドラキュラ感満点のキャラクターに仕上がっています。でもメインウェポンは「刀」です。

  • 攻撃力・HPが高い
  • ジャンプ力は平均的
  • サブウェポンが豊富
  • 条件を満たせばスキルを覚える

ミリアム

鞭がメインウェポンなのもあり、ドラキュラ感の一番強いキャラクターに仕上がっています。

攻撃スピードは若干遅めですが、その分リーチは長く、それ以外の基本性能も総じて優秀。スライディング・ハイジャンプのおかげでエリア踏破性能も高めです。

斬月に比べて遠距離で使いやすいサブウェポンが多い印象ですね。

  • 攻撃力・HPは平均的
  • ジャンプ力が他のキャラクターよりも高い
  • スライディングのおかげで閉所を通り抜けられる
  • 攻撃スピードは遅めだがリーチが長い
  • サブウェポンが豊富

アルフレッド

HPも少なく、通常攻撃のリーチも最低。お世辞にも使い易いキャラクターではありません。

しかし、そんな扱い難さを補って余りある程のサブウェポンの強さが本キャラクターの醍醐味。

周囲を遅滞なく攻撃し続ける「バーニングスフィア」、対象を氷漬けにしてしまう(ボスにも有効)な「フロストカリバー」、敵をホーミングする無慈悲の雷光「ボルティックレイ」

特にこの3つはかなり強力なサブウェポンなので要注目です。

  • HPが全キャラの中で一番低い
  • 極めて短いリーチ
  • 性能の低さを補う程に強力なサブウェポンの存在
  • 一部サブウェポンはキャラチェンジ後も残る

ジーベル

癖は強いが状況次第で重宝しまくる通常攻撃が最大の魅力。1回で3回の判定があるので連打するとダメージ量も高め。

蝙蝠変化による空中移動を使わないと踏破できないエリアが多く、全エリア踏破の為には欠かせない逸材です。

サブウェポンが存在しないというのは一見マイナスポイントですが、それゆえにウェポンポイントを回復するアイテムがドロップし易くなるという性質もあります。WPが減ってきたらジーベルで稼ぎましょう。

  • やや低めのHP
  • 斜め上に判定のある3連打の通常攻撃
  • 蝙蝠変化による空中移動
  • サブウェポンは存在しない(それゆえの利点もある)
  • このキャラクター出ないと踏破できないエリアも多い

周回前提のゲームメイク。尻上がりに上昇する難易度

初回プレイではノーマルしか選べない難易度ですが、周回する事でナイトメア、更に条件を満たす事でアルティメットと上位難易度が開放されて行きます。

ただ単に難易度が上がるだけでなく、周回することでお話の内容も変化していくので飽きにくい作りになっているのがありがたいです。

合計6つの結末で構成されたマルチなエンディングにも注目です。

また、難易度とは別に「ベテラン」、「カジュアル」という二つのプレイスタイルを選択可能です。

「カジュアル」は残機無限、被弾による仰け反り無しと、アクションゲームが苦手な人用に用意された救済措置となってます。こちらを選んでも別に話の内容に影響がでたりはしないようなので、アクションゲームが苦手な人は最初はコチラを選ぶのが良いかもしれませんね。

980円の価値は十分に感じられる作品

価格980円(税込)という事であまり期待はしていませんでしたが、周回プレイ・マルチエンディング・探索等々、想像以上に遊ばせてくれる作品に仕上がっていました。

外伝的な作品がこれならば、本編である『Blood Stained:Ritual of the Night』は更に期待できそうですね!

『Blood Stained:Ritual of the Night』までの繋ぎの作品としては十分過ぎる一本です。価格も安いのでレトロなアクションゲームがお好きな人は是非ともお試しくださいまし。

『Blood Stained:Ritual of the Night』の事を知らない人はこちらのPVや公式サイトをご確認ください。

SPONSORED LINK

関連記事

【Mighty No. 9(マイティーナンバー9)評価・レビュー】クソゲーと酷評されているけど実際はどうなの?

稲船敬二氏が、クラウドファンディングにより融資を募って開発した、「ロックマン」ライクな横スクロー

記事を読む

【3DS:カルドセプトリボルト 評価・レビュー】新カード追加&ルール変更によりスピーディーさを増した10年ぶりの完全新作!

ボードゲームとカードゲームの面白さを併せ持つ盤上遊戯カルドセプトシリーズ最新作『カルドセプト

記事を読む

【ベヨネッタ2】レビュー・評価 アクションもコスチュームもクライマックス級!

「BAYONETTA(ベヨネッタ2)」のレビュー記事です 『WiiU』で最初に選んだタイトルが「ベ

記事を読む

【ニューダンガンロンパV3体験版プレイレビュー】苗木くんと日向くんも大活躍!?キャラクターと新要素を把握できる特別シナリオ!

プレイヤーが想像するシナリオの遥か斜め上を常に突き進む、ハイスピード推理アクションゲーム最新

記事を読む

【遊戯王デュエルリンクスが面白い!】漫画やアニメの遊戯王が好きだった人にオススメの簡単デュエルアプリ!

2016年11月17日より国内でもサービスが開始された『遊戯王デュエルリンクス』について

記事を読む

【Undertale(アンダーテール)評価・レビュー】自分の選択が世界に影響を与え続けるという重さ

「このタイミングで『Undertale(アンダーテール)』のレビュー記事って今更過ぎるだろ…。」

記事を読む

【PS4:グラビティデイズ2評価・レビュー】 和製オープンワールドアクションの傑作!

2012年の日本ゲーム大賞を受賞した『グラビティデイズ』の続編、『グラビティデイズ2重力的眩

記事を読む

【ダライアスバーストクロニクルセイバーズ 評価・レビュー】名作シューティングここに極まる!ただの移植には止まらい傑作誕生!

ずいぶんと遅くなってしまいましたが、お魚系横スクロールシューティングの傑作『ダライアス』シリ

記事を読む

【ネタバレなし】『人喰いの大鷲トリコ』評価・レビュー《言葉でなく心で繋がるアクションアドベンチャー》

『ICO』『ワンダと巨像』の上田文人氏とそのスタッフたちが7年以上もの時をかけて完成させた『人喰

記事を読む

【アンチャーテッド4海賊王と最後の秘法 評価・レビュー】ネイト最後の大冒険はシリーズ最大級の衝撃と面白さに満ちていた!

『エル・ドラドの秘宝』『黄金刀と消えた船団』『砂漠に眠るアトランティス』に続くアンチャーテッ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【基本セット2019】暴君への敵対者、アジャニは強い!自衛・強化の盤石性能、善意の騎士を強化せよ!【MTG】

ボーラス様と同時公開された事で、話題を全てさらわれてしまった(

【基本セット2019】新《ニコル・ボーラス》は両面カード!グリグシスカラーで大活躍【MTG】

まさかこのプレマイラストがそのまま新ニコルのイラストだったとは

【コトダマン・新日本プロレスコラボガチャ当たり考察】棚橋選手&内藤選手の4文字すごわざが超強力!

レインメーカーこと”オカダ・カズチカ”選手はログインするだけで貰え

【基本セット2019】緑のプレインズウォーカー《ビビアン・リード》・アド源かつ対応力広い良PWの予感【MTG】

MTG公式サイトにて、9月13日に発売となる『基本セット201

【小島監督最新作『デスストランディング』最新PVから見えた新たな謎】カエラル濃度・ドゥームス・絶滅因子とは!?

本記事は、【E3 2018】で公開された『DEATH STRA

スイッチスマブラ最新作『大乱闘スマッシュブラザーズSP』発売日決定!新キャラ・新システムなどの情報まとめ《リドリー参戦!》

先程行われた『E3 2018ニンテンドーダイレクト』にて、ニン

【基本セット2019】5マナ10/10《ギガントサウルス》誕生!緑単系デッキの新たな力【MTG】

MTG公式サイトにて、9月13日に発売となる『基本セット201

【E3】フロム新作『隻狼:Shadows Die Twice』が凄く面白そう!『メタルウルフカオス』も帰って来るぞ!

E3にて、フロムソフトウェアの新作『隻狼:Shadows Di

→もっと見る

PAGE TOP ↑