【悪魔絵師・金子一馬のイラスト】新紀元社さん、画集の4巻はいつ発売予定でしょうか…。

公開日: : 最終更新日:2016/09/17 読書 ,

DSCF3822

みなさんは設定資料集や画集って購入しますか?
私は紙に印刷されたイラスト集や設定資料集が大好きなのでついつい購入してしまいます。

その画集は2004年に全10巻構成という壮大な計画と共に誕生しました。至高の悪魔絵師、金子一馬氏のイラストをシリーズ事に保管するという夢の様な計画にファン達は胸を高鳴らせ、迷う事なく書店で予約したはず…。(妄想)

今回は、そんな、色々な意味で忘れる事ができない特別な画集「金子一馬画集(新紀元社刊)」について語りたいと思います。

いつ見ても3巻表紙の人修羅はイケメンっすな~。

SPONSORED LINK

金子一馬画集Ⅰ

DSCF3797

  • 金子一馬画集Ⅰ
  • 収録内容:真・女神転生(SFC)
  • 3200円(税別)
  • 2004年11月9日発行(奥付)

B5サイズの大判サイズの上質紙に印刷された高精細イラストの数々。全10巻構成という事もあり、「ここからシリーズが網羅されていくのか…。」と胸が高鳴ったのを今でも鮮明に覚えています。

DSCF3810

Ⅰ巻は「真・女神転生」と言う事で金子一馬氏の設定画集としては原点とも言えるイラストの数々が掲載されいます。思い入れのある悪魔は人それぞれだとは思いますが、PCエンジン版に登場した「パスカル」のイラストが個人的にお気に入りです。

主人公の愛犬であるシベリアンハスキー、まさに忠犬と言うべき存在。
別れる前に合体に使っちゃうとケルベロスになっちゃう…。

言文録Ⅰとドット絵下敷きの付録

DSCF3812

金子一馬氏へのインタビューや本書に関する解説が収録された「金子一馬画集付属言文録Ⅰ」と本書に掲載されているイラストと並びが対になっている「ドット絵下敷き」の豪華付録。
粋な計らいをしてくれるぜ!

この時は全10巻という計画になんの疑いも抱いていなかったのだ…。

金子一馬画集Ⅱ

DSCF3800

  • 金子一馬画集Ⅱ
  • 収録内容:真・女神転生Ⅱ
  • 3500円(税別)
  • 2006年6月8日(奥付)

Ⅰ巻の発売から1年と数ヶ月後にⅡ巻は発売されました。イラストの数も多い為、ページ数も値段も若干のパワーアップ!表紙の「サタン」と「メタトロン」がとても格好良くて痺れたなぁ~。

DSCF3807

Ⅱ巻からは「メタトロン」様。この神の意思が創り出した人造天使っぷりを見よ!
「メタトロン」様は本当にカッコイイよね。何よりデカイのが良いです!

DSCF3808

昔の「メタトロン」様のイケてるメカ「イケメカ」ですが、表紙に描かれている、最新(2006年)の「メタトロン」様も堪らん!なんでこんなにカッコイイのか…。

収録内容自体には文句ありませんが、Ⅰ巻では下敷きだったはずのドット絵一覧がペラ紙にグレードダウン。少し残念に思いながらも、次号には繰り上げ収録で「真・女神転生Ⅲ」のイラストが収録されると言う事が判明してテンションを取り戻す…。

今考えれば、何故、収録順番に変更があったのかって事ですよ!
あぁ、思い出すだけで辛い…。

金子一馬画集Ⅲ

DSCF3801

  • 金子一馬画集Ⅲ
  • 収録内容:真・女神転生Ⅲ(他)
  • 3000円(税別)
  • 2008年2月29日(奥付)

発売までの間隔も長くなってきてだんだん怪しく感じ出した頃ですね。収録内容自体は「真・女神転生Ⅲ」・「真・女神転生Ⅰ・Ⅱ(リメイク)」・「女神転生NINE」と比較的新しいイラストが多く収録されていて満足度は高いです。

特に「女神転生NINE」のイラストは貴重な気がします。

DSCF3803

上半身裸にパンツ1枚でこの格好良さは伝説級だと思う。私に格好良さに過度な装飾は不要である事を教えてくれたヒーロー「人修羅」。その後のシリーズでも特別な存在ですよね、「アバタールチューナー」の隠しボスで登場する「人修羅」は強かったなぁ~。(遠い目)

Ⅳ巻は「デビルサマナー」が収録される予定です!

DSCF3804

この「キョウジ」さんのイラストが何とも言えない哀愁を帯びている。
この予告からはや7年、その後続報が全くないのだが…。

新紀元社さーん!その後、どうなっていますか!?(白目)」

あと、気になるのが10巻購入特典

DSCF3805

冊子の巻末にプレゼント企画のお知らせがのっているのですが、一体10巻コンプリートすると何が貰えるのだろうか?これも楽しみだったんだよなぁ~。

DSCF3806

「応募券は今でもキチンと保管しているので安心だな!」

もう、続刊は絶望!?

DSCF3823

「あ~、クーフーリンはイケメンだなぁ~(現実逃避)」

確かにこれだけ音沙汰無しだと、続刊は絶望かもしれない!しかし、私は待ち望んでいるのです。今ならば、当初の予定に無かった「ライドウシリーズ」も収録できるし、悪いことばっかりじゃないぜ!

ここまで、とんでもない愚痴と妄想を綴ってしまいましたが、同じ思いの同士がきっと存在する事を信じて、この記事を作成しました。

最悪、画集はあきらめても良いので「葛葉ライドウ」の新作を発表してほしい…。

追記:ついに8年の時を経て、『金子一馬画集 IV』が2016年11月下旬に発売予定に!?
つ、ついに発売されるのか…(ごくり…)外部リンク:キャラアニ.com(金子一馬画集Ⅳ)

Amazon:金子一馬画集
駿河屋:金子一馬画集

SPONSORED LINK

関連記事

【話題のグルメ漫画・ダンジョン飯】単行本一巻感想・レビュー「モンスター料理・オススメ調理法教えます!」

ネットを中心に話題沸騰中のコミック「ダンジョン飯」 話題になりすぎて、どこに行っても品切れ

記事を読む

【飯マンガの名作再び:孤独のグルメ2・感想/レビュー】18年振りにゴローさん食って食って食いまくる!

松重豊氏が食って食って食いまくる深夜の飯テロドラマ『孤独のグルメ』。10月2日からは新シリー

記事を読む

【荒木飛呂彦の漫画術 ・オススメ関連書籍】奇妙な映画論と映画の掟にはジョジョのルーツが詰まっている!

2015年4月17日に荒木飛呂彦先生の新刊「荒木飛呂彦の漫画術」が集英社新書から発売されます

記事を読む

【メタルギアソリッド ピースウォーカー】 ゲームとは違う、もう一つの「メタルギア」

みなさんはゲームのノベライズ本ってお読みになりますか? ノベライズ作品って結構ハズレも多い

記事を読む

【弟の夫・感想/レビュー】「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品!

「布団敷こう、な!」で有名な田亀源五郎先生の一般誌初連載作品『弟の夫』を購入・読了しました。

記事を読む

【モーテ-水葬の少女-/感想・レビュー】「ファタモルガーナの館」の『縹けいか』小説デビュー作!

今年は少しでも積み本を消化していこうという事で、【モーテ-水葬の少女-】を読みました。タイトルに

記事を読む

『荒木飛呂彦の漫画術・評価レビュー』「ジョジョの奇妙な冒険」を生み出す企業秘密が明らかに!?

集英社新書4月の新刊『荒木飛呂彦の漫画術』を購入・読了しました。 先生のファンであり、

記事を読む

【綾村切人初のオリジナル連載作品「イヌカイ×トライブ」発売記念!】葛葉ライドウやレッドガーデンなどの既刊本を振り返る!

私が敬愛する綾村切人先生の新刊『イヌカイ×トライヴ』の1巻が発売になりました。 『ガン

記事を読む

「デビルサマナー 葛葉ライドウ対コドクノマレビト」特別冊子 コミカライズ作品の最高傑作!

以前、ゲームのノベライズ作品は「MGSPW」の記事で話題にしましたが、今回はゲームのコミカライズ

記事を読む

【ハイスコアガールが面白い5の理由】ゲーマーの心を掴むリアルな情感と青春ラブコメの融合

「ハイスコアガール」は何故こんなにも面白いのか? 勿論、筆者が無類のゲーム好きである事や押切蓮

記事を読む

Comment

  1. ついに より:

    金子一馬画集IV 2016年11月発売決定!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

【スマホ】「うたわれるものロストフラグ」の不満点と望む事【4か月しっかり遊んで感じた事】

『うたわれるものロスト・フラグ』のサービス開始から約4か月が経

【仁王2攻略】黒い木霊(魑魅)の交換法則、ムジナやぬりかべの対処法など【お役立ち情報まとめ】

仁王2を攻略する上で役立つ情報をまとめてみました。 ぬり

【仁王2攻略】夜刀神(やつのかみ)強すぎワロタ!常闇でヘビが分離する前に倒すと戦いやすいかも?

仁王2の序盤のボス「夜刀神(やつのかみ)」がかなり強かったので、自

【原田泰造がひたすらサウナに入るドラマ】「サ道」に今更ハマった話【整うって何だ?】

友人の勧めで観た『サ道』ってドラマがとっても良かったので、簡単にで

【PS4版】「P5S・ペルソナ5S」ネタバレ無し評価・クリアレビュー|ペルソナ無双ことファントムストライカーズは面白いのか?買いなのか否か?

アトラス×コーエーのコラボ作品『ペルソナ5スクランブル ザ フ

【十三機兵防衛圏サントラレビュー】渚のバカンスもフル収録!満足度高いぞ!【アトラスDショップ専売】

どうも、管理人のきゃすとです。 本日は、アトラスDショッ

【仁王2|最終体験版感想】前作よりも圧倒的に難しく、より面白く進化した印象!これは期待できる!

3月12日発売『仁王2』の最終体験版をプレイしました。 本記

【ロードス島戦記がメトロイドヴァニアな2Dアクションゲームに!?】メガテンやこのすばの2Dアクションを手掛けたTeam Ladybugの最新作

「ロードス島戦記」の大人気キャラクター『ディードリット』が主人

→もっと見る

PAGE TOP ↑